キックボクシング
レポート

【超S-BATTLE】竹野元稀がWBKF世界王者に、奥山雅仁はS-BATTLE新王者、BreakingDown勢が大挙参戦

2023/05/10 13:05
S-BATTLE事務局『超S-BATTLE 2023』2023年5月7日(日)愛知・名古屋国際会議場 イベントホール ▼メインイベント(第19試合) KICK -55kg WBKFバンタム級世界タイトルマッチ 3分3R延長1R×國本真義(MEIBUKAI/初代S-BATTLEバンタム級王者、元WMCインターコンチネンタル バンタム級王者)延長R判定0-3 ※9-10×3〇竹野元稀(風吹ジム/現S-BATTLEバンタム級王者、SB日本バンタム級2位)※竹野が新王者に。本戦の判定は29-29、29-29、28-29  これまでMEIBUKAI(命武會)が主催してきた『S-BATTLE』が大会名の頭に“超”の文字を加えパワーアップした今大会。BreakingDown(以下BD)出場メンバーが大挙参戦で話題を集める中、注目のメインイベントではWBKF世界バンタム級(55kg)王座を懸けて國本と竹野が激突した。今回のWBKF(世界雪豹キックボクシング連盟)はロシアに本部を持つキックボクシングの王座認定団体であり、元K-1ファイターの城戸康裕、元UFC世界女子ストロー級王者ヨアンナ・イェドジェイチクが世界タイトルを保持していたことで知られている。  國本はMEIBUKAIの看板選手で、これまでにS-BATTLEバンタム級王座、WMCインターコンチネンタル バンタム級王座を獲得している二冠王。対する竹野はシュートボクシング(SB)のスーパーバンタム級のトップ戦線で長らく活躍し、2021年12月にはタイトルマッチを経験済み。S-BATTLEにも定期的に参戦し、2017年にはS-BATTLEバンタム級王座を獲得し初防衛にも成功している。  両者は2016年6月のSB日本スーパーバンタム級次期挑戦者決定トーナメント一回戦で対戦しており、この時は國本が判定勝ちしている。7年ぶりの再戦で勝利し、世界タイトルを獲得するのはどちらか。  1R、左インローをこつこつ入れる國本に対し、竹野は距離を詰めてパンチ連打にミドルを交ぜ、お互いに譲らない打ち合いを見せる。2Rも両者は胸を付けるぐらいの接近戦でパンチを打ち合う。國本はテンカオ、竹野は右ローとパンチ以外にも目立った攻撃を交ぜて削り合った。  3Rも手数を落とすことなく、両者は接近戦で打ち合いを見せて試合終了。判定決着となり、ジャッジ一者は竹野を支持したが、残り二者は引き分けとしたために、延長戦へ。ここでもお互いに意地を見せるド突き合い。竹野が顔面へのヒザ蹴り、回り込みながらのパンチで國本が押され気味になり試合終了。判定で竹野が勝利し、念願の世界ベルトを腰に巻いた。マイクを握った竹野は「素敵なステージを用意していただき関係者の皆さん、ありがとうございました。そして僕を強くしてくれた風吹ジムの館長、ジムの皆さん、僕は世界チャンピオンになりました。そして僕が一番感謝している奥さん、試合までサポートしてくれてありがとう。見たか! オラ! 俺が竹野元稀じゃ!」と叫び、喜びを爆発させていた。 [nextpage] ▼第18試合 KICK -65kg ブレイクバトル 2分2R×エイリアンニキ(フリー)判定1-2〇メガネ社長(フリー)  BD出場メンバーによる一戦。1Rから左右フックに右ミドルを交ぜて前進するメガネ社長に対し、エイリアンニキもテンカオにパンチを交ぜてバチバチの打ち合い。最後まで手数を出し合った一戦はメガネ社長の勝利となった。 [nextpage] ▼第17試合 KICK S-BATTLEライト級(-65kg)タイトルマッチ 3分3R延長1R×どん冷え貴哉(Maynish KICK BOXING/S-BATTLEライト級王者、ACCELライト級王者)延長R判定0-3 ※9-10×3〇奥山雅仁(OISHI GYM/挑戦者)※本戦は30-30、30-30、27-30  S-BATTLEライト級王者・どん冷えは元MA日本スーパーライト級王者・石田勝希に勝利した実績も持つ実力者。セコンドには元同門で元NKBライト級王者ヤスユキが付く。対する奥山は、SB日本ウェルター級王者・奥山貴大の弟。  1R、どん冷えの前進に合わせてこつこつ右ローの奥山。2Rも左右フックで前進するどん冷えに、奥山は右ミドル、右ロー、組んでのヒザをこつこつと入れてペースを握る。  3R、左ミドルから接近戦でパンチを振るう奥山だが、どん冷えはうまく距離を詰めたりとパンチを当てさせないで攻撃を返す。判定決着となり、ジャッジ一者が奥山を支持するも、残り二者はドローとなり、延長戦へ。奥山はパンチを振るうも、どん冷えは組み付いて攻撃を許さない。攻撃の手を緩めない奥山が手数とヒットで上回り判定勝ちした。  マイクを握った奥山は「何とかチャンピオンになることができました。僕はまだこんなもんじゃないので、これからもっと上を目指してチャンピオンにふさわしい人間になります。OISHI GYMの奥山雅仁に注目して下さい」とアピールした。 [nextpage] ▼第16試合 KICK -100kgヘビー級ワンマッチ 3分3R延長1R〇マウンテンRYUGO(Ten Clover Gym/S-BATTLEヘビー級王者)KO 3R 1分32秒 ※左ハイキック×ワグナー・カリオカ(ブラジリアンタイ/RKS-80kg級王者)  地元の静岡KICKを主戦場にしているマウンテンはS-BATTLEヘビー級王者に君臨。対するカリオカは/RKS-80kg級タイトルを保持している。  1R、右ローで前進するカリオカに、マウンテンはロー、ボディブローと攻撃を散らすが、バックブローで追い込まれる場面も。耐えたマウンテンは右ミドル。2R、奥足への左ロー、右ミドルを当て追い込むマウンテンだが、タフなカリオカ。3R、距離を潰すカリオカはパンチ連打。冷静にさばくマウンテンはローを効かせて最後に左ハイキック。この一発でカリオカはスタンディングダウン。レフェリーがストップし、マウンテンがKO勝ちした。 [nextpage] ▼第15試合 KICK -51kg ブレイクバトル 2分2R MS×宮里かおり(comrade)判定0‐3〇あちゅ(ranger gym)  BDオーディションで大荒れし注目を集めた宮里と、朝倉未来にお尻を出したことでお馴染みのあちゅの一戦。  1Rからバチバチに打ち合う両者。2Rはあちゅが右ローを効かせて宮里の動きを止めたが、宮里は意地を見せてワンツーを当てていく。最後まで打ち合いを経て、あちゅに軍配が下った。【写真】リングサイドのカメラへ向かって尻を突き出すあちゅ [nextpage] ▼第14試合 KICK -63kg ライト級ワンマッチ 3分3R延長1R〇伊藤勇大(OISHI GYM)TKO 3R 2分22秒 ※レフェリーストップ×森戸“ガンギマリ”賢成(フリー)  昨年2月の『RIZIN TRIGGER 2nd』に出場したOISHI GYM新鋭の伊藤と、BDオーディションで瓜田純士に「テメエ、俺とやるぞ。元機動隊だよ」と詰めよったことで話題となった森戸の一戦。森戸は2011年WPMFスーパーフェザー級新人王のキャリアを持つ。  1R、左ジャブを突く森戸に、伊藤は右フック、三日月蹴り、ローをヒットさせて追い込む。2R、左ボディ連打でダウンを奪った伊藤はパンチ連打で追加のダウンを奪ったところでレフェリーがストップした。 [nextpage] ▼第13試合 KICK -67.5kg ウェルター級ワンマッチ 3分3R延長1R×ウェズリー・ペレイラ(ブラジリアンタイ)TKO 3R 1分1秒 ※レフェリーストップ〇ハルゴング(Funmotion)  吉本興業所属のお笑いコンビ「場違い野郎」のハルコングと、元RISEウェルター級王者ダニロ・ザノリニ率いるブラジリアンタイのペレイラとの一戦。  1R、お互いにローを出して探り合う展開。ハルコングが飛びヒザを出せば、ペレイラは回転蹴りの大技。2R、左フックをクリーンヒットさせたハルコングがパンチ連打でダウンを奪う。3R、鼻血を出すペレイラにドクターチェックが入る。再開後もハルコングがパンチ連打で追い込むとレフェリーがストップし、ハルコングがTKO勝ち。  ゲストとして参加していたお笑い芸人の千原せいじがリングに上がると「間違いなく最強芸人ちゃう?」と賞賛。ハルコングは先輩芸人と共に会場の四方のそれぞれに持ちネタのベンツ―を披露した。マイクを握ったハルコングは「本当は王者の青谷(秋未)さんとS-BATTLEミドル級タイトルマッチをやりたかったのですが、逃げられたので次は組んでください。僕はKO率100%なのでお願いします」とアピール。すると青谷が登場し「今回は3戦目? まだ実績、強さもない。もっと経験を積んで来て下さい」と対戦を拒否。S-BATTLE・丹山命代表もリングインすると、「強い相手を用意するので次回11月12日に次期挑戦権を懸けた戦いはどうでしょう」とハルコングと青谷に提案し、ハルコングも「絶対に挑戦権を獲得して、青谷さんとやることになれば逃げないで下さい」と挑発した。 [nextpage] ▼第12試合 KICK -60kg ブレイクバトル 2分2R×オナベの進一(FTM)判定1-2〇いおんぴ(realiser kick & beautysstudio №3)  タレント・坂口杏里の夫で元女性のトランスジェンダーであるオナベの進一が、歌舞伎町人気ホストのいおんぴと対戦。  1Rからパンチを振り回すいおんぴが進一を追い込む展開。2R、いおんぴの右ストレートを被弾しながらも進一は前に出続けて反撃。僅差の判定でいおんぴが勝ち。 [nextpage] ▼第11試合 KICK -48kg フライ級ワンマッチ 2分3R延長1R〇奥村琉奈(OISHI GYM)判定3-0×山里真桜(名護ムエタイスクール/DBSライトフライ級王者)  OISHI GYM女子新鋭の奥村と、沖縄在住でDBSライトフライ級王者としての初戦となった“キック界の安室奈美恵”山里の一戦。  1R、前蹴りで山里は突き放すも、奥村は右ローからボディを強打させて追い込む。2Rも蹴りで距離を取りたい山里だが、奥村は左ボディからヒザ連打でペースを掴む。3Rもボディで削る奥村がパンチ蓮打で追い込み判定勝ちした。 [nextpage] ▼第10試合 KICK -60kg ライト級ワンマッチ 3分3R延長1R〇仲川広汰(TenClover Gym)判定3-0×桃翔(T-KIX GYM)  1R、ボディ連打の桃翔に、仲川は右ローをこつこつ当てて右ストレートでダウンを奪う。2Rも右カーフをこつこつ当てる仲川は攻撃を散らして余裕を見せる戦い。3Rも多彩な技で攻め続ける仲川だが、桃翔はタフネスぶりを発揮して倒れない。判定で仲川が勝利。 [nextpage] ▼第9試合 KICK -60kg ブレイクバトル 2分2R×あるば(フリー)判定0-2〇まる(フリー) 「ブライトエンパイア」のチャンネル名でYouTuberとして活躍するあるばと、BD5で青山あいりに勝利したまるの一戦。1R、セコンドにこめおを付けたまるが大振りの右フックをヒットさせて優勢。2R、お互いに疲れながらも、あるばもヒザ蹴りを返していく。僅差の判定でまるが勝ち。 [nextpage] ▼第8試合 KICK -55kg バンタム級ワンマッチ 3分3R延長1R×大澤匡弘(STRIKES GYM)判定0-3〇川口侑氣(BFA-SEED)  1R、左ミドルからパンチにつなぐ大澤に対し、川口はパンチ連打で突っ込む。大澤は掴みが多く警告を受ける。2R、川口はテンカオで削っていくのに対し、スタミナを消耗させた大澤は掴みが多く遂に減点に。3R、お互いにバテバテにながらも打ち合い、ヒット数で上回った川口が勝利した。 [nextpage] ▼第7試合 KICK -53kg フライ級ワンマッチ 3分3R延長1R〇サガエ・マテウス(ブラジリアンタイ)判定3-0×Ryusei.(T-KIX GYM)  1R、パンチのラッシュを仕掛けるマテウスの勢いに飲まれるRyuseiだが、後ろ蹴りをヒットさせて三日月蹴り。2R、マテウスのラッシュをRyuseiはサークリングで交わして右ミドル。終盤にRyuseiのローブローで一時試合中断したが、マテウスは勢いを止めない。3R、Ryuseiは右テンカオで勢いを止めたかに見えたが、マテウスは後ろ蹴り、センチャイキック、パンチ連打で最後まで攻め続け判定勝ち。 [nextpage] ▼第6試合 KICK -60kg ライト級ワンマッチ 2分R延長1R×りお(OISHI GYM)※デビュー戦判定0-3〇SHIORIN♡(GRATINESS)  1R、SHIORIN♡は右ストレートからローにつないで前進。序盤は押されながらもりおは攻撃をまとめる。2RにはSHIORIN♡が右ストレートでダウンを奪う。3Rも打ち合う中で、1Rにダウンを奪ったSHIORIN♡が判定勝ち。 [nextpage] ▼第5試合 KICK -53kg ブレイクバトル 2分2R〇志築杏里(フリー)判定3-0 ×あみみ(フリー)  セミに登場するエイリアンニキの姉でBD7に参戦した志築と、BD6と7のオーディションに参加したあみみの一戦。1R、お互いにバチバチに打ち合うが、スタミナ切れで途中で攻撃を止めてしまう。2Rも右ストレートを何度もヒットさせた志築が判定勝ち。 [nextpage] ▼第4試合 KICK -57kg フェザー級ワンマッチ 3分3R延長1R〇和斗(大和ジム)判定3-0×湯本剣二郎(KICK LIFE)  1R、湯本が右カーフ、和斗はローからパンチにつないで手数で上回る。2R、和斗が右ストレートでぐらつかせる場面もあり、判定勝ち。 [nextpage] ▼第3試合 KICK -45kg フィーチャーバトル 2分3R延長1R×REN☆SEI(MEIBUKAI)延長R 判定1-2 〇片山 魁(TEAM FORESUT)※本戦の判定は0‐1。  1R、スピード溢れる攻防の中、片山は右ストレート、RENはミドルで対抗。本戦はドローとなり、延長Rへ。左ミドル、右ストレートと何度かヒットさせた片山が接戦を制した。 [nextpage] ▼第2試合 KICK -85kg フィーチャーバトル 2分2R〇オリベイラ(ブラジリアンタイ)KO 2R 1分4秒×TAKUYA(№3)  序盤からバチバチの打ち合いを見せる両者。1R、オリベイラが右ストレート、2Rには右ストレートとボディへのヒザ蹴りでダウンを奪いKO勝ちした。 [nextpage] ▼第1試合 KICK -60kg ブレイクバトル 2分2R×ANN (フリー)KO 2R 1分52秒〇ゆっちゃん(TAKU GYM)  BD7のオーディション参加者のANNと、BD7で志築杏里に勝利した原宿系YouTuber・ゆっちゃんの一戦。1Rからパンチを振り回して前進するゆっちゃんが1Rにダウンを奪い、2Rに2回ダウンを追加したところでKO勝ちとなった。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.331
2024年3月22日発売
UFC参戦に向け、ラスベガス合宿の朝倉海。「プロフェッショナル・ファイターの育て方」でチームを特集。『RIZIN.46』鈴木千裕×金原正徳インタビュー、復活K-1 WGP、PFL特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア