AbemaTVAbemaTV
シュートボクシング
ニュース

【シュートボクシング】16歳の新女王・女神が後楽園ホール初登場、韓国人ファイターと国際戦

2019/09/20 20:09
【シュートボクシング】16歳の新女王・女神が後楽園ホール初登場、韓国人ファイターと国際戦

3戦全勝、若き女王・女神が後楽園ホールで韓国人ファイターを迎え撃つ

2019年9月28日(土)東京・後楽園ホールで開催される『SHOOT BOXING 2019 act.4』の追加対戦カードが発表された。

 16歳の新女王・女神(TIA辻道場)が後楽園ホールに初登場、イム・へヒャン(韓国)とプロで初の国際戦を行う。


プロ2戦目にして王座に就いた女神。左は妹の愛心

 女神は、7月に開催された女子格闘技の祭典『Girls S-cup 2019』での「SB日本女子ミニマム級王座決定トーナメント」でプロデビューし、1回戦でNJKFミネルヴァ・ピン級王者MARIに判定勝ち、決勝でSB日本女子ミニマム級1位MISAKIにTKO勝ちして、わずか2戦目でSB日本女子ミニマム級王者となった。

 その後、8月の大阪大会では韓国の“モンスタートラック”キム・ヘミンから右ストレートのカウンターでダウンを奪って大差の判定勝ち。プロ3連勝を飾っている。


女神必殺の槍のような顔面前蹴り

 対するイムは7勝4敗の戦績を持つ36歳。詳細は不明だが、アグレッシブなファイトスタイルだという。

 高度な技術と女子離れした攻撃力を持つ女神は、格闘技の聖地・後楽園ホールでも大きなインパクトを残すのか。今後、女子格闘技界を引っ張っていく存在と目されており、その試合内容に注目が集まる。

<決定対戦カード>

▼48.5kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
女神(TIA辻道場/SB日本女子ミニマム級王者)
イム・へヒャン(韓国)

<関連記事>
16歳の田川女神がデビュー戦にしてトーナメント優勝、王座に就く
ぱんちゃん璃奈、プロ2戦目16歳で王者になった女神・一撃KO勝ちの14歳・愛心の田川姉妹に脅威感じる
RENAとMIOに次ぐ女子エース候補・田川女神、那須川天心妹と「いつか再戦したい」
16歳の新女王・田川女神の王者としての第一戦が決定、リングネームが「女神」に
女子ミニマム級王座決定トーナメント4選手が計量パス

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年7月号
2020年5月23日発売
表紙&巻頭は「復活」を期す朝倉海×内山高志のスパーリング対談! 特集「伝説を越えろ」では、木村“フィリップ”ミノル×魔裟斗、武尊、那須川天心らが「レジェンド7」と仮想対決も。朝倉未来をめぐる世界のファイターたち、「日本発世界へ」女子ファイターも多数登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事