MMA
ニュース

【RIZIN】場内がどよめいたヘビー級は111.3kgと114.65kg、鬼気迫るフェイスオフ、バキバキボディ=前日公開計量

2024/06/08 17:06
 2024年6月9日(日)東京・国立代々木競技場第一体育館『RIZIN.47』の前日公開計量が、10日(土)都内にて15:15より行われた。  全9試合の中、体重を超過したのは第3試合のライト級(71.0kg)5分3Rで“ブラックパンサー”ベイノア(極真会館)と対戦するジョニー・ケース(米国)のみ。この試合は両陣営・主催者が協議した結果、ケースにはレッドカード(50%減)からの試合開始、ベイノアが勝った場合のみ公式記録となり、ケースが勝った場合はノーコンテストとなる条件で実施されることとなった。  ほかの選手はいずれもしっかり仕上がったボディを披露。最重量級となる第7試合のヘビー級(120.0kg)5分3Rで対戦する、上田幹雄(BRAVE)は111.3kg、シェミスラブ・コバルチェク(ポーランド/Koloseum Kuznia Formy Pulawy)は114.65kgを記録し、場内からどよめきが起きた。  計量結果は以下の通り。 ▼第9試合 RIZINバンタム級(61.0kg)5分3R堀口恭司(アメリカントップチーム)※現RIZINフライ級王者、元RIZIN&Bellatorバンタム級王者=60.75kgセルジオ・ペティス(ルーファスポーツ)※元Bellatorバンタム級王者=60.8kg ▼第8試合 RIZINフェザー級(66.0kg)5分3Rクレベル・コイケ(ボンサイ柔術)※元RIZINフェザー級王者=66.0kgフアン・アーチュレッタ(米国)※元RIZIN&Bellator世界バンタム級王者=66.0kg ▼第7試合 RIZINヘビー級(120.0kg)5分3R上田幹雄(BRAVE)=111.3kgシェミスラブ・コバルチェク(ポーランド/Koloseum Kuznia Formy Pulawy)=114.65kg ▼第6試合 RIZINフェザー級(66.0kg)5分3R武田光司(BRAVE)=65.85kgラジャブアリ・シェイドゥラエフ(キルギス/Ihlas)=65.95kg ▼第5試合 RIZINライト級(71.0kg)5分3Rスパイク・カーライル(米国/Kings MMA Anaheim / Treigning Lab)=70.95kgキム・ギョンピョ(韓国/Redhorse MMA)=70.75kg ▼第4試合 RIZINフェザー級(66.0kg)5分3Rカルシャガ・ダウトベック(カザフスタン)=65.95kg関 鉄矢(SONIC SQUAD)=65.9kg ▼第3試合 RIZINライト級(71.0kg)5分3Rジョニー・ケース(米国)=72.0kg※体重超過“ブラックパンサー”ベイノア(極真会館)=70.95kg ▼第2試合 RIZINオープンフィンガーグローブキックルール(※ヒジあり)62.0kg契約3分3R梅野源治(PHOENIX)=61.95kg魚井フルスイング(和術慧舟會HEARTS)=61.65kg ▼第1試合 RIZINライト級(71.0kg)5分3R徳留一樹(パラエストラ八王子)=70.95kg宇佐美正パトリック(Battle-Box)=70.9kg
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント