MMA
インタビュー

【UFC】マネル・ケイプ「自分がどれだけ強いかを見せたい」「朝倉海は賢くてメンタルも強いから大丈夫」=9月10日(日)『UFC 293』豪州

2023/09/07 11:09
【UFC】マネル・ケイプ「自分がどれだけ強いかを見せたい」「朝倉海は賢くてメンタルも強いから大丈夫」=9月10日(日)『UFC 293』豪州

(C)U-NEXT/Zuffa LLC/UFC/GONG KAKUTOGI

 2023年9月10日(日)豪州シドニーで開催される『UFC 293: Adesanya vs. Strickland』(U-NEXT配信)のフライ級に、同級10位のマネル・ケイプ(アンゴラ/ポルトガル)が出場する。

 当初は同級5位の上位ランカーであるカイ・カラ・フランスと対戦予定も、カラ・フランスが練習中の脳震盪により同大会を欠場。ケイプは、代役でUFCデビューながらMMA7戦無敗1NCのフェリペ・ドス・サントス(ブラジル)と対戦することになった。

 オクタゴン3連勝でトップ5と対戦予定だった元RIZINバンタム級王者が本誌とU-NEXTに語った、UFC6戦目と、日本の同階級のライバル平良達郎、そして朝倉海について──。

ドス・サントスは「特別」じゃない。練習した平良は──

──現在の心境をお聞かせください。

「気分はいいよ、対戦相手が変わって、自分が期待してた相手ではないけれど、それでも結局のところとにかく試合がしたかったから。自分がどれだけ強いかをファンのみんなにも見せたかったし。だから気分はいいんだ」

──今回は対戦相手が見つかりましたが、マネル選手の試合は何度もキャンセルになりました。「またかよ」と思うこともあったと思いますがどのようにモチベーションを保ってきましたか?

「自分はいつだって“次の試合はもっといい試合をするんだ”って心に決めているし、UFCとも話しあって、団体としてもこういうことが起こるたびに、もっといい選手との試合を組んでくれようとしているんだ。もちろん、時には“キツイな”って思うよ。だって、そうだよね、ファイトキャンプの真っ最中だったり、試合まであと少しだというところで出来なくなったりするから、やっぱりちょっとイライラを感じる時だってある。でも、いつも自分は気持ちをとてもポジティブに落ち着かせているよ、次に向けて」

──キャンセルになった対戦相手は元王者、続いてタイトル挑戦経験者でした。代わりに対戦するのがデビュー戦の選手となり戸惑いはありましたか? それとも、誰であろうと試合をするということが最優先でしたか。

「もうこの場所にまで来ていたし、ファイトキャンプをこなしてきた。何カ月も、1年近く練習をしてきた。実際のところ、誰であろうと、ニューカマーであろうとUFCと契約した選手なんだからハードな相手であることは間違いないと思ってる。今回の対戦相手をみくびることはないし、デビュー戦ならなおのこと彼は自分のスキルを見せつけなきゃと意気込んでいるはずだ。一方で、自分は同じような気持ちでいるというか、彼をチャンピオンだと思って対峙する。彼はカイ・カラ=フランスを倒すレベルのファイターなんだと。そういう気持ちで自分のやるべきことをやるんだ」

──カイ・カラ=フランスについて十分に対策をしてきたと思います。対戦相手が変わったことで注意している点などはありますか?もしくは、あらたにフェリペ・ドス・サントスに対しての対策を立ててきましたか?

「実のところ、あんまり自分の対戦相手のことは気にしすぎないようにしているんだ。みんなそれぞれに強みがあるけれど、そこにばかり気をつけて、彼らの持つ武器をいかにディフェンスしようか、というような対策には気を取られない。常にオクタゴンの中では僕が攻撃する側であるし、自分が支配者の側だからだ。相手が自分に合わせなくちゃいけないんだ。自分の技術だったりポテンシャルというのがオクタゴンを牛耳っている」

──ブラジルのフェリペ・ドス・サントスは、MMA7戦無敗1NCと、これまで負けがありません。アグレッシブなムエタイファイターだけど、テイクダウンディフェンスなど技術的に粗さも目立つ。この侮れないグリーンボーイであるドス・サントスをどうとらえていますか。

「そうだな、思うに彼は若くて、スキルを見せたいと思っていることだろう。ただ、まだまだ若くて、彼を取り巻くモチベーションみたいなものって、自分が通ってきた道というのか、分かるのだけれど、それでは足りない。一生懸命取り組まなくてはいけないし、何か特別な存在にならなければいけない。自分が22歳のとき、自分はどこか特別だったんだ、そういうものが彼には見られないかな。7戦無敗のいい選手だとは思うけど、あんまり感心することはない。だからといってもちろん過小評価もしない。何が起きてもおかしくないから。だけど自分がこの試合の“フェイバリット”(優勢)であることは間違いない」

──ところで、ラスベガスでは、同じフライ級の平良達郎選手とも組むことはあったのでしょうか。

「ああ、彼に会って一度一緒に練習したよ。とてもいい選手だしどんどん良くなっている。彼は無敗のファイターで……、うん、これが次の相手との違いかな。自分が平良を見たときは何か特別なものを感じたんだよね。まさに言いたいことはこういうことだ。とても素晴らしいファイターでとてもいい選手だと思った、そういう特別なものを、自分の次の対戦相手からは感じなかったっていうことだ」

──では、平良選手の次の対戦相手ドボジャークに判定勝ちしているケイプ選手から、平良選手にもしアドバイスがあるとすれば?

「とにかく集中することだ。僕は平良が必ず勝てると思う。とにかく集中して、これまでと同じようにシャープに戦うことだ。彼のここまでの戦績も素晴らしいし、これからタイトルに向かっていく大きなポテンシャルを持った選手だと思ってる」

──平良選手とドボジャーク選手の試合は、どんな試合になると思いますか。

「タフな試合になるだろう。一本を取るのが大変だ。平良はストライキングも出来てグラウンドゲームも達者だとは思うけど、ドボジャークはめちゃくちゃタフなんだ。ギブアップしない。ただ、平良のスキルとポテンシャルを持ってすれば問題ないし、ドボジャークはダメージが蓄積していると思う。たとえばの話、僕と対戦する前の彼だったらよりタフだったと思うけれど、自分を含む3戦で3Rやり通しているし、あまりいい状態じゃないと思うな」

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント