K-1K-1
K-1
レポート

【K-1 KRUSH】鈴木勇人が乱戦を制して初防衛に成功、敗れた左右田泰臣は引退を表明。K-Jeeは親友RUIをKOして初代王者に

2019/08/31 20:08
【K-1 KRUSH】鈴木勇人が乱戦を制して初防衛に成功、敗れた左右田泰臣は引退を表明。K-Jeeは親友RUIをKOして初代王者に

得意の左ミドルを何度もクリーンヒットさせた鈴木

K-1 KRUSH FIGHT.104
2019年8月31日(土)東京・後楽園ホール

▼ダブルメインイベント第2試合 第9試合 K-1 KRUSH FIGHTスーパー・ライト級タイトルマッチ 3分3R・延長1R
〇鈴木勇人(K-1ジム五反田チームキングス/王者)
延長R 判定3-0 ※三者とも10-9
×左右田泰臣(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ/挑戦者)
※鈴木が初防衛に成功。本戦の判定はジャッジ三者とも29-29。


 鈴木はアマチュアで無敗を誇り、2016年12月にプロデビュー。2019年1月、必殺の左ストレート&左ミドルで松下大紀をKOして、7勝(4KO)2敗1分の戦績で王座に就いた。今回が初防衛戦。

 左右田はK-1 WORLD GP -65kg初代王座決定トーナメント準優勝の実績を持ち、2014年11月のK-1初参戦から常にトップ戦線で活躍。戦績は鈴木をはるかに上回る26勝(9KO) 8敗。KRUSH王座には2017年8月に挑戦しているが、この時は当時の王者・中澤純に判定2-1で敗れて王座奪取に失敗している。


 初防衛戦にして最強の挑戦者を迎え撃つ鈴木は「何が何でも勝って上に行かせてもらいます」、左右田は「前回が本気でなかったわけではありませんが、本気でしっかりと獲りにいきたいと思います」と、それぞれ意気込みを語っている。


 1R、サウスポーの鈴木が左ミドルで先制。前へ出て左ミドルを次々と命中させていく。左右田は下がりながらもその左ミドルの軸足をローで蹴る。ローの蹴り合いもあるが、鈴木の蹴りのヒット数がかなり多く、左右田は後手に回る。


 2Rも鈴木が左ミドルを命中させていき、左フックにつなげる。左右田も左フックで反撃し、パンチを当てに行こうとするが、鈴木が左ミドルで距離を取る。左右田のパンチをもらうと首を左右にひねって“効いてないよ”とアピールする鈴木。左右田は距離を詰めてパンチを打っていき、右ミドルを蹴り返す。


 3R、鈴木の左ミドルに左右フックを返す左右田。さらに右ストレートを顔面とボディへ。鈴木も負けじと左ミドルを蹴り返す。足を止めての打ち合いを挑む左右田に鈴木はヒザ蹴りで対抗。鈴木に蹴らせないため密着してパンチとヒザを出す左右田。鈴木もフックを打ち返し、超至近距離でのフックとヒザの応酬。両者一歩も譲らず、本戦の判定はジャッジ三者とも29-29でドロー。

 延長Rも左右田は距離を詰めて至近距離でパンチを打つ。鈴木もヒザを返し、離れると左ミドル。額と額がくっつくような至近距離でフックとアッパーを打つ左右田、ヒザを突き上げる鈴木。乱戦となる中、鈴木が左フックとヒザ蹴りをヒットさせる。左右田も手数では負けていないがしっかり当てているのは鈴木か。至近距離での打ち合いは最後まで続き、よりヒットを奪った鈴木が判定勝ち。


 鈴木はマイクを持つと「今回、左右田選手に挑戦する気持ちが大きすぎて、終わった後のコメントを何も考えていませんでした。左右田選手、ありがとうございました。今まで対戦した選手と全然違って根性とか伝わってきました。こんなに顔がボコボコになったのは初めてです。これで自分はファイターだと胸を張って言えると思います。これから自分の第二章が始まると思っています。これから精進してもっと大きいベルトを獲りに行きます」と、次はK-1王座を狙いたいと宣言した。

 試合後、マスクを脱いでインタビュースペースに現れた左右田は「凄い気持ちがいい試合が出来ました。スッキリしましたね。出し切りました」と試合を振り返り、「終わりです。終わりました。このタイトルマッチが組まれた時にはそういうことなんだろうなと解釈していました。今まで応援してくださった皆さん、ありがとうございました。自分の中で最高の思い出になりました。プロになって10年、いろいろなことがありましたが、中身の濃い10年だったと思います」と引退を宣言。


 鈴木は「左右田選手とは共通の知り合いがいて2年前から交流がありました。行っている銭湯も一緒でちょくちょく会っていたんです。凄くいい方で、試合前にアドバイスしてくれたりして尊敬する方でした。でも勝負事とは蹴落として自分が上がっていかないといけない。左右田選手の気持ちを継いで、自分がトップを獲りに行きます。これからの目標はKRUDHの絶対王者になってなおかつK-1のベルトを獲りに行きたい」と、左右田の想いも背負ってトップに上っていきたいと話した。

ONEONE

MAGAZINE

ゴング格闘技 2019年11月号
2019年9月24日発売
年末に向けて加速する格闘技界の「革命者たち」を特集! 強豪揃いの世界トーナメントを制した那須川天心&白鳥大珠。11.24 横浜で復帰戦に臨む武尊、堀口恭司をTKOした朝倉海、ONEの顔・青木真也らキーマンが登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事