キックボクシング
ニュース

【RISE】緑川創がRISEラストマッチに「この気持ちを全て感謝として試合にぶつける」初参戦リカルド・ブラボは「負けるポイントがないですね」

2022/12/09 17:12
 2022年12月10日(土)東京・後楽園ホール『RISE 163』の前日計量&記者会見が、9日(金)都内にて14:00より行われた。  セミファイナルのミドル級(-70kg)3分3R延長1Rで対戦する、緑川創(RIKIX/同級2位)は69.95kg、リカルド・ブラボ(WSRフェアテックス/元新日本キックボクシング協会ウェルター級王者)は69.8kgでそれぞれ計量をパス。  続いての会見で初参戦のブラボは「RISEで最初の試合なので、RISEファンの皆さんは僕の顏を知らないと思いますが、今回いい試合をしてめちゃくちゃ強い選手と戦って僕の顏を忘れられない試合をします」と、この試合で印象付けるとする。対する緑川は「RISEラストマッチなので勝ってRISEを卒業したいと思います」と有終の美を飾りたいとコメント。  ブラボに自分のストロングポイントを聞くと「それは全部です。パワーがある、スピードもある、リーチは長い、バランスもいい。負けるポイントがないですね。でも顏なら緑川選手の方がイケメンかな(笑)。分からないですけれど」と、自信たっぷりの中にジョークも交えて笑いをとる。そのうえで「もちろん(同じ団体出身の)先輩としてリスペクトしています。めちゃくちゃ強い選手なのでいい試合が出来ると思います」とした。  一方、緑川は「どうもイケメンです(笑)」と挨拶した後、ブラボについて「イケメンだし、顏も小さいし、気合いが入っている感じでした」とし、RISEでのラストマッチになることには「自分がRISEに出てからの一番の思い出は、RIKIXに来てから初戦というのもありましたし、この気持ちを全て感謝として試合にぶつけたいと思っています」と、試合で恩返ししたいとする。  そしてブラボは「明日はRISEでの最初の試合。みんなは試合やる時に自分のことしか考えてないと思うけれど、僕はこの5年間、家族にご飯を食べさせるために練習を頑張ったので、家族全員の強さを見せます。緑川選手はめちゃくちゃ強いし、いい試合ができると思っている。お互いベストパフォーマンスだと思うからいい試合を見せます」と、現在もアルゼンチンの治安が悪い地区に住んでいるという家族のために戦うと話す。  緑川は「明日はRISEラストなので自分の生き様を見せて、緑川創を使ってよかったと思ってもらえる試合をします。ブラボはいいヤツなので最高の試合を見せて、ここで試合が出来るのも感慨深いので楽しみにしていてください」と、RISEでの最後にふさわしい試合を見せると約束した。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.324
2023年1月23日発売
特集は、2022年ベストバウト&2023年期待のファイターによる「初夢コンボを語ろう!」。那須川天心と名勝負を繰り広げ、2023年始動が決まった武尊と吉成名高も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント