MMA
レポート

【PFC】亀松寛都が森永ユキトに判定勝ちで二階級制覇、フライ級は黒石大資が王座防衛、ミドル級はカタナマンが新王者に=『PFC.33』

2024/07/09 10:07
【PFC】亀松寛都が森永ユキトに判定勝ちで二階級制覇、フライ級は黒石大資が王座防衛、ミドル級はカタナマンが新王者に=『PFC.33』

(C)PFC

 2024年7月7日(日)北海道・札幌PODアリーナにて『PFC.33 & Nexus SPROUT North.4』が開催された。

 2024年度2回目のPFCプロ公式戦と本年度初のFighting NEXUSアマチュア北海道選手権、Nexus SPROUT North.4が大盛況のなか行われた。『PFC.33』メインのバンタム級、セミのフライ級、そしてミドル級の3大タイトルマッチが並んだ今大会。

 メインを飾ったのは、渡部修斗(FIGHT LYNX)が返上したバンタム級の王座を争う、亀松寛都(POD GYM)と森永ユキト(ストライプル新百合ヶ丘)の5R戦。

 前PFCフライ級王者の亀松は、バンタム級転向2戦目の3月大会で渡部のマジカルチョークに敗れており、再起戦で渡部返上のベルトを狙う。

 森永は、2023年2月のFighting NEXUSで河村康博に一本負けも、以降は2勝1NC。5月に韓国のチェ・セホに判定勝ち後、8月に体重超過の中桐涼輔にギロチンを獲られるもノーコンテスト。KTTのパク・スンチョルに判定勝ちしている。

▼第7試合 メインイベント バンタム級タイトルマッチ5分5R
〇亀松寛都(2位/POD GYM)
[5R 判定3-0] ※48-47, 49-46×2
×森永ユキト(初参戦/ストライプル新百合ヶ丘)

 1R、ともにオーソドックス構え。先にボディロックテイクダウンを奪う森永に、外ヒールのトランジッションからトップを奪い返す亀松がパウンド。

 2Rに亀松の右ハイをかわした森永が上に。立ち上がる亀松の打撃に下になる森永に亀松がバックを奪う。

 3R、先にダブルレッグテイクダウンを奪う森永に金網使い立つ亀松。左で差して押し込む森永のシングルレッグも凌ぐ亀松は差し上げ右小手。押し込むも後半にブレーク。亀松の左ミドルをキャッチする森永が押し込み。このラウンドを取り返す。

 4R、飛びヒザで前に出る亀松。森永のダブルレッグを切ってがぶり上に。ハーフから右で脇差し背中を着かせてパスガード。サイドで亀からと立とうとする森永のバックを奪い、4の字ロックでリアネイキドチョークを狙う。

 5R、右カーフの亀松に森永はジャブを刺す。それを掻い潜りバッククリンチの亀松に森永は引き込み腕十字に。かわしてバックにつく亀松に中腰で落とそうとする森永だが、ついていく亀松。

 いったんは正対から立つ森永だが、すぐに組んでバックテイクの亀松に森永が正対下から腕十字狙いも、ここもかわした亀松がトップから攻めてゴング。

 5Rの王座戦の判定は3-0(48-47, 49-46×2)で亀松が勝利。スクランブル戦を制した亀松は、第5代バンタム級王者に。フライ級に続き、PFC史上最年少二階級王者に輝いた。そのコメントを求められたシャイな亀松は「ありがとうございました……帰らせてください(苦笑)」と語った。

 また、セミファイナルのフライ級王座戦、ミドル級王座戦も5Rフルラウンドに及ぶ熱戦の末、フライ級は黒石大資が王座防衛、ミドル級はカタナマンが新王者となっている。

 なお、Nexus SPROUT North.4で行われたプロ昇格トーナメントは、バンタム級が千原右京(ALMA FIGHT GYM BASE)、フェザー級が佐藤陽向(POD GYM)が優勝。Fighting NEXUSプロ公式戦にて、メイン級の扱いで破格のプロデビュー戦が約束されている。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント