シュートボクシング
ニュース

【シュートボクシング】「250%で臨む」と自信満々のジェミンに笠原友希は「“260%”出して勝つ」

2024/02/10 03:02
 2024年2月10日(土)東京・後楽園ホール『SHOOT BOXING 2024 act.1』の前日計量&記者会見が、9日(金)都内にて17:00より行われた。  第6試合の60.5kg契約エキスパートクラス特別ルール3分3R延長無制限Rで対戦する、笠原友希(シーザージム/SB日本スーパーフェザー級王者)は60.5kg、ソン・ジェミン(韓国 /K-COMBATライト級王者)は60.3kgでそれぞれパス。  笠原が「120%バッチリ仕上げてきたので、しっかり倒して勝ちたいと思います」と自信を見せれば、ジェミンは「いま友希が120%で臨むと言ったが、私は250%で臨みたい」と強気な対抗意識。  初めて顔を合わせた対戦相手の印象を聞かれると、ジェミンは「友希とは初めて会ったけれどカッコ良くてイケメンで身体もいい、パンチも強い選手だという印象を受た」とし、「明日は自分の試合が出来ればいい試合が出来ると思う」とした。  笠原は「さっき250%仕上げてきたと言っていたので顔つきも良くて。韓国から来ていたただいたのですが、いろいろな事に対応しながら万全に仕上げてきてくれたって感じです」と、相手も調子が良さそうだとの見方をし、「身長が高くてテコンドーのような蹴りでやりづらそうな印象を受けました」と評する。  さらに笠原が「韓国特有の蹴り技だったり、距離感が上手いと思ったので、それをしっかり攻略したいと思います」と言うと、ジェミンは「今、友希が鋭い指摘をした。凄くいい試合になると思います」と上から目線でニヤリ。  ジェミンはSBルールについても「私は散打もMMAも経験しているので、SBルールはとてもいいと思います」と自信満々。様々な格闘技を経験したきたと言い、その中でも得意なのは何かと聞かれると「蹴り技です。それとヒザ蹴り、パンチも上手いです。その中でも得意なのはやはり蹴り技ですね」と胸を張った。  笠原もハイキック、飛びヒザ蹴りと蹴り技でのKOがあるが「僕とは種類が違う蹴り技で、相手はヒザ、サイドキックが上手かったんですが、僕は僕の技で全然優れる」と、蹴り技も含めて全ての技で優ると答え「明日は“260%”出して勝とうと思います」とジェミンの250%をさらに10%上回って勝つとした。  そして「僕が勝って、12日には弟の試合もあるので、勝って行ったら兄につながるし、いい流れが出来るのでいい流れに繋ぎたいと思います」と、2月23日(金・現地時間)タイ・ルンピニースタジアム『ONE Friday Fights 53』に初出場する長男・笠原弘希に勝利のバトンを繋ぎたいと誓った。 なお、今大会はU-NEXTにてLIVE配信される。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント