K-1K-1
K-1
レポート

【Krush】ブハリ亜輝留が神保克哉との接戦を制して初代ミドル級王座に就く、玖村修平は大ピンチからの逆転TKO勝ち

2024/06/23 22:06
Krush.1622024年6月23日(日)東京・後楽園ホールABEMA/U-NEXT配信 ▼メインイベント(第9試合)初代Krushミドル級王座決定トーナメント決勝戦 3分3R延長1R×神保克哉(K-1ジム目黒TEAM TIGER)判定0-3 ※29-30×3〇ブハリ亜輝留(WSRフェアテックス幕張)※ブハリが初代王座に就く。  神保はK-1アマチュアを経て2015年6月にKrushでプロデビュー。2019年6月にはKrushスーパー・ウェルター級王者ジョーダン・ピケオーに挑戦した。2020年3月には「K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント」に抜擢されたが、1回戦敗退。2021年3月より-75kgの階級設立をアピールして体重を上げると6連勝。しかし2023年6月の「K-1 WORLD GP初代ミドル級王座決定トーナメント」では1回戦敗退。3月の1回戦ではYOHANに判定勝ち。戦績は16勝(8KO)8敗1分。  ブハリは中学でボクシング、高校でキックボクシングを始め、グローブ空手の試合でキャリアを積む。大学卒業後に渡米し、現地ではガソリンスタンドの経営者としても活躍。帰国後にプロデビューし、K-1 GROUPには2021年2月から参戦。2023年6月の「K-1 WORLD GP初代ミドル級王座決定トーナメント」のリザーブファイトでは吉野友規をKOし、9月には大石昌輝に初黒星を付けた。3月の1回戦では谷川聖哉に判定勝ち。戦績は8勝(5KO)2敗1分。  1R、神保が右のパンチを出してアタックする。ブハリは両腕ブロックを固めながらジャブ、前蹴り。ブハリのジャブがよく伸びる。神保はそのブロックの隙間を縫うようなジャブ。ブハリのワンツーには右フック、ワンツーを返す。ブハリのジャブにのけ反る神保。ショートの距離で神保がフックとアッパーを打つ。ブハリの堅いガードに対し、神保は右のボディストレートを打つ。ブハリはワンツー。両者ともほぼ蹴りを出さず、パンチの勝負に徹した。  2R、ブハリが右ミドル、神保は前蹴り。ショートの距離でフックを打ち合う両者。ブハリはジャブを当てていき、両者接近戦でフックとボディを打ち合う。ブハリはジャブから右ストレート、左フック。神保は左右のボディを叩いて右ストレートへつなぐ。至近距離での打ち合いが続く中、ブハリの左フックがヒットするが神保が連打を打ち返す。  3R、ジャブの突き合いからブハリが右ストレート。神保は接近して左右でボディを叩いていく。ブハリはワンツーを打つとガードを固めて神保の打ち返しをブロックし、打ち終わりにパンチを返す。ボディは打たせるが顔面のガードはがっちりと固めるブハリ。神保はボディを打って行くが、ブハリの右ストレートや左フックをもらって顔が腫れる。ブハリの左右フック連打に神保がクリンチ。両者足を止めて接近戦での打ち合いが続き、両者譲らずの打ち合いとなる。  パンチ勝負は判定3-0でブハリが接戦を制し、リベンジ達成&初代王座に就いた。  ブハリはマイクを持つと「初代Krushミドル級王者のブハリ亜輝留と申します。以後、お見知りおきを。自分はプロ格闘家になって初めて神保選手に負けて次の試合もジュリオ・セザール選手に負けて、プロでその2回だけ負けていて。でもジュリオ・セザール選手にはリベンジして、ずっと神保選手にリベンジしたいと言い続けてきて5連勝でこの舞台にたどり着いてタイトルマッチでリベンジすることが出来ました。  なので、実質無敗ってことでお願いします。自分はKrushミドル級王者になったということは日本で一番のミドル級ファイターになったということだと思っているので、次は世界に行きます。俺の持っているパワーならこの階級の外国人選手に負けないっていうのを見せていきます。この階級において俺よりパワーがある選手なんてこの世に存在しないっていうのを見せていきます」と、次は世界一を目指すと宣言した。 [nextpage] ▼セミファイナル(第8試合)Krushフェザー級 3分3R延長1R〇玖村修平(K-1ジム五反田チームキングス/第6代Krushフェザー級王者)TKO 1R 2分48秒 ※レフェリーストップ×桝本翔也(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)  玖村は2017年6月にNJKFバンタム級王座を獲得。2018年6月からK-1 GROUPに参戦し、2022年5月には新美貴士を破りKrushフェザー級王座を奪取。8月の「K-1フェザー級世界最強決定トーナメント」では1回戦でジャオスアヤイをKOしたが、準決勝で軍司にKO負け。12月のK-1で斗麗に敗れ、2023年3月には森坂陸に敗れて王座を失った。9月には『KNOCK OUT』のリングに乗り込むも、栗秋祥梧に初回KO負けを喫して4連敗中。今回の試合に再起をかける。戦績は19勝(9KO)13敗1無効試合。  桝本は39戦のキャリアを持ち、16勝(8KO)21敗2分。一発の強打を持ち、これまで江川優生、芦澤竜誠、朝久裕貴らに勝利。特に朝久とは3度対戦して3度とも勝利を収めている。2020年7月から4連敗中だが、2022年9月の鷹大戦からの復帰戦で連敗脱出に挑む。  1R、序盤から強い右ローを蹴っていく玖村。じりじりと前に出る桝本に玖村は下がりながらも左フック、右ストレート。玖村も左ボディから左フック。その左ボディに玖村は右フックを合わせる。  ガードせず攻撃に特化している桝本に玖村はジャブからワンツーを見舞うが、桝本は下がらず左フックを当てていく。玖村のジャブにも下がらず玖村をコーナーへ詰め、左ボディからの左フックで玖村をコーナーへ詰めるが、玖村が右フックで逆襲。落ちかけた桝本へもう一度右フックを見舞いダウンを奪う。  玖村は右ハイからワンツー、飛びヒザ。ワンツー、ヒザ蹴りで前へ出る玖村。桝本はダメージが深いが玖村のパンチをもらっても立ち続ける。しかし、玖村の右フックがクリーンヒットしたところでレフェリーがストップ。玖村のTKO勝ちとなった。  玖村はマイクを持つと「この舞台に命かけてきていろいろなものを背負って上京して王者にもなって。だけどベルトもなくなって2年間勝てませんでした。だからこのためにずっとトレーニング続けてきてよかったです。桝本選手のパンチ凄く強かったし、すっきりした勝ち方ではなかったけれど、完全復活とは言えないのでここからひとつずつ這い上がっていきます。もう1回、玖村兄弟ってみんなに応援してもらえるように弟に追いついて頑張るので、まずは7月7日、トーナメントの将史の試合もよろしくお願いします」と涙ながらに語った。 [nextpage] ▼第7試合 Krushライト級 3分3R延長1R〇龍華(ザウルスプロモーション/K-1甲子園2019・2020 -65kg王者)判定3-0 ※30-27×3×歩夢(KPKB/チームドリーム/第2代KPKBライト級王者) ▼第6試合 Krushフェザー級 3分3R延長1R×森坂 陸(エスジム/第7代Krushフェザー級王者)TKO 2R 3分00秒〇松本海翔(TAD) ▼第5試合 第9代Krushフェザー級王座決定トーナメント準決勝(2) 3分3R延長1R×稲垣 澪(K-1ジム大宮チームレオン/第4代Bigbangフェザー級王者)判定0-3 ※26-30×3〇橋本雷汰(ALONZA ABLAZE/K-1甲子園2022 -60kg王者)※橋本が決勝へ進出。 ▼第4試合 第9代Krushフェザー級王座決定トーナメント準決勝(1) 3分3R延長1R〇石田龍大(POWER OF DREAM/K-1甲子園2019 -60kg王者)KO 1R 2分20秒ד狂拳”迅(WIZARDキックボクシングジム)※石田が決勝へ進出。 ▼第3試合 Krushライト級 3分3R延長1R×鈴木翔也(OGUNI-GYM/元NJKFライト級&スーパーフェザー級王者)KO 3R 1分11秒〇SEIYA(POWER OF DREAM) ▼第2試合 Krushフェザー級 3分3R延長1R×寺島 想(AX GYM/K-1カレッジ2020 -60kg王者)判定0-3 ※29-30×2、28-30〇関口功誠(ALONZA ABLAZE) ▼第1試合 Krushバンタム級 3分3R延長1R〇林 佑哉(K-1ジム大宮チームレオン/RKSバンタム級王者)KO 1R 1分30秒×白幡太陽(FLYSKY GYM/Tmile Gym) ▼プレリミナリーファイト第3試合 Krushバンタム級 3分3R〇早田吏喜(TEAM3K)判定3-0 ※29-27×2、30-27×瀧山悠斗(WSRフェアテックス西川口) ▼プレリミナリーファイト第2試合 Krushバンタム級 3分3R×小島卓也(優弥道場)KO 2R 0分59秒〇雨宮 空(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ) ▼プレリミナリーファイト第1試合 Krushフライ級 3分3R×元太郎(IDEAL GYM)KO 1R 2分53秒〇海凪(team NOVA)
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント