MMA
ニュース

【Bellator】ヒョードルvs.ベイダーのCBS大会でエブレンvs.トコフのミドル級王座戦、モーリーvs.イサエフのヘビー級無敗対決、ラーキンvs.ベルハモフの再戦、コールドウェルvs.ミハイロフほか6つの米露対決、女子フライ級でアヴサラゴワvs.ララも=2.4『Bellator 290』

2023/01/07 13:01
 2023年2月4日(日本時間5日)に米国CBSネットワークテレビジョンが13年ぶりにMMAを生放送する『Bellator 290: Bader vs. Emelianenko 2』(米国カリフォルニア州イングルウッドのキア・フォーラム)の追加カードが7日、発表された。  エメリヤーエンコ・ヒョードル(ロシア・46歳)の引退試合にしてリベンジマッチ、そしてヘビー級王者ライアン・ベイダー(米国・39歳)にとって3度目の王座防衛戦となるメインイベントの王座戦のほか、14カードが発表となっている。 【写真上】モウリー(左)は2022年8月の前戦でワレンティン・モルダフスキーと対戦もアイポークを受けてNCに。(C)Bellator 【写真下】PFL2019年シーズン覇者のイサエフは3年2カ月ぶりの復帰戦。(C)PFL  ヘビー級では、スティーブ・モウリー(米国)と。アリ・イサエフ(ロシア)が対戦。30歳のモウリーは2022年8月の前戦でワレンティン・モルダフスキーと対戦もアイポークを受けてノーコンテストに。対する39歳のイサエフは2019年のPFLヘビー級でデニス・ゴルソフを残り1秒で右フックでダウンを奪ってのパウンドで逆転TKO勝ちして以来、3年2カ月ぶりのMMA復帰戦となる。  ウェルター級では、元コンテンダーのロレンツ・ラーキン(米国)が、15勝1敗のムハメッド・ベルハモフ(ロシア)と7月のノーコンテスト(※ラーキンの後頭部へのヒジでベルハモフが続行不可能)以来の再戦。10月大会で元LFA同級王者ジャリール・ウィリスを初回ギロチンチョークで一蹴している元ACBの強豪は、元UFCのラーキンに対しても怪物ぶりを発揮できるか。  また、元バンタム級王者のダリオン・コールドウェル(米国)が、9勝2敗のニキータ・ミハイロフ(ロシア)と対戦。  堀口恭司に2連敗したコールドウェルは、その後フェザー級でヘンリー・コラレスとアダム・ボリッチに勝利も、AJ・マッキーに一本負け。バンタム級に戻してもレアンドロ・イーゴ(※イーゴの体重超過で62.36kgのキャッチウェイト戦)にスプリット判定負け、2022年1月の前戦でエンリケ・バルソラに3R TKO負けで3連敗中。  対する24歳のミハイロフは、MMA5連勝から2022年4月にバルゾラに判定負けを喫しており、ともにバルゾラに敗れた者同士、トップ10入りを目指す戦いとなる。  6つの「米露対決」が組まれたCBS大会。  コ・メインでは、2022年6月にゲガール・ムサシに5R判定勝ち、12連勝でBellator世界ミドル級王座についたジョニー・エブレン(米国・31歳)が参戦。同級3位のアナトリー・トコフ(ロシア・32歳)と対戦する。  ATTのレスラー・エブレンに対し、MMA31勝3敗、7連勝中のトコフは、2015年にRIZINにも参戦(AJ・マシューズに1R KO勝ち)したヒョードル門下生。コンバットサンボをベースに17のKO・TKO勝ち、7つの一本勝ちを誇る。メインに繋がる米露対決でミドル級のベルトを巻くのは無敗のエブレンか、ベテランのトコフか。  ほかメインカードではウェルター級でATTで2連勝中のサバ・ホマシ(米国・8位)と、同じく2022年に2連勝のブレナン・ワード(米国)が対戦。  1月に元LFAの難敵ジャリール・ウィリスを肩固め、6月にメイコン・メンドーサを右オーバーハンドで、いずれも初回フィニッシュしているホマシにとって、同大会に出場する7位のネイマン・グレイシー(ブラジル)より内容で上回りたい2023年初戦だ。 [nextpage] スーパーモデルのアヴサラゴワが元ランカーのララと対戦  また、プレリミナリーでは、渡辺華奈(日本)が参戦中の女子フライ級で、MMA5戦無敗・Bellator3連勝中のダイアナ・アヴサラゴワ(ロシア)と、9勝6敗のアレッハンドラ・ララ(コロンビア)が対戦。 “スーパーモデル”級の体躯を誇るアヴサラゴワはこれまで育成マッチで連勝も、元ランカーとの対戦は初。元同級4位で渡辺華奈、ディアンナ・ベネット、イララ・ジョアン相手に3連敗中のララを相手に真価が問われるフライ級戦だ。  同じくプレリミナリーでは、ジャクソンウィンクMMAのレスラー、イザイア ・ ホキット(米国)とピーター“ワサビ”イシグロ(米国)のフェザー級戦も組まれている。 ◆BELLATOR 290:BADER VS.FEDOR 2MAIN CARD:Heavyweight World Title Main Event: #C-Ryan Bader (30-7, 1 NC) vs. #3-Fedor Emelianenko (40-6, 1 NC)Middleweight World Title Co-Main Event: #C-Johnny Eblen (12-0) vs. #3-Anatoly Tokov (31-3)Welterweight Bout: #8-Sabah Homasi (17-10) vs. Brennan Ward (16-6) PRELIMINARY CARD:Welterweight Bout: #7-Neiman Gracie (11-4) vs. Michael Lombardo (13-3, 1 NC)Welterweight Bout: #8-Lorenz Larkin (24-7, 2 NC) vs. Mukhamed Berkhamov (15-1, 1 NC)Featherweight Bout: Henry Corrales (20-6) vs. Akhmed Magomedov (10-0, 1 NC)Heavyweight Bout: #5-Steve Mowry (10-0, 1 NC) vs. Ali Isaev (9-0)Lightweight Bout: Chris Gonzalez (7-2) vs. Max Rohskopf (7-1)Light Heavyweight Bout: #6-Grant Neal (7-1) vs. #9-Karl Albrektsson (13-4)Flyweight Bout: Alejandra Lara (9-6) vs. Diana Avsaragova (5-0)Bantamweight Bout: Darrion Caldwell (14-6) vs. Nikita Mikhailov (9-2)Bantamweight Bout: Jaylon Bates (6-0) vs. Jornel Lugo (8-1)Featherweight Bout: Isaiah Hokit (2-1) vs. Peter Ishiguro (2-1)Welterweight Bout: Ethan Hughes (3-0) vs. Yusuf Karakaya (1-0)
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.325
2023年3月23日発売
「K-1 30周年」ホースト&アーツのレジェンド対談、魔裟斗×小比類巻貴之×武田幸三のMAX鼎談、新世代王者たち、K-1名勝負50選など30年の歴史とこれからを徹底特集。「RIZIN開幕」など春の格闘技特集も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント