MMA
レポート

【GRACHAN&D-SPIRAL】植田豊が安海健人に初回TKO勝ち、ストロー級で丸山大輝が川添太貴に判定勝ち

2023/12/11 15:12
 2023年12月10日(日)北海道・札幌のGLOVE WITH AQUA STYLEにて『GRACHAN&D-SPIRAL』が開催された。メインイベントでは、73kg契約で植田豊(リバーサルジム新宿Me,We)と安海健人(ALMA FIGHT GYM BASE)が対戦。  植田は、2010年にプロデビュー後、2013年にいったん戦いの場から離れたものの、2019年に復帰。203年5月には『ROAD TO UFC』参戦前の原口伸と「GRACHANライト級暫定王座を争い、判定負けしたが、2023年8月に山田哲也とドローとなっている。  対する安海は、柔道をバックボーンに、2022年修斗ライト級新人王に輝くと、2023年6月の『RIZIN.43』でRIZIN初参戦。渡辺トシキのヒザ十字固めに敗れている。 ▼第7試合 メインイベント 73kg以下 GRACHAN MMAルール 5分2R×安海健人(ALMA FIGHT GYM BASE/2022年修斗ライト級新人王)[1R 2分59秒 TKO] ※パウンド〇植田 豊(リバーサルジム新宿Me,We)  1R、サウスポー構えの植田に、オーソドックス構えの安海は左ロー。その打ち終わりに足を取りに行く植田は四つ組みに。コーナーに押し込むのは安海。体を入れ替え、シングルレッグレッグに切り替える植田はコーナー際で小外がけを合わせてテイクダウン! 立ち上がろうとした安海のサイドを奪い、パウンドを入れながらマウント。  半身になりながら凌ぐ安海だが下の手首を植田にコントロールされており、左のパウンドを被弾。完全なマウントを奪った植田は手首を外して左右でパウンド。上体を起こそうとする安海の顔を剥がして寝かせて、シザーズを狙う安海に足をかけさせず。植田はヒジも落としてパウンドラッシュ! レフェリーが間に入った。 [nextpage] GRACHAN and D-SPIRAL 試合結果と写真 2023年12月10日(日)札幌・GLOVE WITH AQUA STYLE ▼第7試合 メインイベント 73kg以下 GRACHAN MMAルール 5分2R×安海健人(ALMA FIGHT GYM BASE/2022年修斗ライト級新人王)[1R 2分59秒 TKO] ※パウンド〇植田 豊(リバーサルジム新宿Me,We) ▼第6試合 セミファイナル ストロー級 GRACHAN MMAルール5分2R〇丸山大輝(MARS GYM)[判定3-0]×川添太貴(POLAR GYM OSAKA) ▼第5試合 60kg以下 GRACHANグラップリングルール 5分1R△ハワード颯真(MARS GYM)[時間切れドロー]△大竹ヒロキ(リバーサルジム新宿Me,We) ▼第4試合 70kg以下契約 fist×fist 2分3R〇チョンデアン(ATS-34)[判定2-1]×RENTA(M Teens) ▼第3試合 無差別級 fist×fist 2分3R〇キングuk(Kings)[2R 0分51秒 KO]×舟川龍我(FTT) ▼第2試合 65kg以下契約 fist×fist 2分3R〇印牧蓮(航昇工業)[判定3-0]×ゆうなんvs(ATS-34) ▼第1試合 65kg以下契約 キックボクシングルール 2分3R×青山理樹(ALMA FIGHT GYM BASE)[2R 1分09秒 TKO]〇下川原佑真(SEED) 【第2部】 ▼メインイベント GRACHAN提供試合バンタム級 MMA5分2R×GEN(マルスジム)[2R 2分36秒 TKO]〇小林大希(ATS-34)
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント