K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】無差別級トーナメントの世界地区予選が復活、第1弾は5月に米MSG。サラエボ、シチリア、クリチバ、日本で開催、決勝トーナメントは12月東京

2024/02/16 14:02
【K-1】無差別級トーナメントの世界地区予選が復活、第1弾は5月に米MSG。サラエボ、シチリア、クリチバ、日本で開催、決勝トーナメントは12月東京

K-1が無差別級トーナメントのグランプリシリーズ世界予選の復活を発表(C)K-1

 2024年2月16日(金)、K-1は2024年の『K-1 WORLD GRAND PRIX』シリーズのスケジュールを発表した。

 K-1のカルロス菊田プロデューサーは、「2023年、K-1を再び世界に向けて再生すべく、K-1ReBIRTHというコンセプトを掲げ、 世界最強の立ち技格闘技の復興を宣言いたしました。 K-1生誕30年の節目となる昨年9月には横浜アリーナで『無差別級トーナメント』を開催。今年3月にはK-1 WORLD MAXが10年の時を経て復活し、16名による70kg級の世界最強トーナメントを蘇らせることも発表させて頂きました」とコメントした。


 そして、「今回、新たにReBIRTHしたK-1の軸となるコンテンツ復活の発表をさせて頂きます。それこそ『K-1 WORLD GRAND PRIXシリーズ』の復活です。1993年、無名の大男8人が繰り広げたど迫力の立ち技トーナメントの衝撃は瞬く間に社会現象となり、世界を席巻しました。あれから30年、『格闘技こそK-1』であった時代のあのワクワク感、未知なる怪物がスターを蹴落とし、スターダムに駆け上がるその興奮を再び、味わって頂きます」と続けた。


 今回、ReBOOT(再起動)することとなった『K-1 WORLD GRAND PRIXシリーズ』は、K-1無差別級トーナメント世界地区予選システムが復活する。


 その第一弾となる『K-1 WORLD GP2024 in New York北米ラウンド』は、なんと5月19日(日)に米・ニューヨークにあるエンターテインメントの殿堂マジソンスクエアガーデン(サブアリーナ)で行われ、8人が北米代表をワンデートーナメントで争う。


 続いて6月29日(土)にはボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボにて『K-1 WORLD GP2024 in Sarajevo東欧ラウンド』が開催。7月27日(土)にはイタリアのシチリア島にて『K-1 WORLD GP2024 in Sicillia西欧ラウンド』、8月3日(土)はブラジルのクリチバにて『K-1 WORLD GP2024 in Curitiba南米ラウンド』、10月5日(土)は大阪で『K-1WORLD GP2024 in Osakaアジアラウンド』が、それぞれ開催されることが決まった。


 ニューヨーク、サラエボ、シチリア、クリチバで勝ち抜いた4名に加え、アジアラウンドではワンマッチから新たに3名が選出される。ここで計7名が選ばれ、残り1枠は昨年9月に30周年記念無差別級トーナメントを制した、中国のリュウ・ツァーが加わることも決定した。リュウはK-1参戦4戦4勝4KOと負けなしで、現在K-1無差別級の中心選手となっている。


 そして、12月14日(土)の『K-1 WORLD GP2024 in Tokyo Final Tournament』にて上記8名によるワンデートーナメントで世界最強の座が争われる。会場は1993年4月にK-1の第1回大会が行われた生誕の聖地、東京・国立代々木競技場第一体育館に決まった。

 世界予選ではどんな新たなるモンスターが頭角を表すのか。そして、12月の東京に集う8名は誰になるのか。各国の出場選手が気になるところだ。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント