K-1K-1
K-1
コラム

【K-1】サッタリ、ピンチか? ラテスクを2回破った選手から勝利した“イタリアのビースト”が「ヤバイ」=9.10無差別級トーナメント

2023/09/06 18:09
【K-1】サッタリ、ピンチか? ラテスクを2回破った選手から勝利した“イタリアのビースト”が「ヤバイ」=9.10無差別級トーナメント

1回戦でサッタリと対戦する“イタリアのビースト”クラウディオ(C)K-1

 2023年9月10日(日)神奈川・横浜アリーナ『ReBOOT~K-1 ReBIRTH~』にて行われる「K-1 30周年記念無差別級トーナメント」出場選手に関するコラムがK-1から届いた。

 待ちに待った対戦カードが発表され、全貌が見えてきた2023年9月10日(日)神奈川・横浜アリーナ『ReBOOT~K-1 ReBIRTH~』のK-1 30周年記念無差別級トーナメントは、危険な強豪が潜んでいる可能性が高くなってきた。


 一発で試合が決まることが多い無差別級は、1993年に開催された第1回K-1GPを紐解いてみても、当時無名の外国人選手が活躍し時代を築いてきた。とくに今回の無差別級トーナメントは、これまで実績を残してきたマハムード・サッタリ(イラン/TEAM OTA)やシナ・カリミアン(イラン/SINA ARMY)が優勝候補として注目を集めているが、初戦敗退の危険性も浮上している。

 注目を集めるのは、ルーマニア出身でイタリア国籍のクラウディオ・イストラテ(イタリア/Kombat Gym)だ。サッタリが初戦で対戦するクラウディオは“イタリアのビースト”と呼ばれるほどの豪腕の持ち主で、これまで52勝32KOのレコードを持っている。スタミナに不安があるものの、一発で仕留めるフックは脅威だ。


 しかも、このビーストは、サッタリからKO勝利したステファン・ラテスク(ルーマニア)を2回も破っているIonut Iancuに勝っている。Ionut Iancuはラテスクから2020年8月20日に判定勝ち、2021年12月15日には2RKO勝ちを収めた。この強豪を破っているため、侮れない選手。試合映像も見ても荒々しいファイトで、この階級の台風の目になりそうだ。

 サッタリは90kg、クラウディオは110kgと20kg近くの体重差があるため、一回戦から番狂わせが起こるかもしれない。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント