キックボクシング
ニュース

【KNOCK OUT】五味隆典と引き分けの鈴木千裕、7月パッキャオ戦は「無理じゃないですか。やめた方がいいんじゃないか」(山口代表)

2024/06/23 23:06
 2024年6月23日(日)東京・国立代々木競技場第二体育館にて開催された『KNOCK OUT CARNIVAL 2024 SUPER BOUT“BLAZE”』の大会終了後、山口元気KNOCK OUT代表が総括を行った。  クロスポイント吉祥寺の代表でもある山口代表は、メインイベントで五味隆典(東林間ラスカルジム)と引き分けた鈴木千裕(クロスポイント吉祥寺)について「パッキャオ戦は無理じゃないですか。本人はやりたいと言ったんですが、僕は気が進まなかった。拳を痛めているし、パッキャオ戦はきついんじゃないのって意見だったので。でも選手はオファーが耳に入るとやりたいって言いますから」と、7月28日(日)、さいたまスーパーアリーナで開催される『超RIZIN.3』でのマニー・パッキャオ(フィリピン)戦にストップをかけたい意向であることを示した。 「千裕の強味はパンチだというけれど、パンチじゃないんですよね。三日月蹴りがあったり、レスリングがあったりからのパンチのなので、ボクシングだけだとまだまだ勉強する余地がありますね。五味選手は体重もあってパンチをもらっちゃいけない、それで千裕は入れなかった。スイッチファイターでやりづらかったのもあると思います」と、ボクシングルールで持ち味を発揮できなかった理由を説明。「やめた方がいいんじゃないか。本人がどう思っているのか分かりませんが、MMAとキックボクシングをやった方がいい。パッキャオは強すぎるんじゃないかな。でも、本人の意思が優先なので…」と、やめさせたいが鈴木本人の意思を尊重したいと複雑な心境のようだ。 「保護者としての意見は、話があった時からううん…ていうのがあったので。パッキャオがどれくらい強いか分かっているし…」とし、今回の五味とのボクシングマッチを見てさらに危機感が高まった様子。  パッキャオ戦が10オンスではなく8オンスグローブでやると聞いて「ますますやめた方がいいかもしれないです。でも本人が決めることなので…」と、鈴木千裕の今後を考えて出来ればストップをかけたいと話した。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント