AbemaTVAbemaTV
MMA
レポート

【ONE】クレベル・コイケがウイッキーに一本勝ち!「修斗vs.PANCRASE」前哨戦は修斗が6戦全勝=9.1「Road to ONE:CENTURY」

2019/09/01 17:09
【ONE】クレベル・コイケがウイッキーに一本勝ち!「修斗vs.PANCRASE」前哨戦は修斗が6戦全勝=9.1「Road to ONE:CENTURY」

2019年9月1日(日)、新木場スタジオコーストにて「ONE JAPAN SERIES -Road to CENTURY-」が開催された。「10月13日への序章!」とコピーがつけられている通り、10月13日の「ONE:CENTURY 世紀」両国国技館大会の「修斗vs.PANCRASE」前哨戦となる対抗戦のカードが行われ、修斗が6勝0敗と全勝で終えた。

メインでは、かつてPANCRASEマットにも上がっていた元KSWフェザー級王者のクレベル・コイケ(ボンサイ柔術)が、2017年9月のシュートボクシング以来の日本マット参戦。MMAでは矢地祐介に一本勝ち以来、3年5カ月ぶりの日本のケージで、西浦“ウィッキー”聡生(KRAZY BEE)と対戦。得意の寝技を駆使し、1R、ダースチョークでウィッキーを極め、ONE Championshipでの王座獲りを宣言した。

▼第12試合 メインイベント フェザー級(※70.3kg)5分3R
KSW元フェザ―級王者       
○クレベル・コイケ(ボンサイ柔術)
[1R 2分27秒 ダースチョーク]
×西浦“ウィッキー”聡生(KRAZY BEE)

クレベルは日系ブラジル人。2016年4月の「PANCRASE 277」にて、フェザー級戦ながら現在RIZINで活躍中の矢地祐介(KRAZY BEE) にリアネイキドチョークで一本勝ちするなど、ボンサイ柔術で磨いてきた寝技を武器に一本勝ちを量産。

2017年6月にはポーランドで5万人以上の観客を集めた「KSW39」でマルチン・ロゼクを判定で破りフェザー級のベルトを獲得。その後もアルトゥル・ソウィンスキ、マリアン・ジュコフスキらKSWの強豪相手に一本勝ちするなどトップ戦線で活躍。前戦は2018年12月の「KSW46」で、元ライト級王者のマテウス・ガムロとKSWフェザー級王座決定戦に臨むも判定負け。今回、2017年9月のシュートボクシングでのマツシマタヨリ戦(判定負け)以来の日本での試合に臨む(MMAでは矢地戦以来、3年5カ月ぶり)。

対する西浦は、出所の見えない変則的な打撃を武器に2005年5月に修斗でプロデビュー後、CAGE FORCE、DREAM、VTJなどで活躍。2015年の「Road to UFC:Japan」では準決勝進出も石原夜叉坊にスプリット判定負けでUFCとの契約はならなかった。2017年10月のRIZINでは、アンディ・サワーに判定勝利。その後は「巌流島」で4勝1敗。直近では、2019年5月の巌流島でPANCRAESにも出場経験のある鈴木琢仁を相手に2R、右ストレートでダウンを奪ってのパウンドでTKO勝ちを収めている。金網での戦いは、2015年の「Road to UFC:Japan」以来、4年ぶりとなる。

1R、いつもの低い手の構えからフェントをかけていくウイッキー。クレベルは自ら左の蹴りを放つと、それを掴んだウイッキーを引き込み、ディープハーフガードから、外掛けヒールフック狙い。それをバックを見せて逃げるウィッキーに、カーフスライサーからクレベルは上を取りスイープ。片足をさばきウイッキーがハーフガードになると、その立ち上がり際で頭をとらえ、ダースチョークに! いったんマウントになってから下からクローズドガードに入れてダースチョークを極めた。

試合後、マウリシオ、マルキーニョスのソウザ兄弟、三崎和雄らとハグしたクレベルは、「ボンサイ柔術のクレベル・コイケです。覚えていってください。KSWで負けたけど、いつも考えていた、日本に帰ってやりたいと。今日はちょっと緊張したけど勝てて嬉しい。日本人の応援ありがとう。いつも練習している。私、絶対、ONEのチャンピンになる」と本戦出場のみならず、王座獲りを宣言した。

▼第11試合 フライ級(※61.2kg)5分3R
○清水清隆(TRIBE TOKYO M.M.A/修斗・世界ランキング4位)
[1R 2分15秒 KO] ※左ジャブ
×秋葉大樹(Reliable/PANCRASE・ランキング4位)

フライ級では、清水清隆vs秋葉大樹が決定。清水は2010年2月に砂辺光久との2度目の対戦で判定勝ちを収めフライ級キング・オブ・パンクラシストとなるも、2015年にTTFやVTJで連敗し、同年12月の神酒龍一との王者査定試合で判定負けし、王座返上。しかし、その後、TTFを経て修斗を主戦場に移し、3連勝。

2018年1月に猿田洋祐に判定負けも、その後も内藤頌貴、石井逸人、前田吉朗相手に再び3連勝を決め、2019年5月に扇久保博正と対戦。4Rのバッティングが「偶発的な事故のダメージにより試合続行が不可能」となり、「アクシデントが発生する直前までの採点」で扇久保のテクニカル判定勝利となっていた。

対する秋葉大樹は、Demolition、DEEP大阪大会等を経てPANCRASE参戦。2016年6月にはVTJで青柳洸志に判定勝利するなど頭角を現し、2017年12月の原猛司戦以降、PANCRASEを主戦場に定め、安永有希、荻窪祐輔を相手に3連勝。

2018年12月に翔兵(※7月21日に上田将竜と暫定フライ級王座決定戦)には判定で敗れたものの、2019年3月に神酒龍一に判定勝利し復活を遂げていた。ともに両団体でランキングは4位。初対戦となる清水と秋葉はスピーディでハイレベルな戦いとなりそうだ。

1R、ともにオーソドックス構え。慎重な展開から清水の出入り、右の押し込みをしっかり対峙する秋葉。互いに前足への強いロー。清水は右のカーフキック! 秋葉が左で入ってきたところに清水は左ジャブ! カウンターでもらった秋葉はダウン。その姿を見た清水は追打せず。勝利を確信した。

試合後、清水は「PANCRASEにも出ていて、こうして戻ってくるじゃないですけど戦えて感慨深いです。自分ももう35歳でチャンスあれば次、大きな大会あれば出たいのでよろしくお願いします」とアピールした。

▼第10試合 ONE SUPER SERIES キックボクシング フェザー級(70.3kg)3分3R
○廣野 祐(フリー/J-NETWORK第3代ミドル級王者 )
[2R 3分03秒 KO] ※左ストレート
×内村洋次郎(イングラム/PANCRASE・8位)

「ONE SUPER SERIES」のキックボクシングルールでは、2017年にジョーダン・ピケオーの持つKrush-70kg王座挑戦経験(判定0-2でピケオーが防衛)があり、松倉信太郎にも判定勝利している廣野祐が出場。MMAと立ち技の両試合に出場している内村洋次郎と対戦する。

Krushやシュートボクシングにも参戦経験のある内村は、PANCRASEでは2018年4月に牛久絢太郎にスプリット判定負けも同年8月にヴィトル・トファネリを左ハイキックKO。11月には『RISE 129』でHIROYAと対戦し、5度のダウンを奪われて3R TKO負け。その後、2019年4月にはPANCRASEで亀井晨佑を判定で下し、再起を果たしている。

1R、ともにサウスポー構え。じりじりと圧力かける廣野に対し、内村はスーパーマンパンチで飛び込む。2R、内村の右ローの打ち終わりに左ローを当てる廣野。圧力を強めると、右ジャブ、そこに右ストレートを合わせに来た内村に左ストレート! 内村がヒザから崩れ落ちた。

ONEONE

MAGAZINE

ゴング格闘技 2019年11月号
2019年9月24日発売
年末に向けて加速する格闘技界の「革命者たち」を特集! 強豪揃いの世界トーナメントを制した那須川天心&白鳥大珠。11.24 横浜で復帰戦に臨む武尊、堀口恭司をTKOした朝倉海、ONEの顔・青木真也らキーマンが登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事