キックボクシング
レポート

【OCEANS】宮崎県唯一のプロキックボクシングイベント、関東から乗り込んだ庄司啓馬がM-1王者に

2023/06/11 14:06
【OCEANS】宮崎県唯一のプロキックボクシングイベント、関東から乗り込んだ庄司啓馬がM-1王者に

CLIMB GYM「OCEANS」
2023年6月4日(日)宮崎・ガーデンベルズ延岡

▼第6試合 M-1 JAPANライト級王者決定戦 61.23kg契約 ムエタイルール 3分3R延長1R
×梅田光一郎(CLIMB GYM)
判定0‐2 ※29‐29、28-29、28-30
〇庄司啓馬(TEAM TEPPEN)

 宮崎県発、宮崎県唯一のプロキックボクシングイベント『OCEANS』。2018年12月にアマチュア大会からスタートし、プロ大会は今回で3度目(アマチュア大会は8度開催)となり、今大会では『M-1 JAPAN』の二階級による王者決定戦が行われた。

 M-1 JAPANライト級王者決定戦に挑む梅田は『OCEANS』を主宰するCLIMB GYMの看板選手で、プロデビューから7戦勝ち星なしだったが、ここ数戦はKOで連勝中。ミドルキック、首相撲、ヒジを得意とするムエタイスタイルで戦績は12戦4勝4敗4分。対する福岡出身の庄司は、那須川天心の父・那須川弘幸会長率いるTEAM TEPPEN所属のアグレッシブファイター。ここ数戦は『KNOCK OUT』を主戦場にし、昨年12月にはINNOVATIONライト級王者・大谷翔司と対戦経験もある。戦績は14戦5勝(1KO)9敗。

 1R、左右の蹴りを散らす庄司に、梅田も蹴りを返し互角の展開。終盤には庄司が梅田をコーナーに詰めて首相撲を仕掛けてヒザを入れていく。2R、庄司はミドル、右アッパーを当てて組んでのヒザ。上背の梅田は強引に振り回してこかして抵抗するも、庄司が首相撲で主導権を握る。

 3R、庄司が左ミドルで距離を取ると、逆に梅田が組んでいき離れ際にヒジを見舞う。組みの展開では庄司がヒザを入れ、距離を取れば左ミドルを当てる。

 最後までペースを握り、判定勝ちした庄司は初のベルトを巻き、「宮崎の皆さんはじめまして。遠くから来てくれたら仲間たちのおかげで勝つことができました。TEAM TEPPENには風音、(白鳥)大珠とか強いプロ選手は20人ぐらいいます。僕も上を目指して頑張りますので、宮崎の皆さんも僕のことを応援してくれたらと思います」とマイクアピールした。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.331
2024年3月22日発売
UFC参戦に向け、ラスベガス合宿の朝倉海。「プロフェッショナル・ファイターの育て方」でチームを特集。『RIZIN.46』鈴木千裕×金原正徳インタビュー、復活K-1 WGP、PFL特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア