MMA
レポート

【MMA甲子園】全国大会決勝は、足立晃基、権藤悠太郎、前田遊、石原射、フランコリーニ・ラルフが優勝!

2024/02/11 13:02
 2024年2月11日(日)東京・北沢タウンホールのリングで『第1回 MMA甲子園 全国大会』が開催された(ライブ配信『MMA甲子園放送部』) 第1回 MMA甲子園 全国大会 2024年2月11日(日)北沢タウンホール12:00開場/12:30開始 フェザー級は打撃の吉田を足立が組みで上回り優勝 ▼第20試合 フェザー級 3分2R(決勝戦)〇足立晃基(奈良甘樫高等学院3年生)[判定2-0]×吉田 剛(東海大学付属浦安高等学校2年生)※足立がフェザー級優勝  1R、ともにサウスポー構え。右ジャブを突く吉田がワンツーも。そこにダブルレッグからボディロックでテイクダウンは足立。立ち上がる吉田に左で差して押し込む足立はなおもボディロックで回してテイクダウン。  パスガードでサイドも吉田はブリッジでリバーサル。スタンドに戻してワンツー・ヒザの吉田だが、相手が頭を下げるとヒザが反則の顔面ヒザになってしまう。  通常のテンカオも注意が必要なアマチュアルール。吉田の右の蹴りにダブルレッグを合わせて尻を着かせる足立だが、吉田はコーナーを使って立ち上がる。  2R、ともにジャブの刺し合いからダブルレッグは足立。そこにヒザを合わせる吉田だが、組んだ足立が押し込み、膠着ブレーク。右ジャブ、右前蹴りの吉田に組む足立は左差し。ボディロックで崩しに行くが、残す吉田。  ブレーク。前に出てテンカオの吉田に、足立はダブルレッグテイクダウン。雑に立ち上がった吉田のバックを奪いコントロールしてホーン。  判定は2-0で足立が勝利。粘り強い組みでフェザー級を制した足立は、「勝てて良かったです。もっともっと上に行きたいと思いますので宜しくお願いします」と抱負を語った。 [nextpage] ライト級は権藤がRNCで一本勝ち優勝 ▼第19試合 ライト級 3分2R(決勝戦) ×菊池風雅(東京都立飛鳥高等学校3年生)[2R 2分02秒 リアネイキドチョーク]〇権藤悠太郎(鹿児島県立開陽高校3年)※権藤がライト級優勝  1R、権藤のダブルレッグにギロチンチョークを合わせた菊池が上に。しかしスクランブルで上を取り返した権藤。鉄槌連打から立ち上がり、テイクダウン、マウント。  パウンド連打にいったん亀になる菊池。そこにリアネイキドチョークを狙う権藤だがホーン。  2R、サウスポー構えの菊池が詰めて大外刈狙いも潰した権藤が上に。バックマウントを奪い、リアネイキドチョークへ。身体を伸ばして絞めて権藤がタップを奪った。  菊池との初戦で判定負けも、敗者復活を勝ち上がり、決勝での再戦で菊池に一本勝ちした権藤は、「インターハイに出れたんですけど、ちょっと悪いことをしちゃって。MMAで優勝して良かったです」と語った。 [nextpage] フライ級は前田が腕十字を極め切り優勝 ▼第18試合 フライ級 3分2R(決勝戦) 〇前田 遊(富山県立富山工業高等学校3年生)[1R 1分47秒 腕十字]×中園将治(嘉穂総合高校2年)※前田がフライ級優勝  1R、サウスポー構えの中園の左右に前田は引き込み気味に下から腕十字! 中園は脇を開けて何度もまたいで前転してずらすと、ついに腕を外してインサイドガードに。  しかし極めを諦めない前田は下から腰を切って再度、腕十字へ。中園を仰向けにさせて極めた。  2試合ともに腕十字を極めて優勝した前田は、「フライ級には鶴屋怜とか平良達郎とか堀口恭司がいますけど、僕が一番強いんで、よろしくお願いします」と強心臓の笑顔で語った。 [nextpage] 熱戦のバンタム級は石原がマジョリティ判定を制す ▼第17試合 バンタム級 3分2R(決勝戦)〇石原 射(東京都立芝商業高等学校3年生)[判定2-0]×松元奏太(大阪府立東住吉総合高等学校3年生)※石原がバンタム級優勝  1R、ともにオーソドックス構え先に組む松元を突き放す石原。松元は右ローも、石原はダブルレッグへ。コーナー背に倒れない松元はいったん押し返すが、石原は再び押し込む。体を入れ替えた松元は脇を潜りバックテイク。放し際に左ハイも。  正対しワンツーの右の石原を潜ってボディロックで引き込む松元に立つ石原に松元はスタンドバックバックも石原がアームロック狙いで切り返して上になるホーン。  2R、ワンツーの右からニータップでテイクダウンを奪う石原ではそのまま腕十字へ。極めさせず落として立ち上がる松元を、すぐに追う石原。コーナーに押し込みヒザ。松元はコーナーに背にニンジャチョーク狙いも首抜く石原はシングルレッグへ。アームロック狙い、ニンジャチョーク狙いで体を入れ替える松元だが、がぶりから反則の顔面ヒザで中断。ドクターチェック後、松元に口頭注意後、再開。  松元の左フックを潜ってダブルレッグテイクダウンは石原! 背中を着いた松元は顔を剥がして立とうとするが、上の石原は中腰になりパウンドでホーン。判定は1者ドローも2者が石原を支持し、石原が勝利。バンタム級優勝を遂げた。  試合後、石原は「相手の欠場で、僕は準決勝からの出場で納得いかない人もいると思いますが、優勝したのは僕です。これから注目してください」と語った。 [nextpage] ウェルター級の一戦はフランコリーニが初回TKO優勝 ▼第16試合 ウェルター級 3分2R(決勝戦)〇フランコリーニ・ラルフ(Fusion Global Academy3年生)[1R 1分04秒 TKO]×藤近勇希(九州文化学園高等学校3年)※フランコリーニがウェルター級優勝  1R、ラルフの左右の詰めに引き込む形になった藤近は足関節狙いからストレートフットロックへ。ヒザを曲げ中腰になったラルフは鉄槌で足を外すと上からパウンド。  下で打たれ続ける藤近を見てレフェリーがストップした。ラルフは試合後、「日本語があまり得意ではないので」と流暢に喋りながら、英語で「いつかUFCに行きたいと思います。注目してください」と語った。 [nextpage] 各階級1回戦、準決勝リポート ▼第13試合 2回戦A フェザー級 4分1R〇吉田 剛(東海大学付属浦安高等学校2年生)[判定3-0]×小原壮王(桜丘高校3年)  サウスポー構えの吉田にオーソの小原は右を強振からテイクダウン狙いも、その顔面に吉田はヒザ蹴りで反則。中断。左右ミドルの吉田に右を突く小原。右ジャブ、テンカオの吉田を詰める小原に右ジャブ、左ストレートの吉田。  小原も左右フックで詰めるが、吉田は右ジャブを3連打。ワンツーで飛び込み、右ヒザに繋ぐ。頭を下げて右で前に出る小原に、吉田のヒザ蹴りが再び当たるも故意ではなくそのまま判定へ。3-0で的確な打撃を当てた吉田が勝利した。 [nextpage] ▼第12試合 バンタム級 4分1R –準決勝×髙橋風我(東京都立青井高校3年生)[1R 3分09秒 リアネイキドチョーク]〇松元奏太(大阪府立東住吉総合高等学校3年生)  サウスポー構えの高橋に右の蹴りの松元。四つに組んだ高橋が崩すも、松本はシングルレッグから上組みでテイクダウン。片足を越えてハーフに。亀から立とうとする高橋のバック奪い4の字ロック。バックからパウンド。リアネイキドチョークを極めた。 [nextpage] ▼第11試合 ライト級2回戦 4分1R〇権藤悠太郎(鹿児島県立開陽高校3年)[判定3-0]×山口獅心(愛知産業大学三河高等学校1年生)  権藤のダブルレッグを切った山口がバックテイク。そこにアームロック狙いの権藤が下からセンタク挟み。  外した山口がバックテオクも、権藤はアームロック狙いから腕十字狙い。クラッチ防御の山口に、権藤は潜り足関節からヒザ十字狙い。山口はアンクルから身体を起して鉄槌もホーン。判定は寝技で攻めた権藤が勝利。 [nextpage] ▼第10試合 バンタム級 準決勝 4分1R〇石原 射(東京都立芝商業高等学校3年生)[判定3-0]×里村勇太(八戸工業高校3年生)  1R、ともにオーソドックス構えから、右オーバーでコーナーに詰めた石原が組みに。頭を抱えてヒザを突きギロチンチョーク狙いの里村に首を上げる石原。ブレーク。  ワンツーの右を当てる石原が右ミドルを当てて前に左で差してコーナーに押し込むと離れ際に右ミドル、右ローも。里村の左の打ち返しにダブルレッグテイクダウンを決めてホーン。判定3-0で石原が勝利した。 [nextpage] ▼第7試合 Bフライ級 4分1R〇中園将治(嘉穂総合高校2年)[判定3-0]×伊藤琥大郎(神戸学院大学附属高等学校1年生)  中園がボディロックテイクダウン。すぐに立つ伊藤をなおもダブルレッグで倒す。フルガードの伊藤の腰を抱いて上の中園は、伊藤の立ち際にバック狙い。ガードに戻してスペース作って立つ伊藤だが、すぐについていく中園がみたびダブルレッグテイクダウン。  背中見せて立つ伊藤は正対。中園の組みを切って突っ込みにギロチンチョーク狙うが、脇を潜った中園がボディロックテイクダウン。そこに首投げで上になった伊藤はキムラへ。向き直った中園がダブルレッグに入って伊藤が立ち上がりゴング。  マスト判定は組み勝った中園が3-0勝利。 [nextpage] ▼第6試合 Aフライ級 4分1R 〇前田 遊(富山県立富山工業高等学校3年生)[1R 1分49秒 腕十字]×梅原隼汰(神奈川県立大和東高等学校2年生) 1R、詰めてボディロックの梅原に、ニンジャチョークを狙う前田が浴びせ倒して上に。腕十字を極めた。 [nextpage] ▼第5試合 Bフェザー級 4分1R〇吉田 剛(東海大学付属浦安高等学校2年生)[判定2-1]×養老颯也(北海道有朋高校2年生)  サウスポー構えから組んで左で差して左ヒザを突く養老だが、顔面ヒザで口頭注意。  再開から左右の蹴りの吉田だが、組んでボディロックの養老。しかし浴びせ倒す吉田が上に。立ち上がる養老は左右で詰めてボディロック&小外がけテイクダウン。コーナー使い立つ吉田が首相撲ヒザ蹴りでホーン。  マスト判定は2-1で吉田が勝利。 [nextpage] ▼第4試合 Aフェザー級 4分1R×松本大知(興國高等学校2年生)[1R 1分44秒 リアネイキドチョーク]〇足立晃基(奈良甘樫高等学院3年生)  松本の右の蹴り足を掴んでテイクダウンする足立。立つ松本をボディロックテイクダウンからバックテイク。リアネイキドチョークをパームトゥパームで極めた。 [nextpage] ▼第3試合 Bバンタム級 4分1R 石原 射(東京都立芝商業高等学校3年生)→準決勝へ※梶田左京(東京都立江東商業高等学校3年生)※梶田左京は怪我で欠場、石原射が準決勝進出。 [nextpage] ▼第2試合 Aバンタム級 4分1R 〇髙橋風我(東京都立青井高校3年生)[判定3-0]×吉田 翼(岡崎城西高等学校2年生) [nextpage] ▼第1試合 Aライト級 4分1R〇菊池風雅(東京都立飛鳥高等学校3年生)[判定3-0]×権藤悠太郎(鹿児島県立開陽高校3年) [nextpage] 【1MC提供試合】 ▼第15試合 1MC85㎏以上契約 1R2分・2R1分×和地康彦[判定0-3]〇ゆーすけ ▼第14試合 1MC82㎏以下契約 1R2分・2R1分〇永盛竜輔[判定3-0]×後藤伸幸 ▼第9試合 1MC60㎏以下契約 1R2分・2R1分〇福本真悟[判定2-1]△野崎一路 ▼第8試合 1MC50㎏以下契約 1R2分・2R1分△会田美絵[判定1-1]△千波AKS
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント