MMA
ニュース

【RIZIN】斎藤裕、3度目の決着戦は「僕と朝倉未来選手が目指している方向が違うような気がするのでどうなんだろう」=全コメント

2023/04/30 05:04
 2023年4月29日(土)東京・国立代々木競技場第一体育館『RIZIN LANDMARK 5 in YOYOGI』の第8試合フェザー級(66.0kg)5分3Rで、平本蓮(剛毅會)に判定2-1で勝利した斎藤裕(パラエストラ小岩)が試合後インタビューに答えた。  2021年6月のヴガール・ケラモフ戦以来となる勝利、2022年4月以来の復帰戦で斎藤が味わったものとは何か。 格闘技っていいなって思ってしまったので、対戦相手に感謝 ――試合の感想は? 「勝った、嬉しい、って感じです」 ――約2年ぶりの勝利、振り返ってみて。 「本当に試合のたびにいろいろあったなと思いますけれど、今日勝ったので目の前が晴れて見えます」 ――試合で対峙してみての平本選手の印象は? 「彼が取り組んでいる空手スタイルと向き合って感じたのと、組み技とかもしっかり練習してきているなと思ったので、昔練習した時よりは全然強くなっているなと思いましたね」 ――今後の展望は? 「次の試合はとりあえず1年後でいいかなと思ってはいるんですけれど、相談しながら決めていきたいなと」 ――テイクダウンしても平本選手は立ち上がってきた。その時の心境は? 「テイクダウンディフェンスに特化をしてくるなっていうのは戦前の予想であったので、組みに行く時に自分がいい形で何回か入れたのに、金網を上手く使って立たれた。自分ももう少し詰めが甘かったと思いますけれど、対策練習をしっかりやってきた感じはありましたね」 ――どんな対策練習を? 「金網を背負って僕の組手を切って、多分隙があれば組みでも自分から攻めていく。2Rに1回バックに回られて組みのコントロールがあったと思うんですけれど、あれは想像していなかったと言うか、しっかりやってきたんだなって感じましたね」 ――斎藤選手のワンツーが綺麗に当たっていた。あれも対策だった? 「これがMMAです、って感じなので。平本選手が立ち技でやってきたことは素晴らしいことだと思っていて、立ち技でなくてMMAの試合を今回やっている…ケージでの試合ってことでやっているので、組みがあったり蹴りがあったりいろいろな展開がある中での打撃っていう、自分のMMAの打撃が当たったと思います」 ――組めるなと思ったポイントは? 「1Rの立ち合いで大丈夫かなとは思いましたね。事前に立てていたプランとは大きく違わなかったので。それはタイミングを見て、いけるかなって立ち合いでは感じましたけれど、狙っている感じはあったので機を見ながらという」 ――組む時の頭の位置も打撃を避けるように工夫した? 「彼の打撃が当たるラインはずらしながらって感じですかね。向こうが待ちになってくれたのが今回よかったかなと」 ――試合をしていてもMMAがしんどそうに感じることがったが、この勝利でまた楽しくMMAが出来そうだなって感じは? 「あまり試合を楽しく感じるタイプではないので(笑)。どの試合も毎回流血したり。今回は骨折とかはないんですけれど、やっぱり勝つと景色が変わって見えるし、格闘技っていいなって自分で思ってしまったので、対戦相手に感謝したいと思いますね」 ――平本選手の打撃でひやっとしたものは? 「本当に効いたのは無かったけれど、サウスポーで構えて多彩な、蹴りとかもハイ、ローもそうですし、一発一発に殺傷能力があったというか。そういう意味では気が抜けなかったんですけれど、自分もしっかりブロックしていたのでこれはヤバいというのはなかったですね」 ――プロ5戦目として見るとどうだった? 「自分の5戦目とは全然違うなと思いましたね。これから経験を積んでもっともっと強くなっていくと思うんですけれど、この試合が彼にとってステップアップというか、この試合があったから例えばUFCに行って勝ち上がるとか、そういう試合になってほしいなって希望はあります」 ――次の試合は1年後という意図は? 「毎回ボロボロになるからです。身体がもちません。まあ、冗談ですけれど」 ――平本がSNSで盛り上げていたが、斎藤選手としてはやりやすかったか、やりにくかったか。 「SNSだけで見ると朝倉選手とやった時の方がひどかったので。朝倉選手の熱狂的なファンからの攻撃が凄かったので。それに比べたら大丈夫かなと。対戦相手に感謝ですね。彼のプロフェッショナルな姿勢に自分も救われたところがあるので。自分なりにもいろいろ発信してプロモーションって言うんですかね。やっているつもりではありますけれど、SNSの使い方は平本選手の方が上手ですよね。いろいろな人を惹きつけるという意味では」 [nextpage] クレベル選手を追いかけるってモチベーションは今はないです ――以前一緒に練習したということだが、また練習を一緒にするという可能性は? 「平本選手から言ってくることはないと思いますけれど、言われたら前向きに検討したいと思います(笑)」 ――朝倉選手との3度目の意欲は? 「多分、朝倉選手はクレベル選手の方へ行くと思うので、3回目をやるとしたらまた2人が勝ちを重ねてみんなが本当に望む時に出来たらいいかなと思いますけれど、僕と朝倉選手が目指している方向が違うような気がするのでどうなんだろうと。それくらいで勘弁してください」 ――平本からの練習を受け入れるということは、平本選手との2回目はないということ? 「それは分からないです。意外と階級の流れって早いので、巡り合うかもしれないですけれど。基本的に同階級で当たるかもしれないって選手との練習は気が進まないので、同じ階級の人とガンガンやっていくって感じではないんですよね。なので現実的ではないと思っています」 ――平本選手が上げるかもしれないと思っているからではなく? 「平本選手に関して言うと、僕ではなく違う選手とやった方がいいんじゃないのかなって思いますけれどね。いろいろな組み合わせってあると思うので。フェザー級も個性的な選手が多いと思いますから、今終わってすぐに2回目とかは考えられないかな」 ――平本選手にとっての分岐点になるという試合は出来た? 「本人がそう感じてくれたらいいなって思います。自分は試合で出来ることはやったつもりなので」 ――クレベル選手との戦いの方へ行きたい気持ちはある? 「クレベル選手で言うと僕は機を逃したと思っているので、そこまで彼を追いかけるってモチベーションは今はないです」 ――右目じりが腫れているのはどこでもらったもの? 「多分、ケージ際で組んでいる時にコツコツもらっていたのかな…とは思うんですけれど、ピンポイントで鼻とか目を狙ってきたと思うので、そういうところは上手というか。狙ってやっているのなら凄いと思います。多分、そうだと思います」 ――尻を着かせた動きは相手のパンチをかわしてのカウンターであったことが多かった。平本の打撃が見えていた? 「細かいところで言うと、ボクシングの練習をさせてもらって距離を少し詰められるようになったので。遠間から入ると相手に反応されるというので、ギリギリまで近付いて入ると。テイクダウンだけを見ると自分が距離を制していたのかなって思います。それがハマったと思っています」 ――平本選手がトラッシュトークをしてこなかった。なぜ自分がリスペクトの対象になっているか分かる? 「全く分からないですね(笑)。そういう気持ちを持ってくれていることには、自分は攻撃の対象じゃないんだなって安心はするんですけれど、あまり因縁がないので、SNSでやるっていうストーリーを作るのがなかなか難しいんじゃないかなって思うんですよね。SNSでやり合ったって過去があるならそういう攻撃もあったと思うんですけれど、そういうのがないので…どうなんでしょう、本人に聞いてください(笑)」 ――ある意味、今の格闘家っぽくない、ある意味でトレンドに反しているような部分もあるのかなと思うが、それは意識している? 「元から争いが好きではなく角を立てない感じなので。SNSで暴れるのは体力がいりますよ、本当に。合わない人はやるべきではないと思っているので。病気にはなりたくないですから。今の時代はTwitterとか使える方がいいと思いますけれど、人には向き・不向きがあると思うので、自分がおかしくなってもそれをやり続けるというのもどうなのかなと。あと親が悲しむのであんまり(笑)」 ――ファンへメッセージを。 「ようやく勝つ姿を見せられたのが一番嬉しい。勝ちたくて頑張るんですけれど、自分よりも喜んでくれる人たちが周りにいるので、それに救われますね。ようやく勝つことが出来たので、いつも応援してくれてありがとうございます」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.329
2023年11月22日発売
「UFC30周年/RIZIN大晦日を読む」特集は平良達郎と鈴木千裕のSP対談から! 金原正徳、クレベル、斎藤裕、平本蓮らフェザー級勢も。30P超えの「UFC特集」「立ち技vs.世界」も必見
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント