キックボクシング
ニュース

【FIGHT CLUB】「ジムの会員さんの小学生にもチワワと言われて悲しかった」木村ケルベロスが逆襲を宣言「チワワでは終わらない。試合ではケルベロス見せたる」

2023/11/15 15:11
【FIGHT CLUB】「ジムの会員さんの小学生にもチワワと言われて悲しかった」木村ケルベロスが逆襲を宣言「チワワでは終わらない。試合ではケルベロス見せたる」

「チワワのままでは終われない」試合で見返すと宣言した木村ケルベロス

 2023年11月19日(日)都内某所にて開催される全試合オープンフィンガーグローブ着用キックボクシングルール3分3R(勝敗はKO決着のみ、判定なし)の『FIGHT CLUB』で、朝倉未来軍団の白川陸斗(JAPAN TOP TEAM)と-68kg契約で対戦するYA-MAN軍団の木村“ケルベロス”颯太(NJKF心将塾)が、15日(水)オンライン会見を行った。


 木村は「何やっても勝てますし、どうしたら負けるか分からんくらい整っています。2RでKOですね。何でも倒せますけれど、せっかくOFGなのでパンチで倒したいと思います」といきなりの強気な発言。

 11月4日に行われた記者会見では、朝倉未来と白川に詰め寄られてしまったが「結果的には感謝しています。中高生とかジムの会員さんからもチワワ、チワワ言われてますけれど、知名度自体は前より付いたので、感謝もしていますけれどムカつくので、アイツは拳で黙らせたいと思っていますね」と、話題となって知名度が付いたことで感謝もしているとした。

「僕は格闘技の本質の強さも見せますし、それを見てもらうためのエンタメみたいなのも必要だと思っていますね」とトラッシュトークには反対ではないようで、「会見の反響は大きかったですね。世間的にというか、周りの目がチワワになっていますけれど、今までアンチコメントがめっちゃ多かったんですが、今回はめっちゃ応援してくれる人が多くて結果的には良かったと思っています」と、応援してくれる人も増えたという。


 しかし、チワワとネットや周りの人からも言われたことは「ちょっと悲しいです。ジムの会員さんの小学生にも言われるんですよ。だから、このままでは終われへんなって感じですね。試合ではケルベロス見せたろって感じです」と悲しい想いをした。

 会見後には朝倉と敵対関係にある平本蓮からもエールを受け、「その後、特に進展はなかったですけれど、ABEMAの勝敗予想を見させてもらったら、そこでワクワクさせて学校とか仕事に行かせるのが俺の仕事、みたいなことを言っていたのであれは見習いたいと思いましたね」と平本のインタビューから学んだそうだ。

 そもそも2人に詰め寄られてなぜ黙ってしまったのかと理由を聞かれると「あれはね、シンプルに僕が口下手すぎて言えなかったんですけれど、あれはめちゃくちゃ反省しました」と口下手を理由に挙げ、「あの時に腹立ってる気持ちはあったので、口で言うくらいだったらシバいたったらよかったと思っています」とシバけばよかったとする。


 朝倉には「あんな何も言えてなくて言うのはアレなんですけれど、怖いとかもオーラとかも何も感じなかったですし、ビビったとかはなかったですね。ただ何も言えなかった。言葉が出なかったですね」とビビったわけではないと言い、白川には「あれはただ朝倉未来の陰に隠れてピーチクパーチク言っていただけなので、俺に犬とか言っていましたけれど朝倉未来の犬やなと思いましたね」と言い放つ。

 白川がもし木村に負けたら1カ月分の給料を寄付すると発表したことには「YouTubeで白川が俺にもし負けたらと言っていましたが、あいつが確実に負けるのでしっかり寄付用意しておいてって感じなんですけれど、子供がいはるのでそれはかわいそうなので、寄付したら僕がファイトマネーを少し分けたろかなと思っています。助けてあげようと思っています」と、優しい一面も。また、白川のことを「ネギ星人」と呼んでいるのは「GANTZ(マンガ)に出てくるネギ星人にシンプルに似ていると思ったからです。ねぎ魔神とは関係ないです(笑)」と説明した。


 公開練習の映像は見たと言い、「白川はMMAでも中途半端で、あんな立ち技の実力で俺に勝てるんかなって笑いそうですね。何言ってるんだって感じです」とあくまでも強気。「何も問題ないです。パンチは当たらないです。当たったところであんなの効かないです。あれは回転が速いだけで見えますし、合わせられますね」とパンチをかわせるし、カウンターを合わせられるとする。

 大将戦のYA-MAN vs.朝倉未来の勝敗予想を聞かれると「それはYA-MANが勝つでしょう。てか、勝ってもらわないと困りますね。僕と次にやるので。YA-MANはあんな感じで打ち合って倒せよって感じですね」と、YA-MANのKO勝利を予想。対抗戦も「普通に僕らが勝ちます。3連勝ですし、もちろん3KO。負けるわけないですね。RISEナメんなって感じです。RISEの強さをナメてるアイツら、痛い目見るぞって感じです」とYA-MAN軍団の全勝を宣言。

「試合ではチワワで終わるつもりはないので。ケルベロスになりますね」と豪語した木村は「言いたいことはありますが、それはリングの上で言おうと思っています」と勝ってリングの上から言いたいことがあるとした。

 最後に木村は「何か調子に乗って言ってますけれど、俺らに勝てるわけないし、RISEがあんなしょうもない軍団に負けるわけないし、3連勝なので。僕もチワワで終わる気はないです。ケルベロスでしっかりお前のこと潰したります。寄付用意しておけよって感じです」と白川にメッセージを送った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント