AbemaTVAbemaTV
MMA
レポート

【PANCRASE】瀧澤謙太が修斗世界2位の石井逸人をヒザ蹴りTKO! 沙弥子が判定勝ち

2019/11/10 17:11
【PANCRASE】瀧澤謙太が修斗世界2位の石井逸人をヒザ蹴りTKO! 沙弥子が判定勝ち

▼メインイベント バンタム級 5分3R
○瀧澤謙太(60.85kg/EXFIGHT/3位)8勝5敗
[3R 1分59秒 TKO]

×石井逸人(61.3kg/TRIBE TOKYO M.M.A/修斗世界2位 )13勝2敗1分

ONE Championship両国大会の前から火ぶたが切られた「修斗vs.PANCRASE」。11月10日(日)の「PANCRASE310」では、PANCRASEバンタム級3位の瀧澤謙太(EXFIGHT)と、修斗世界フライ級2位の石井逸人(TRIBE TOKYO M.M.A)が対戦する。

瀧澤はPANCRASEバンタム級のホープ。2018年にハルク大城とTSUNEに2連続KO勝ちし、2019年3月17日の「PANCRASE 303」ではバンタム級暫定王者のハファエル・シウバ(ブラジル)が持つベルトに挑戦。1R 3分22秒、リアネイキドチョークで一本負けし、王座奪取に失敗した。

その後、6月の再起戦では瀧澤と対戦予定だったリッキー・キャンプが「親族に不幸があり」試合を辞退。急遽、対戦相手がキルギスのダスタン・オムルザコフに変更されたものの、前日計量で6.95kg差が発覚。いったんは無差別級戦として行われることが発表されたが、オムルザコフがメディカルチェック(血液検査)を通過できなかったため、試合直前に中止が発表されている。

「次、ランキング上の選手、やってない選手」としてハファエル・シウバvs金太郎の勝者(シウバが2R TKO勝ち)との対戦を希望していた瀧澤だが、今回、ランキングは上でも別団体・修斗の世界ランク2位の石井逸人との対戦が決定した。瀧澤にとっては真価が問われるマッチアップだ。

EXFIGHT所属となり、高谷裕之の指導を受け、プロ練習では高橋遼伍、高野優樹、齋藤翼らと肌を合わせることで、「戦い方のスタイルも変わり、以前の僕とは比べものにならないくらい強くなっている」という。

「重心が浮かない蹴り、立ち技で寝かされない、寝かされても立てる」という手応えを得て、石井戦に向け「僕からしたら相手じゃない。1R目から何もさせずに圧倒して、最終的にはKOする」と絶対の自信を持つ。前日計量では一言「秒殺」と不敵にコメントを残している。

対する石井は、広島県の福山市の総合格闘技道場BURSTから、上京しTRIBE TOKYO M.M.Aに移籍。覇彌斗から石井逸人として、2019年7月にバンタム級に階級を上げ、2018年修斗新人王のガッツ天斗と対戦し、判定勝ちで再起を果たした。

さらに、9月の「Road to ONE:CENTURY」では、2年ぶり復帰戦の古間木崇宏を相手に1R リアネイキドチョークで一本勝ち。東京進出後、連勝を飾っている。

石井は瀧澤について「自分のリズムをしっかり持っていて、そのリズムに乗るとすごく強い選手だけど、それを崩されるとモロい」と指摘。

移籍したTRIBE TOKYO M.M.Aでの練習で「国内でトップクラスの練習をしている。フィジカル以上のテクニックをつけてきた。以前は相手と噛み合う、合わせるスタイルだったけど、自分のしたいことをぶどんどんつけられるスタイルになってきている」と、変化を語る。

バンタム級(61.2kg)転向2戦目。ONE WARRIOR SERIESからのONE本戦出場を目指す石井は、「国内でひとつ上の階級で勝てなければ海外勢には勝てない」と、ONEフライ級(※61.2kg)を見据えての61.2kgだという。

瀧澤戦を前に「一切、噛み合わない試合になる。一方的な試合で終わらせます」と語る石井。前日計量でのフェイスオフ後は、「瀧澤選手の意識を飛ばしてケージを降ります」と絞め落としての一本勝ちを予告した。

PANCRASEのメインで勝ち名乗りを受け、世界の扉を開くのはPANCRASEランカーの瀧澤か、それとも修斗ランカーの石井か。

1R、互いに右ロー。石井の軸足払いローに尻着く瀧澤だが立つと、左右の前蹴りを腹に突き、左ボデイ、後ろ蹴りを3度、腹に打つ。サークリングする石井はシングルレッグで金網詰めるが瀧澤は突き放す。

2R、互いに左ハイも瀧澤は後ろ廻し蹴りを腹に当て、左ボデイ。石井のダブルレッグを切り右フック! さらにヒジ! 崩れる石井からマウントを奪いパウンドも石井の足関節に離れる。

3R、少し動きを落とした瀧澤。疲労か、そこに石井は右ロー、右フックを振り前へ。しかし、瀧澤はバックキックで突き放す。石井の組みを切った瀧澤は石井の右フックに右の跳びヒザ! 劇的なTKO勝利を飾った。

瀧澤はケージのなかで「明日また生きるぞ! バンタム級日本盛り上がっているんで、僕も強いやつを倒して日本を盛り上げます!」と語り、十字を切ってデカゴンを降りた。

▼セミファイナル キャッチウェイト 5分3R
×八田 亮(52.45kg/ストライプル オハナ)12勝5敗・3位
[3R 4分34秒 TKO]

○曹 竜也(53.5kg※体重超過/闘心)17勝17敗4分・4位

※ストロー級52.2㎏契約で曹達也が最終計量で53.5kg。ルール上の試合可能許容範囲5パウンド以内で対戦相手が試合を受諾したため、ストロー級ではなくキャッチウェイトとして試合実施

元ZST王者で同級3位の八田亮(ストライプル オハナ)と同級4位・曹竜也(闘心)が対戦。

八田は2018年11月にURCC王者アンソニー・ドゥーに3R TKO負けして以来1年ぶりの試合となるが、柔術大会にも出場しており寝技を磨いてきた。フェイスオフなしの前日計量では、「ALL GRAPPLING、一本勝ち以外は勝ちじゃない」と、組み技勝負を予告している。

対する曹は2019年4月に北方大地を相手に「ストロー級王座挑戦者決定戦」を戦い、判定負け。前日計量では52.2㎏契約のなか最終計量で53.5kgと体重超過。キャッチウェイトとして試合は実施される。再起戦を勝利した者がタイトル戦線にからんでくるか。

1R、ともにサウスポー構え。八田はシングルレッグテイクダウンもリバーサルする曹に、クローズドから仕掛け。スタンド再開。左フックを当てる八田は、引き込みから仕掛ける。

2R、シングルレッグから引き込む八田に右で脇差し抑え込む曹。下の八田はハーフから煽ってスイープを狙うが、金網に押し込む曹は細かいパウンド。八田の三角絞め狙いも外す。さらに体を離し、両足に蹴り。ブレーク。スタンドで右を当てる八田が前に出るがバランスを崩す。曹はスタンドバックに。曹が取り返したラウンド。

3R、右のトリプルを当て前に出る曹。引き込み、亀になり巻きこみを狙う八田だが、パウンドを浴びる。体を離しスタンド勝負を望む曹に、最後の打ち合いに勝機をかける八田も前へ。しかし曹が右ストレート、さらに右ヒザ、右アッパーを当て前へ、ダウンした八田にパウンド連打し、レフェリーが間に入った。体重超過した曹は座り込んだまま喜びは見せず、複雑な表情を浮かべ勝ち名乗りを受けた。

ONEONE

MAGAZINE

ゴング格闘技 2019年11月号
2019年9月24日発売
年末に向けて加速する格闘技界の「革命者たち」を特集! 強豪揃いの世界トーナメントを制した那須川天心&白鳥大珠。11.24 横浜で復帰戦に臨む武尊、堀口恭司をTKOした朝倉海、ONEの顔・青木真也らキーマンが登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事