キックボクシング
ニュース

【KNOCK OUT】わずか7戦目で2階級制覇を狙うスーパールーキー久井大夢「全局面で圧倒」苦労人・大谷翔司「破壊力見せたい」

2023/09/15 14:09
【KNOCK OUT】わずか7戦目で2階級制覇を狙うスーパールーキー久井大夢「全局面で圧倒」苦労人・大谷翔司「破壊力見せたい」

大谷(左)がエースの証としてタイトルを獲るのか、まだ17歳の久井が難なく2階級制覇を成し遂げるのか

 2023年9月16日(土)東京・後楽園ホール『MAROOMS presents KNOCK OUT 2023 vol.4』の前日計量が、15日(金)都内にて正午より行われた。

 今大会はTOKYO MXが当日19:00~21:30に生中継。キックボクシングの試合が地上波のゴールデンタイムで放送される。


 セミファイナル(第8試合)KNOCK OUT-BLACKライト級王座決定戦3分3R延長1Rで対戦する、大谷翔司(スクランブル渋谷/元JAPAN KICKBOXING INNOVATIONライト級王者)は62.5kg、久井大夢(TEAM TAIMU/初代KNOCK OUT-REDスーパーフェザー級王者)は62.45kgでそれぞれ計量をパス。

 続いての会見で久井は「全局面で圧倒してベルトを獲る」と高らかに宣言、大谷は「しっかり勝ってこれからKNOCK OUTのライト級を代表して戦っていくための始まりの日にします」と意気込んだ。


 久井は「どうなったとしても自分が勝てるように練習してきた」とどんな局面になっても勝てるとの自信。大谷は「やっぱり破壊力ですかね。インパクトを与えられるような。こいつならこれからトップに上がっていくんじゃないかって破壊力を磨いてきました」と、自衛隊特殊部隊で培ったフィジカルをさらに高めてきたとする。


 TOKYO MXのゴールデンタイムで生中継されることで、普段は格闘技を見ない人の目にも止まる機会。そこで何を見せたいかとの質問に、久井は「2年後、3年後に僕の名前が知らんという人がおらんというくらい、そう思われる試合をしないとあかんし、そう思わせる試合をしたい」、大谷も「見てる人たちに期待を抱かせるような、初めて見る人もそうだし、コイツは何者なんだってインパクトを与えて、これから上がってくる期待感を抱かせる試合をしたい」と、共に視聴者にインパクトを与えたいと答えた。


 ベルトへの想いを聞かれると、久井は「自分はアマチュアも含めてタイトルマッチは全部勝ってきているので、今回も普通に勝ってベルトを獲ります」と、ベルト獲得率100%を発揮すると言い、大谷は「自分はREBELS(現在はKNOCK OUTと統合)時代からこのリングに上がらせてもらって、今の自分があるのはこの団体のおかげなので、団体を背負って戦っていきたいとの気持ちが強いです」と団体エースの証としてベルトが欲しいとする。


 スーパーフェザー級から上げての2階級制覇を狙う久井は「階級を上げても動きは変わらんと思っています。相手はパンチが強いし、当て感がある。でも、当たらんかったら意味ないと思うので、全部で勝てるようにやってきました」とスーパーフェザー級と変わらない動きが出来るという。


 デビューからわずか3戦目で王座に就き、韓国遠征で敗れるまでは無敗街道を突き進んできた久井に対し、大谷は下積み時代を経てここまでたどり着いた。その対照的な格闘技人生について聞かれた大谷は「それは気にしてないですし、彼がこれからトップに上がって行くかは分かりませんが、自分が現役の内は絶対に負けないですね」と自分がいる限りこの階級で久井は王者にはなれないと言い放った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント