AbemaTVAbemaTV
MMA
ニュース

【RIZIN】HIROYAが増量して計量パス「今までの格闘技人生は今回のためにあったんじゃないかと思うくらいです」

2019/10/12 07:10
2019年10月12日(土)エディオンアリーナ大阪にて開催される『RIZIN.19』の前日計量が、11日(金)大阪府内にて16:00より行われた。計量は全員が一発でパスし、明日の決戦に備える。  前日、緊急参戦が発表されたHIROYA(TRY HARD GYM)は76.20kgで計量をパス(契約体重は77.0kg)。普段は67kgで試合を行っているため「減量がなく昨日の夜もいっぱい食べたんですが、(弟の)大雅に付き合ってサウナに入ったらアンダーになりました。大雅は減量が終わってこれからいっぱい食べるので、僕は食べ過ぎないように気を付けます」と笑みを浮かべる。  本来の階級よりも10kg重い階級、しかも対戦相手の小西拓槙(フリー)は90kg以上でも試合を行っている相手ということもあり、安全面を心配する声もある。  しかしHIROYAは「Twitterなどを見ると『危ない』『こんな試合はダメだ』という声がけっこう多くて、心配してくれるのはありがたいんですが“ナメんなよ”って思いもあります。体重差のリスクはありますが、試合だから関係ない。絶対にぶっ倒してやる、と今までで一番気合いが入っています」と、長い現役生活の中でも最も燃えていると言い放つ。 「今までの格闘技人生は今回のためにあったんじゃないかと思うくらいです」とまで言うHIROYA。「できることを全力でやってリングに上がります」と全てを懸けてこの一戦に臨むつもり。見ててください」と、全てを懸けて臨む姿を見て欲しいという。  計量で小西と顔を合わせ「意外と小さいと思いました。映像で見て大きいと思っていたんですが、松倉(小西と対戦予定だったHIROYAの同門選手)と同じくらいかなと。これならいけるんじゃないかと思いました」と、自信も沸いているようだ。  大きなリスクを背負って困難に挑戦するHIROYA。吉と出るか凶と出るか。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年7月号
2020年5月23日発売
表紙&巻頭は「復活」を期す朝倉海×内山高志のスパーリング対談! 特集「伝説を越えろ」では、木村“フィリップ”ミノル×魔裟斗、武尊、那須川天心らが「レジェンド7」と仮想対決も。朝倉未来をめぐる世界のファイターたち、「日本発世界へ」女子ファイターも多数登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事