MMA
インタビュー

【RIZIN】朝倉海「試合前のメラブを体感できたのは大きい」「パッチーはバケモノだけど共に王者として戦いたい」=5月6日(土)有明で元谷友貴と対戦

2023/05/05 21:05
【RIZIN】朝倉海「試合前のメラブを体感できたのは大きい」「パッチーはバケモノだけど共に王者として戦いたい」=5月6日(土)有明で元谷友貴と対戦

(C)ゴング格闘技

 2023年5月6日(土)東京・有明アリーナ『RIZIN.42』のメインイベントのバンタム級(5分3R)で元谷友貴(フリー)と対戦する、元同級王者の朝倉海(トライフォース赤坂)が本誌個別インタビューに応じた。

 朝倉は右拳の手術を経て、2021年大みそか以来、1年5カ月ぶりの復帰戦。対する元谷は、2022年大みそかに元UFCのホジェリオ・ボントリンを2R KOに下し、5連勝中。

 朝倉vs.元谷の勝者と、同日に行われる同階級の井上直樹vs.フアン・アーチュレッタの勝者同士が、7月さいたまで王者決定戦に臨むバンタム級の“見えないトーナメント”に、朝倉はいかに臨むか。

 2021年の大晦日のバンタム級GPでは、渡部修斗、アラン“ヒロ”ヤマニハ、瀧澤謙太を撃破も、決勝で扇久保博正に判定負けで優勝ならず。今回の元谷戦までに手術と2度の米国合宿を経て、復帰戦に臨む。

 UFC世界バンタム級1位のメラブ・ドヴァリシヴィリ、Bellator同級王者になる直前のパッチー・ミックスとのラスベガスでのスパーリング。さらにシンジケートMMAで出会ったフランス人コーチのエリー・ケーリッシュとのトレーニングは、朝倉海に何をもたらしたのか。

 YouTuberとしても成功を収める朝倉は、大一番に向け、「僕の人生の一番の優先順位は格闘技。格闘技でトップにならなきゃいけない」と決意を語った。

エリーコーチはタイミングや連動を教えてくれた

ーー米国ラスベガスのシンジケートMMAで出会ったフランス人コーチのエリー・ケーリッシュトレーナーと朝倉未来選手がセコンドで試合に臨むようですね。散打ベースで元MMAファイターのエリートレーナーはグレッグ・ジャクソンのもとで修行し、GSPとも交流があったそうです。散打ベースの彼のミットはいかがですか。

「エリーはMMAファイターとして21歳で腎臓病を患いドクターストップで引退したんですけど、ラスベガスのシンジケートジムを訪れた際にちょうど同じタイミングで彼もトレーナーとして腕を磨くために来ていて。そこでエリーの方から『君のコーチをしたい。ミットを持ちたい』と言ってくれて。知らなかった技術を教えてもらったりとか、彼の知識量や技術量に驚かされて、いま僕に必要な人だと感じて、今回の試合のチームにと声をかけました。

 彼の蹴りのミットもそうですし、何と言ったらいいのかな、タイミングですね。“こういうときにこの攻撃を出せばいい”というタイミングとか、あとはコンビネーションだったり身体の位置というのがすごく連動しているのがいいです」

ーー打ち方よりもMMAとして次の動きに連動しているのがいいと。

「はい。それに距離感も。僕が苦手だった部分をすごく詳しく見て、こう直した方がいいとアドバイスして教えてくれてそこからかなり伸びましたね」

ーーミット打ちを拝見しましたが、コンビネーションも多彩でした。ワンツーから関節蹴り、ジャブから関節蹴りなど、散打ベースからか独特な動きのように感じました。

「たしかに。彼のアイデアもあるし、あるUFCファイターの動きを採り入れていて、それがその選手の体型やスタイルに合うか。彼は本当にめちゃめちゃ頭がよくて研究熱心なので、世界中の選手の映像を見ていて、いい技があったら研究して教えてくれるんです。

 たいてい有名な選手には有名なコーチがすでについてて、彼自身も腕はあるけど、ちょうど新たな選手を探しているところだったのが良かったです」

ーー米国での練習を持ち帰り、トライフォース赤坂のフルケージで練習していると。

「すごくいい練習が出来ました。アメリカで吸収したことをここで試すのと、エリーコーチもきてくれて実際に動きを見ながらアドバイスくれて。毎日毎日悪い部分は改善していい部分は伸ばしていくという」

ーーそういえば、今日は堀江圭功選手の姿も見られました。組むこともありますか。階級が変わってましたが(笑)。

「いやあ堀江くんどうなんですかね、デカいですからね、大きすぎるからやらないかもしれない(笑)」

──ともあれ、米国から続いて日本での直前の動きをチェックしてもらえるのは安心ですね。

「はい。自分が米国で感じたのは、向こうの選手は対戦相手の分析をものすごいやってるなっていうことでした。コーチと選手が一緒に映像を見ながら話したり、その対策練習をずっとやり続けたりとか。

 メラブ(ドヴァリシヴィリ=現UFCバンタム級1位)選手も試合直前まで相手の試合映像見て、『直前でも分析した方がいい』と教えてもらって。メラブの試合への向き合い方はとても刺激になりました。僕も今までも分析はしていたんですけど、今回はコーチとともにかなり分析してきましたね。僕の目線での分析とセコンド目線の分析をお互い出し合って、完璧なものにできたと思います」

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント