キックボクシング
ニュース

【NARIAGARI】皇治のオファーに城戸康裕が緊急参戦、対戦相手を一般公募「怪我したくない。RIZINに出られる、という確約があれば」。16カードを発表

2023/01/21 20:01
 2023年2月5日(日)大阪・176BOXで開催される『NARIAGARI』の旗揚げ戦の対戦カード発表会見が1月21日、生配信で行われた。  出場選手として、元K-1ファイターの城戸康裕、平山迅、元WPMF日本フライ級&元蹴拳ムエタイフライ級王者の矢島直弥、MMAから春日井“寒天”たけし(寒天マン)、加藤瑠偉らプロファイターが会見に出席。対戦相手が公募の城戸以外の出場選手のカードが発表された。  2022年12月16日にK-1との契約解除を発表し、今回の会見の最後に登場した城戸は、2時間におよぶ会見を「長げーよ」と一蹴し、試合に出る条件を「RIZIN出場を確約してくれれば」と語った。 「4日、5日前にオファーが来た。エキシビションと聞いてたけど、皇治くんのジムで軽く練習して『スネ当てどうするの?』って聞いたら『生足で』『どれくらい? 2分1R?』『いや3分』とだんだん話が変わってきて、何、俺けっこうちゃんとやらないといけないんじゃん」と、NARIAGARI参戦の経緯を説明した城戸は、「誰でもいいけど、怪我したくないからね。試合の練習とか一切していない。本当に大丈夫かな。どんなのが来るか。皇治くんと仲良くしておけばRIZINに出れるんじゃないという薄汚い考えもあったし、RIZINに出られる、という確約があれば」と、皇治に条件をつけた。  皇治は、「確約というかね、ちゃんとやりますよ。弟の青木真也と同じくらい現役選手で一番長い城戸選手がRIZINのこと言ってくれるならバラちゃん(榊原信行CEO)に交渉します。NARIAGARIからRIZINに行ってくれたら嬉しい。皇治CEO、動きます」と、返答した。  公式YouTubeの概要欄で公募する城戸の対戦相手の条件は「格闘技を3年以上続けていて、74kg以下の選手」であること。1月21日の21時から募集を開始し、24日の21時に締め切る。 [nextpage] 『NARIAGARI』発表カード 2023年2月5日(日)大阪・176BOX ▼キックボクシングルール? 74kg以下城戸康裕TBA(※一般公募) ▼キックボクシングルール バンタム級(54-59kg)“悲しみのチャンピオン”矢島直弥 ※元WPMF日本フライ級&元蹴拳ムエタイフライ級王者“NARIAGARI DREAMER”としぞう 矢島「悔しいというより、ここに来て素人とやる違和感はある。クソガキと言っちゃいましたが、まだまだ伸びれると思っていて、ONEとかで日本代表で戦えると本気で思っているので、ここで知ってもらって駆け上がるために立候補しました。3分3R、5Rがほんとうの格闘技なんで……3分1R、気合が入っているのでいい試合になります」 ▼キックボクシングルール ウェルター級(70-74kg)※3分3R 8オンスグローブで協議中“元K-1”平山 迅“日本一の空手スピリット”晴也 平山「皇治がK-1とも話してくれて、俺自身も円満に円満に片づけることができました。NARIAGARIのコンセプトにピンときた。残り少ない格闘技人生を賭けにきている。その覚悟と意地を見てもらいたい。NARIAGARIのエースになる。格が違う。空手のチャンピオン? 関係ない。キックボクシング一本で、すべて捨てて賭けてきたやつと、道場でやってきたヤツとの覚悟の、レベルの差を見せつけて潰してやろうと思います。(今後は)いまこの2月5日の対戦相手を見ていなくて、成り上がるために、海外の強い選手とやったり、ベルトを賭けて戦うのが目標。空手家でもキックボクサーでもホンマに強いヤツと戦いたい。誰でも。(世界で戦いたいのになぜK-1を辞めた?)何かやるためには何かを犠牲にしなくてはいけない。自分の試合は3分3R、8オンスでお願いしたいです(皇治「いろんな形があっていい。想いは汲みます。選手同士が望むなら協議する」)」 晴也「NARIAGARIでいちから頑張らずにK-1出たらいいやん」 ▼キックボクシングルール ライト級(65-69kg)“元RIZIN・HEAT”寒天マン ※春日井“寒天”たけし“成り上がり貴公子”勇弥 寒天「こうやって人の前で戦うのはほんとうに緊張するし、逃げたくなるくらい怖いもの。2月5日は町民の力を借りて一生懸命頑張ります」 ▼キックボクシングルール ライト級(65-69kg)“おカッパYouTuber”ジャックポットしんり“家族想いの童顔アウトロー”悦司 ▼キックボクシングルール バンタム級(54-59kg)“成り上がりフィンガー”悠里“BAD PRINCE”元太郎 ▼キックボクシングルール ウェルター級(70-74kg)“挑戦する経営者”笠原 翔“淀川のビッグマウス”朝倉豊樹 ▼キックボクシングルール フェザー級(60-64kg)“KRAZY BEE”加藤瑠偉“戦うシングルファーザー”吉田 仁 加藤「自分には格闘技しかないです。生きるためにこれからも格闘技を続けていきます。仲間にもいいバイブスを与えます。(身長差20cmは)気合でガンガン行きます」 ▼キックボクシングルール ヘビー級(80kg)“北陸の怪人”SANTE“九州の成り上がり特攻隊長”朝太 ▼キックボクシングルール フェザー級(60-64kg)“姫路の伊達男”レイヤ“鈴鹿の喧嘩番長”快成 ▼キックボクシングルール フェザー級(60-64kg)“成り上がりボーイ”来希“下町のお祭り漢”輝 ▼スタンディングバウト(ボクシング)ルール ライト級(65-69kg)“無勝のシンデレラボーイ”雄貴“京都の病み上がりファイター”忠地啓太 ▼キックボクシングルール ミドル級(75-79kg)“戦う電気工事士”駿之介“北関東”布施勇貴 ▼スタンディングバウトルール ウェルター級(70-74kg)“千葉のMONEY 柔道王”RYOYA“止まらないアウトレイジ”大嶽伸次 ▼キックボクシングルール フェザー級(60-64kg)“玉無し・竿無し・急所無し”オナベの進一 vs.“玉無し・竿無し・急所有り”太極拳松村 ▼NARIAGARI BOX ファイトウェルター級(70-74kg)“NARIAGARI BOXの重鎮”マナブ vs.“戦う売れたい芸人”悠 ▼NARIAGARI BOX ファイトバンタム級(54-59kg)“西の雑草野郎”豆塚礼崇 vs.“施設育ちの荒くれ者”幸輝
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.324
2023年1月23日発売
特集は、2022年ベストバウト&2023年期待のファイターによる「初夢コンボを語ろう!」。那須川天心と名勝負を繰り広げ、2023年始動が決まった武尊と吉成名高も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア