MMA
ニュース

【PANCRASE】ライト級王者・雑賀ヤン坊達也vs.挑戦者・久米鷹介が2年9カ月ぶり再戦!「次期挑戦者決定戦」で葛西和希vs.天弥も=9月29日(日)立川

2024/07/09 12:07
 2024年9月29日(日)東京・立川ステージガーデンで開催される『PANCRASE 347』の追加カードが発表された。 ▼ライト級キング オブ パンクラス チャンピオンシップ 5分5R雑賀ヤン坊達也(DOBUITA)#1位/第7代王者 11勝(9KO)5敗久米鷹介(ALIVE)挑戦者 25勝7敗4分  第9代KING OF PANCRASISTの雑賀ヤン坊が初防衛戦に臨む。挑戦者は4月に粕谷優介をフルマークの判定で下した久米鷹介に決定した。  両者は、2021年12月のライト級王座統一戦以来の再戦。そのときはヤン坊が1Rにダウンを奪うも、2Rに久米が腕十字で逆転の一本勝ち。第7代王座を防衛した。  その後、久米は2023年4月に暫定王者のアキラと王座統一戦に臨み、スプリット判定で敗れ、王座陥落。2024年4月に粕谷に判定勝ちで今回の王座挑戦権を得た。  対する王者の雑賀は、202312月に粕谷に判定勝ち後、2024年3月にアキラの持つライト級王座に挑戦。1R 右ハイキックでKO勝利し王座を獲得。  2024年5月19日には中国上海で行われた『ROAD TO UFC』ライト級ワンマッチに参戦し、韓国のキ・ウォンビンと対戦。初回に右を効かせてグラつかせるも、2Rの乱打戦でTKO負け。今回が国内復帰戦となる。  防衛戦決定に、王者は「次戦発表されました。ここまで来れたのは3年前の負けがあったから。久米さんに感謝を込めて全力で挑んでベルト防衛します! 応援よろしくお願いします!! リベンジ!!! #防衛してこそ真の王者 #ゴリラ狩り最終章」と投稿している。  ともに前戦から進化を遂げながら、その強みも十分に知る両者は、どんな試合運びを選択するか。オフィシャルが「3度目はもうないであろう黄金カード」と記したライト級タイトルマッチ。5分5Rを制するのは、現王者か、元王者か。 [nextpage] ▼ライト級 次期挑戦者決定戦 5分3R葛西和希(マッハ道場)#3位 10勝3敗天弥(和術慧舟會HEARTS)#5位/2023年NBT同級優勝 3勝1敗 「ライト級王座戦」が行われる同日に「次期挑戦者決定戦」も決定。  葛西は、現在3連勝、2連続フィニッシュ中。2023年4月に粕谷に判定負けを喫した葛西だが、松岡嵩志に判定勝ちすると、2024年2月に木村俊也を2R TKOに下し、5月25日の前戦では丸山数馬に2R リアネイキドチョークで一本勝ちと2連続フィニュシュ勝利中。青森生まれ、マッハ道場育ちの葛西がりんごパワーで次期挑戦者となるか。  対する天弥は、2023年ネオブラッド・トーナメントライト級覇者。DEEPで活躍中の海飛の実弟で、極真空手をベースに持つ。  2023年8月大会で木村裕斗に1R TKO勝ち後、2024年3月大会で実力者・松本光史と対戦。右の強打を効かせてのパウンドで2Rにストップ寸前まで追い込んでの判定勝ち。一躍挑戦者決定戦に急浮上した。  葛西は、粘り強い組みとともにムエタイ式の変則キックも持つ。丸山を下した首相撲ヒザ&四つのテイクダウンからのシングルバックからの極めには、近年のフィニュシュへのこだわりが見える。  対する天弥は“狂犬カーフキック”を軸に、松本戦では右の強打から一転ダブルレッグテイクダウンで崩してパウンドと組みを混ぜての打撃に磨きがかけられている。  3連勝中、28歳の葛西が悲願の王座挑戦を決めるか、それとも20歳の天弥が5戦目でコンテンダーに名乗りを挙げるか。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント