MMA
レポート

【PANCRASE】三宅輝砂が2年ぶり復帰の櫻井裕康をリアネイキドチョークで仕留める、キム・サンウォンは名田英平に判定勝ち、重田ホノカがまたもジャーマン爆発させ3連勝

2023/11/12 12:11
PANCRASE 338 速報 2023年11月12日(日/昼)東京・ニューピアホール開場予定12:00/開始予定12:15(※選手名から見どころ) ▼フェザー級 5分3R〇三宅輝砂(ZOOMER)7勝4敗 #9位 2021年NBT同級優勝 66.0kg[2R 4分52秒 リアネイキドチョーク]×櫻井裕康(NEVER QUIT)4勝1敗 66.05kg  NEVER QUIT第3の男、櫻井裕康が2年ぶりに復帰。PANCRASEでプロデビューから渡辺謙明、上野惇平を相手に判定勝ちで2連勝。その後、「ONE Warrior Series 5」でジェリー・オリシムに判定負け後、「ONE Warrior Series 8」で島村直希にスプリット判定勝ち。  2020年7月の「PANCRASE316」では、風間敏臣に判定勝ち後、怪我で長らくケージから遠ざかっていたが、決して諦めずに万全の状態まで戻した。狙うは同門の先輩・絶対王者ISAOの返上したフェザー級のベルトだ。  受けて立つ天才・三宅は、2019年11月のDEEP名古屋からPANCRASEで矢澤諒に判定勝ちすると、HEATで倉本拓也にも判定勝ち、PANCRASEのネオブラ2021では為房虎太郎、牧野滉風にフィニュシュ勝利し、MMA5連勝。しかし、2021年9月に亀井晨佑にスプリット判定で敗れている。その後、田村一聖に判定負けでキャリア初の連敗も、小森真誉に2R KO勝ちで再起。2023年3月の前戦では中田大貴のギロチンチョークに一本負けを喫している。コロナ禍もコンスタントに試合をこなしてきた実力を見せるか。 1R、三宅はサウスポーの櫻井に右ストレート、右ボディストレート、右カーフと攻撃を当てていき流れをつかむ。櫻井も左ストレートをヒットさせ、テイクダウンにいったが三宅はケージを背にしてカカトで櫻井の太腿を蹴る。  2R、三宅は右カーフと右三日月蹴り。櫻井は前蹴りを出しつつ三宅の右に右フックを合わせていく。これに右を出しにくくなったか、三宅の手数が減る。逆に櫻井は飛び込んでの左フック、左ストレート、左カーフと攻撃を増やしていく。しかしラスト1分、三宅がダブルレッグを仕掛けてバックへ回り、寝技に持ち込むとラスト30秒でリアネイキドチョーク。耐えた櫻井だったが、三宅が極めきっての一本勝ち。  歓喜する三宅だったが「前回失神しちゃったので今回失神で借りを返せてよかったです。自信なかったんですけれどこれで自信を付けて練習頑張ります」とマイクは大人しかった。 [nextpage] ▼フェザー級 5分3R×名田英平(総合格闘技道場コブラ会)#7位 /2019年NBT同級優勝 13勝7敗2分[判定0-3]※27-30×3〇キム・サンウォン(KOREAN TOP TEAM)10勝6敗1分  キム・サンウォンは『ROAD TO UFC 2023』準決勝でイー・ジャー(中国)を相手に「怪我を押して戦い」、接戦の判定0-3(28-29×3)で敗退。174cmの身長でスタンドで長いジャブ&ロー、強いテイクダウンディフェンスを武器とする。  対する名田はトータルファイター。2022年3月の透暉鷹戦で一本負けも、2023年3月に糸川義人に判定勝ち。しかし7月の前戦でRyoに判定負けを喫している。全局面での攻防で韓国フェザー級の雄を上回ることができるか。  1R、キムは「八ッ!」と声を出しながらジャブを打ち、攻撃を出さない時も声でフェイントをかける。名田はキムの左ヒザ蹴りに尻もちをつくもシングルレッグでテイクダウン、さらに首投げでテイクダウンする。立ち上がったキムに名田は左ボディ。  2Rは名田が左右フックで攻勢を仕掛ける。被弾したキムはダブルレッグでテイクダウン。バックをキープする時間が続く。残り30秒でスクランブルから立ち上がることに成功した名田は、キムをケージに押し込んだが攻撃にはつなげられなかった。  3R、キムは右カーフとジャブ、名田は左ボディを打っていくが手数が少なく見る場面が多い。しかし、名田が打ちに行くとキムはすぐに組み付き、名田の投げを防いでバックを奪って寝技へ。立ち上がった名田の投げはまたも防がれ、バックに回られる。キムがバックコントロールで優勢のまま試合を終え、ジャッジ三者とも30-27の完勝を収めた。  キムはマイクを持つと「まだまだ未熟な私ですが、素晴らしいパンクラスの舞台に呼んでいただき感謝しています。私は特別な人間ではないですが、チームメイト、家族、周りの友人に支えられてこの姿があると思っています。感謝します」と語った。 [nextpage] ▼女子フライ級 5分3R×ライカ(RIGHT THING ACADEMY)#1位 13勝9敗2分[判定0-3]※27-30×2、26-30〇重田ホノカ(パラエストラ柏)2勝  1R、いつも通り手のフェイントを多用するライカに重田は右カーフを蹴っていく。シングルからテイクダウンを奪った重田はバック、4の字ロックでサイドマウントからパウンドを連打し、初回のほとんどの時間をトップポジションで過ごした。  2Rもダブルレッグでテイクダウンした重田がサイドマウントからパウンドの連打。さらにバックを奪って4の字ロック。顔面へ鉄槌を見舞っていく。その状態が長く続き、ラウンド最後に首を取りに行った重田だが、これはライカが耐えた。  3R、右オーバーハンドで勝負をかけるライカに重田もジャブで対抗。ライカの右にダブルレッグを合わせて組み付いた重田は、バックに回ると鮮やかなジャーマンスープレックスで2度もライカを投げて場内を沸かせる。さらにバックをキープしてライカに何もさせず、最後は腕十字で極めにいって試合を終えた。  判定3-0で重田の圧勝となった。 [nextpage] ▼ストロー級 5分3R〇リトル(HIDE'S KICK)5位・10勝12敗1分1NC[判定2-1]※29-28×2、27-30×寺岡拓永(ROAD MMA GYM)7位・2023年NBT同級優勝・3勝  1R、ジャブで先制したリトルに寺岡がパンチを返そうとしたところでリトルがダブルレッグでテイクダウン。スクランブルから立ち上がった寺岡が打撃からのダブルレッグでテイクダウンを奪い返し、パウンドに行くとリトルは足関節狙い。スタンドに戻ると寺岡が打撃で攻勢に出る。リトルは右アッパーで応戦し、ケージに押し込んでのヒジ打ち。オープンスコアは寺岡2、リトル1と割れる接戦模様。  2R、寺岡を押し込んでいったリトルだが、寺岡が体勢を入れ替えて押し込む。テイクダウンを仕掛ける寺岡にリトルはヒジ。テイクダウンを奪う寺岡だが、リトルも上をとりいき、シザースで抵抗。立ち上がると寺岡がパンチのラッシュ、リトルは右アッパー。このラウンドも寺岡1、リトル2と接戦。  3R、右フックを当てていく寺岡はヒザもボディに突き刺す。リトルはボディロックから足を掛けてテイクダウン。すぐに立ち上がってテイクダウンを奪い返しに行く寺岡にリトルはシングルでテイクダウン。最後はガムシャラに打ち合いを仕掛けてきた寺岡にリトルはヒジ打ちで応戦、判定2-1でリトルが勝利をもぎ取った。 [nextpage] ▼バンタム級 5分3R高城光弘(リバーサルジム横浜グランドスラム)#8位 8勝2敗[判定3-0]※30-27×3平田丈二(総合格闘技闇愚羅)#9位 9勝6敗1分  高城は、2021年12月に水永将太にスプリット勝ちすると、鬼神光司にTKO勝ち、サイバー遼に判定勝ち、川北晏生にも判定勝ちで現在4連勝と波に乗る。2KO、6つの判定勝ちながら、7月大会では川北晏生にツイスターを仕掛けるなどノンストップ・グラップリングを展開した。  平田は、怪我で1年2カ月ぶりの復帰戦。ここまで白星と黒星を繰り返しており、2018年12月に河村泰博に判定勝ちも、2020年8月に福島秀和に判定負け。2021年5月に福島啓太を1R KOに下すも、9月にTSUNEに判定負け。2022年は4月にジェイク・ムラタを1R TKOに下すも、9月の前戦で井村塁に2R リアネイキドチョークを極められている。デビューから3戦の連敗以外は、連敗しておらず、再び白星を掴みたいところ。  ランキング5位以内に入り、ベルト挑戦圏内に上がるのはどっちだ?  1R、圧をかけて前に出るのは平田だが、高城が蹴りで先手をとる。左ミドル、右インローと蹴りを多用する高城は片手をマットについてのハイキックという変則な蹴りも放った。  2Rは平田も蹴りを使っていき、ニータップからのテイクダウンを混ぜる高城にヒザを突き刺す。その後は平田がヒザを徹底的に狙い、高城はヒジで応戦。距離のあるところから弾丸のように突っ込んでのテイクダウンを2度奪う高城。さらには豪快にリフトアップしてのテイクダウンも見せる。  3R、相手にぶつかっていくようなタックルを繰り返す高城だが息が荒くなり、かなり疲労が見える。平田は圧をかけての左右フックで勝負をかけ、高城の組みを切っていく。しかし、平田の左をかわした高城がついに組むことに成功し、スクランブルから上をとる。さらにバックを奪うなどコントロールし、最後は足首固めを仕掛けて終了。  判定30-27×3で高城が完勝した。 [nextpage] ▼フライ級→58.4kg 5分3R〇萩原幸太郎(パラエストラ八王子)6勝4敗7分 2018年IMMAFオセアニア選手権優勝[判定3-0]※29-28×3×前田浩平(GRABAKA)7勝6敗※前田が最終計量で58.4kg(1.250g超過)、ルール上の試合可能許容範囲5パウンド以内で対戦相手が試合を受諾した為、フライ級ではなくキャッチウエイトとして行われる  2022年9月、約5年ぶりに試合をし、荻窪祐輔に3R TKO勝利した元シューター萩原。今回も1年以上空けての試合となるが、思案するファイトスタイルは揺るぎない。一方の前田、3月に今井健斗にスプリット判定勝ちも、7月にジョセフ・カマチョに判定負けしており、白星を掴んでランキングに名を連ねたいが、前日計量で前田が体重超過。キャッチウェイトにより実施となった。 2Rにインローの蹴り合いから萩原がダブルレッグで組み付きケージへ押し込む。体勢を入れ替え合い、ヒザを蹴り合う両者。萩原がダブルレッグで1度尻もちをつかせるが前田はすぐに立ち上がってワンツー連打で前へ出る。そこへ萩原がダブルレッグ、逆に前田がテイクダウンを奪うもすぐに前田がバックに回って優勢のままラウンドを終えた。  3R、萩原が四つから顔面へのヒザ蹴り、続けてテイクダウンする。すぐに立ち上がった前田はワンツー、左右フックで逆襲に転じるが、萩原はしつこく組みに行って前田の打撃を封じる。最後にダメ押しのテイクダウンを奪い、萩原が判定勝ち。 [nextpage] 【プレリミナリー】 ▼ライト級 5分3R〇鈴木悠斗(パラエストラ八王子)1勝[KO 0分57秒]×上田智大(パラエストラ広島)1敗  1R開始直後からパワフルなパンチで攻める鈴木が左フックをヒットさせ、ヒザ蹴りから連打をまとめ、ダウンした上田にもスタンドからパンチを浴びせて秒殺KO。 [nextpage] ▼フライ級 5分3R×饒平名知靖(K太郎道場)1勝 Chisei Yohena[1R リアネイキドチョーク]〇金澤臣人(リバーサルジム横浜グランドスラム)1敗 Omito Kanazawa  1R、金澤がサイドキック、前蹴り、ロー、ハイと蹴り技を多用して先制。ジャンプしての左フックからそのままそのまま饒平の首に腕を巻きつけ、バックに回ってのリアネイキドチョーク。スタンドからグラウンドになり、金澤が一本勝ち。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント