MMA
インタビュー

【RIZIN】弥益ドミネーター聡志「新居選手は“昔の自分”に近い」「“死合”に競技性も担いで俺のところに来てくれた」=大晦日連続インタビュー(7)

2023/12/28 14:12
 2023年12月31日(日)『RIZIN.45』(さいたまスーパーアリーナ)のオープニングセレモニー前の第4試合・フェザー級(66kg)戦で、元DEEP同級王者の弥益ドミネーター聡志(team SOS)が約1年1カ月ぶりに復帰。現PANCRASE同級王者の新居すぐる(HI ROLLERS ENTERTAINMENT)と対戦する。  RIZIN初参戦で朝倉未来に敗れ、ベイノア、萩原京平を相手に2連勝。2022年11月の前戦で平本蓮と70kg契約で対戦し、度重なるダウンの末に、判定負けを喫した。  再起戦の相手は、PANCRASEでベルトを巻いてRIZINに戻って来た新居だ。弥益は、サラリーマンとして働きながら、かつて憧れたファイターたちが戦った舞台を継ぐリングでの試合に向け、しっかり身体を作って「大晦日に“格闘家の役”ができる」と嘯いた。その真意とは? 【独占インタビュー】大晦日連続インタビュー(1)新井 丈大晦日連続インタビュー(2)斎藤 裕大晦日連続インタビュー(3)ヒロヤ大晦日連続インタビュー(4)新居すぐる大晦日連続インタビュー(5)YA-MAN大晦日連続インタビュー(6)皇治大晦日連続インタビュー(7)弥益ドミネーター聡志大晦日連続インタビュー(8)堀口恭司大晦日連続インタビュー(9)朝倉海 最低に転がり落ちて、大晦日にチャンピオンとやる。「いいんかそれで、お前」って ――会見でもずいぶん語ってくださったので、この個別取材では、まずは妹弟子の万智選手と松田亜莉紗選手の熱闘についてうかがいます。セコンドについた弥益選手はあの判定3-2(29-28×3, 28-29×2)をどう見ていましたか。 「自分は、万智ちゃんが2ラウンドを取ったと思ってたんですよ。なので2、3Rを取って勝ったと正直思った試合でした。3ラウンド目が終わった直後に、俺喜んでたんです。無邪気に喜んでて、万智ちゃんも喜んでて“やったー”って。そしたら梅田(恒介)さんが、『俺、負けだと思ってるけど』って言ってて。『いや、無いっしょ』って……。  たしかにギリギリだったんですけど、自分は2ラウンドのテイクもどきとヒジ打ち。壁際のヒジが少なくとも自分は入ったように見えて、松田選手が明らかに嫌な顔をしてちょっと下がったシーンが見えてたので、これが入っていればたぶん2R目は取っているだろうと。  で、3R目はもう確実に万智ちゃんなので、これは取ったなと思った結果がああなってしまったので、そういう意味では本当にセコンドとしてもっと3は行かせなくちゃいけなかったのかなと思うと、ちょっとやっぱセコンドの難しさと責任を感じましたね」 ――2R目は万智選手が右をもらって鼻血を流しながらボディロックテイクダウン。それを立たれながらも押し込んでヒジ、ヒザ。試合前に万智選手が危惧していたのは、テイクダウンに行って立たれてそこで止まっていると、細かい打撃をもらうのを気をつけたいと。テイクダウン後の動きを警戒していました。 「そうですね。すぐ立たれちゃってたので。やっぱり渡辺(彩華)戦でもなかなかテイクに苦戦したところはあったので、そこを踏まえてもっとこうしたほうがいいよというのは、梅田さんからも自分からもいくつか提案をしていて、一緒に練習するときとかはそこをいろいろ指示していました。そのへんの良さがやっぱり3ラウンドまで出なかったんですよね。1Rと2Rが渡辺戦の頃のままで頑張ってしまったところがどうしてもあって、成長を見せることができるのが、ちょっと遅かった。少しエンジンがかかるまでが時間がかかってしまったなという感じですね」 ――その練習したことを試合があることで出せる。それが試合で現れるかどうか。万智選手は成長を試合で見せたけど、判定は届かなかった。翻って弥益選手は、前回の本誌のインタビューで、平本蓮戦を「一つの試合としては消化できているけど、個人的な部分が未消化なまま」と発言しました。仕事・家族を持ち、身体的なダメージも考えるなかで、再びリングに上がることを決めたこと、それが大晦日の試合であることについては、どうとらえていますか。 「そうですね……まずはいいんかなっていう。前戦で負けて、言ったら平本選手は、もちろん今はもう強さを証明できていると思うんですけど──それでもやっぱり自分とやった頃なんてまだ駆け出しじゃないですけど、ようやく1勝したくらいのタイミングで、その選手に負けた」 ――平本戦はフェザー級の試合ではなく、70kg契約でしたが……。 「最低に転がり落ちたと思っているので。かつ1年間何もやってない、表にも出てない、他の人のYouTubeで他の人の試合を偉そうに喋ってるくらいしかやってない人間が、大晦日という場所でいいんかって。かつ対戦相手もこの間、PANCRASEでチャンピオン取ったばかりだろう。“いいんかそれで、お前”っていう思いは正直あります。でも、だからこそすごくありがたいことというか、あり得ないことだと思っていますし」 ――練習をすることで成長を感じて、またそれを試したくなる。それは今でも同じですか? 「だんだん考え方が逆になってきたというか、試合をして、試合を経て成長して、それを練習で出したいな。で、先輩に褒められたいなという」 ――いまだにそういう──弥益選手が認めるところの格闘家にファイターとしての成長を褒められたいと……。しかし、「次は“弥益が勝つだろう”的な相手ではなく、上の人とやってみたい」と希望していた弥益選手にとって、またも門番的な役割の試合が組まれたという見方も出来ます。弥益選手は「チャンピオンを取ったばかりだろう」とは言っていましたが、新居選手はRIZINでは1勝2敗。そして、新居選手とはこれまでに練習したこともあるのではないですか。 「そうですね、1回くらい練習したことあると思います。新居選手が佐野哲也選手と練習していたということは、東京の清水俊一さんが主催されてる練習会にもたぶんいらしていたので、わりと近い場所にずっといたというイメージはあって。たぶん東京出てからなので、2017年とか2018年くらいですね。GENスポーツパレスかどこかで練習して、もしかしたら茨城時代にもちょっと絡んだことがあるかもしれないです。自分がアマチュアの頃から存在は存じ上げていましたし、なんとなく周りにいる人だなという印象がずっとあったので、まさかこんなところで巡り合うか、という感慨深さみたいなものはあります」 [nextpage] あのアームロックは「天変地異」みたいなもの。MMAとしてはいびつ ――以前聞いたときは海外選手とも対戦してみたいと言っていましたが……。 「彼もコンバ共和国というところの王子なので、たぶん外国人だと思うんですよ。こんな、今の格闘技ファンが誰も知らないようなネタですが(苦笑)」 ――新居選手は「コンバ王子」時代からアームロックが得意技でしたね。弥益選手と練習したときにアームロックは? 「もらいました、もらいました。取られましたね。あれはもうしょうがないです。練習では“天変地異”みたいなものです。人の力では抗えないアームロックなので」 ――天変地異……それは弥益選手のアームロックの技術体系とは違いますか。 「違いますね。自分はイメージとしてはどっちかというと中村大介選手とか、展開を作るため。より展開を面白くするためのアームロック。彼のはもう全部そこでシャットアウトするためのアームロックなので。ちょっとやっぱり方向性は違うかなという感じはしますね。それを会見でふられた新居選手が『弥益選手もアームロックが得意なんですか?』みたいな。あれ、俺すごく恥ずかしかったんですけど。勘弁してくれよと思いました(笑)」 ――すみません(笑)。ともあれ、弥益選手がアームロック使い“でも”あることはたしかで、そのアームロック&シザースチョークに特化している新居選手の最近の強さをどうとらえていますか。 「本当に開き直っている、いい意味で。以前はここまで開き直れてはなかったと思うんです。俺はこれしかないんだって開き直れて、じゃあそれ生かすためにどうすればいいのというのを、万遍なくやるんじゃなくて、最後の終着駅を決めて、そこに必要なものだけ、材料だけ集めている。だから試合中迷いもないと思いますし。そういう意味ではわりと“昔の自分”に近いというか。  自分ももともと新居選手みたいに本当に出来ることが少なかったんですけど、だからこそ迷いがなくて勝ってきたところももちろんあって。でも、やっぱりさすがにいろいろやっているとだんだん選択肢も増えてきて、対戦相手によってやることも変えなくちゃいけないとなると、何となく迷いが出たりとか、固執する気持ちが薄れていったりとかする。だからこそかつての自分のようでもあり、それを超える、さらに尖らせたような存在だなという印象はあります」 ――トガってはいますが、MMAとしてはいびつではないですか。 「いびつですね、本当に。それはちょっと難しくて。いびつな選手とやるのってあんまり競技感が無いというか、“斬り合い”みたいなところがあると思う。試合と言うより死ぬほうの“死合”みたいな意味で恐怖があって。でも、アームロック以外のところは、そんなに尖ってないから、ちょっと面持ちが競技ではないんですよね、自分の中で。でも、やっぱり彼はそのスタイルでPANCRASEという団体のトップを取ったわけじゃないですか。だから、競技も引っ提げてきてくれたなと。死合に競技性をかついで俺のところに来てくれた。だから本当にありがたいなと。彼単体だったらたぶんその競技路線と胸を張って俺は言えなかったんですけど。でもそれ(ベルト)を討ち獲ってきてくれたので、感謝しかないですね」 ――いま大晦日の新居戦に向けての練習環境というのはどうなっているんですか。 「とくに変わってないというか、本当に日々の生活にひも付いた、仕事に無理のない範囲での練習を続けているので、その中でとくに何か新居選手との試合が決まったからここを変えようとか、練習場所を変えようとか、正直あまり考えてないですね。今のルートの中でどう対策をしていくか。今の中で、今持っているカードで戦う。練習環境ももちろんカードだと思っているので、そのカードをどのタイミングでどういう風に出すかというのが大事だと思っているので、そこを考えています。それに合わせて布陣や出し方を変えていくというイメージでいます」 ──さきほど「以前の自分と戦うような試合」だと言いました。いま、MMAのトータルとしては、弥益選手に分があるのではないですか。 「彼も紆余曲折を経て、積み重ねた上で今のスタイルに辿り着いて、連勝してタイトルマッチで勝った。自分も同じようにベルトを獲って、そこから迷いや怖さを知った。その持ち札は、自分の方が多いと思っています」 [nextpage] 朝倉未来選手のKO負けは、周囲がことをより分かりづらくしている ――ところで、そのRIZINで弥益選手が最初に試合をした朝倉未来選手が『FIGHT CLUB』のオープンフィンガーグローブのキックルールで、KO負けしたことについて、あの展開になることは可能性としてはあると思っていましたか。 「まあ……あるとは思っていました。やっぱり分からないですよね。1回ダウンを経験(フロイド・メイウェザー戦)するとかなり変わるところはあると思うんですよ。もちろん脳的なダメージもあると思うし、それだけじゃなく、精神的なこと、よりPTSDに近いものとかが、たぶん彼の考えとは別の場所で起こっている可能性もあると思ったので、以前のようにもらっても全部いなす強さみたいなものに、もしかしたら何かしら影響があるかなという思いは──何となく勝手に感じてたんですけど──でもそれを差し引いても、やっぱりYA-MAN選手のパンチが強かったんだろうなというのが結論です。朝倉選手と自分とでは生きる環境が違いすぎて、彼の考えていることなんて分かるわけないんですけど」 ――MMAファイターとして、そういう形でキャリアを、ダメージを負うということは……。 「MMAファイターかつMMAファンの自分としては、もちろん朝倉選手にはMMAをやってもらって、MMAを盛り上げてもらいたい。彼がこの業界にいるのといないのとでは、大きく違う。だからこそ、周りの人の振る舞いとかのほうが逆に気になってしまいますね。彼自身というよりは、それを見ていろいろ言っている人が、ことをより分かりづらくしているというか。全然、自分はもっとシンプルに考えていいと思いますけど、それを許さない立場に彼がいるのだと思うんです。  状況は単純にシンプルに、MMAファイターの朝倉未来選手が、立ち技の試合に挑戦して立ち技の選手に負けたというだけなんですよ。でも今までのストーリーとか彼の立ち位置とかが何となく状況を複雑なように見せてしまっているだけで、そんなグダグダ言うことでもないと思う。それで彼の何かが致命的に終わるわけでもないと思っているので。昔戦ったことがある一人として、彼が俺の目に見える範囲で、何となく楽しい人生を送れていたら嬉しい──それくらいのしれっとした温度感です」 ――では、平本戦であのダメージを負った弥益選手が、次の試合に向けて楽しい人生に向かっていますか。 「“あのダメージ”……か。自分はあの試合のせいでだいぶ頭皮に来たことのほうがダメージだと思ってるので、本当に。あの試合のせいでだいぶ薄くなったんじゃないかという疑惑が俺の中でありますけど」 ――あっ、そんなに頭髪が逝きましたか。 「試合前にいろいろありすぎて、そのストレスでいってしまったんじゃないかという。別にAGA治療薬が引っかかって1年間試合できなかったわけではないので」 ――えーと、ステロイドとかいろいろ気を遣いますね……急にブッ込んで来ましたが(苦笑)。 「それは書いておいてください(笑)。AGA治療してないんですよ。踏み出せてないんですよ、AGA治療に」 ――そろそろ締めた方が良さそうです(苦笑)。 「いや、ちょっと水と光が……。とにかく自分は格闘家の“ふり”ができてることが幸せなんで、それだけですね、本当に。大晦日に格闘家の役ができるっていう。僕の中のほんとうの格闘家像というのは、自分が始める前に見ていた方々で、自分はその方々の影を追っているだけで」 ――「ただの格闘家の真似事をしているファン」が、練習であんな身体を作れるはずもありません。現役のPANCRASE王者と戦う気持ちが出来ているのではないですか。 「だからなりきれるように、自分で自分を格闘家だと思い込めるように、これから役づくりを頑張っていこうと思いますので、よろしくお願いします!」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント