MMA
インタビュー

【Bellator】王者ストッツとGP準決勝で対戦するATTのサバテーロ(後篇)「まったくもってキョージは漢だぜ!」=12.9『Bellator 289』

2022/12/08 12:12
 2022年12月9日(日本時間10日)、米国コネチカット州アンカスビルのモヒガンサン・アリーナにて、『Bellator 289: Stots vs. Sabatello』が開催される。  日本ではU-NEXTで生配信される同大会で、優勝賞金100万ドル(約1億3700万円)の「Bellatorバンタム級ワールドGP」準決勝2試合が行われる。  メインカードでは、現バンタム級暫定王者のラウフェオン・ストッツ(米国)とダニー・サバテーロ(米国)がGP準決勝および同級暫定王座戦(5分5R)を争うほか、もうひとつの準決勝でマゴメド・マゴメドフ(ロシア)とパッチー・ミックス(米国)が決勝進出をかけて対戦する。  大晦日にRIZINとの対抗戦に臨むBellator勢を知るには必見の今大会。本誌『ゴング格闘技』NO.321では、このベスト4から、ATTで堀口恭司と同門のダニー・サバテーロにインタビューを行っており、今回のGPの大一番に向けて、前篇に続き、後篇を特別公開する。  堀口がミックスに判定負けし、まさかの初戦敗退となったGPで、ファンの間で最大のヒートと注目を集めているのが、代打出場枠から勝ち上がったこのサバテーロだ。彼はなぜ一躍主役の座に躍り出ることができたのか? このインタビューを読めば理解できるだろう(text by Horiuchi Isamu)。 立ち技の間合いについて学ぶなら、キョージこそ手本にすべき存在だ (前篇からの続き) ──サバテーロ選手は、レスリングで大学スポーツ最高峰、NCAAディヴィジョン1に属し、ジョン・フィッチも輩出したパーデュー大学で活躍されましたね。 「でも大学を卒業した瞬間に、俺の心はすぐにファイティングの方に移ったんだ。まずは地元のシカゴに戻ってトレーニングを始めたんだけど、超一流と言えるジムはなかった。だからここは思い切った決断をして、世界最高最大のジムに入らなければと思った。つまりフロリダのATTだ。結果的に全てがうまく行き、本当に幸運だったと思っているよ。向こうも俺を気に入ってくれたし、俺もATTは最高だと思っているからな。  世界ベストのコーチから学べて、ベストのチームメイトとトレーニングができる。こんな環境で戦うならもう言い訳はできない。もし試合に負けたら全て俺自身の責任だよ。ATTには俺が必要としている全てがある。そして俺は今現在、世界のバンタム級のベストだと信じているよ。だから俺が試合の日にやるべきは、そのことを証明するだけだ。ミスを犯してKOされてしまわないように戦うことでな」 ──学生時代からMMAで戦いたかったということですが、当時のあなたの一番好きなMMAファイターは誰でしたか? 「クレイ・グイダかな。俺の地元シカゴが産んだ選手だから。そして俺がシカゴで通っていたレスリングクラブ、イジースタイル・レスリングのコーチであるイスラエル・マルティネスもMMAファイターにレスリングを教えていた。だからクレイもジムにやってきて練習してたんだよ。俺もクレイと仲良くなっていろいろ教えてもらい、憧れたんだ。尊敬するクレイの試合を見るのは本当に楽しみだった。  あと面白いのは、俺はマイク・ブラウンのことも当時から好きだったんだよ。このスポーツのレジェンドの一人だ。そんな人がATTで俺のヘッドコーチになってくれて本当に胸が躍ったよ。今でもマイクとは毎日話しトレーニングし、彼から学んでいるんだ。こんなふうに人生が展開してゆくなんて最高だぜ」 ──MMAレスリングコーチとしても名高いイジー氏から、学生時代にレスリングを教わってたんですね。 「そう、世界最高のレスリングコーチだよ。特にハイスクールレスリングでは全米王者たちを育てているんだ。イジーはアルバカーキのジャクソンズMMAにも指導に行き、ジョン・ジョーンズら世界王者にレスリングを教えていた。今でも仲良くさせてもらっているんだよ。こないだまで地元のシカゴに戻っていたんだけど、その時も数回レスリングの練習に参加したんだ。これからもイジーは俺のナンバーワンレスリングコーチであり続けるよ」 ──学生時代からMMAファイター志望だったあなたは、当時からMMAについてイジー氏と話してたりしましたか? 「もちろんだ。大学時代にもMMAファイターになりたくて、退学してアルバカーキのジャクソンズMMAに参加しようかとイジーに相談したことがあった。あそこも当時は世界最高のMMAジムだったから。でもイジーは俺に言ったんだ。『その時はいずれ来るから、今は我慢しなさい。今はレスリングに集中してできる限りの成果を出すんだ。時が来てからMMAに転向すればいい』ってね。  面白いことに、俺は学生時代ずっとジャクソンズがあるアルバカーキに行きたかったんだよ。でも結局、ATTのあるこの南フロリダにやってきた。結果として本当に良かったぜ。今ジャクソンズMMAがどうなってるか見てみろよ。優れたファイターの多くがもうあそこでは練習してないよな」 ──内紛等があり、ドナルド・セラーニやジョン・ジョーンズら有名ファイターが離れたりしていますね。 「その点、ATTは、長年に渡って世界最高のジムであり続けているからな」 ──日本においてあなたは、そのATTにおける堀口恭司選手のスパーリングパートナーとしても知られています。特にレスリング面において、堀口選手はあなたとの練習が大いに役立っていると。 「まったくもってキョージは漢だぜ! あまり多くの人が知らないことだけど、俺がプロデビューして最初の5試合、彼はセコンドに付いてくれたんだ。俺がATTに参加した当時もっとも多く練習させてもらい、一番仲良くなった一人だよ。  もちろん今でも仲がいいし、だから俺たちが同じGPにエントリーされたのは残念でもあった。それで最近は少しだけ一緒に練習するくらいだったんだけど、今回キョージは(敗退して)もうトーナメントにいないから、これからは毎日一緒に練習できる。俺とキョージの友情は一生続く。キョージはこの前パッチー・ミックスに負けてしまったけど、いずれやり返せるはずだ。キョージがケージに復活する日を楽しみにしているぜ」 ──あなたは立ち技において、他のレスリング出身者に比べるとずいぶん遠い間合いを保ちますよね。そこにはやはり遠い間合いからの打撃戦を仕掛ける堀口選手の影響があるのではと思ったのですが。 「そうだ。俺は間合いについてまさにキョージから学んだんだよ。MMAにおいては間合いこそ全てさ。キョージはカラテ・スタイルのブリッツ・テクニックで飛び込んで攻撃するために遠い距離を保つ。俺の場合はスタイルは少し違っているけど、距離を遠く取る点では共通している。  俺はおそらくバンタム級では一番背の高いファイターの一人だから、リーチを活かして戦うために距離を保つんだ。そういう細かい違いはあるけど、立ち技の間合いについて学ぶなら、キョージこそ手本にすべき存在だと俺は分かっているんだよ。彼こそMMA界でベストの立ち技ファイターだからね」 [nextpage] ラフェオン、俺との戦いはお前にとって悪夢そのものとなる。決勝に上がってくるのは── ──堀口選手以外にも、ATTには世界中からトップファイターが集まってきますよね。軽量級の逸材として注目を集めているダゲスタン出身の英国人ファイター、ムハンマド・モカエフ(UFC3連勝中の22歳)選手もUFC2戦目の準備をATTで行ったそうですが、一緒に練習をされたことは? 「何度かしたよ。本当にナイスキッドだな。試合が近くなってからはATTにはいないけどね。すでにすごく強いし、今後さらに凄い選手になっていくだろうね。ATTにとっても、彼のような選手を迎えることができるのはいいことだ。ATTが最高なのは、こうやって毎週のように凄い選手が練習に来ることだよ。俺たちは彼を大歓迎したし、彼もすごく礼儀正しくて、ATTで練習するのがどういうことかを分かっていた。 【写真】「英国の平良達郎」とも言われるMMA8勝無敗のUFCフライ級モカエフ。(C)Zuffa LLC/UFC  ただ、他のところでは無敵の存在であっても、ここでは次々と世界王者クラスの選手と練習することになるんだ。まずアドリアーノ・モラエス(元ONEフライ級王者)と、次にペドロ・ムニョス(UFCバンタム級9位)と、その次はマルロン・モラエス(元UFC・現PFL)って具合だ。もうとんでもない状況さ。そういう場所にやってきたんだから、この世界で大きな成功を収めるだろう」 ──話をGPに戻しますが、あなたがラフィオンに勝った場合、決勝で当たるのはマゴメド・マゴメドフとパッチー・ミックスのどちらになると思いますか? 「そうだな。俺がスタッツをぶちのめした後に戦うのは……おそらくマゴメドフだろうな。正直あまり気にしてないし、確信もないんだけど、あえて予想するなら、だ。パッチーのことはそこまで評価していないんだよ。バックをとってボディトライアングル(四の字フック)を入れたらすごく強いけど、その状況以外では、Bellatorバンタム級のほとんどの選手が奴より手強いと思うぜ。もちろんあの体勢を取られたら厄介だけど、そこさえ避けることができれば、  マゴメドフにとってイージーな試合になるんじゃないか。ただ、パッチーとキョージの試合みたいなこともあるからね。俺はパッチーがあんなに何度もキョージのバックを奪うなんて想像していなかったよ。だからあんまり確信はないんだけど、おそらく俺が決勝でやっつけるのはマゴメドフだろうなと思うよ」 ──ミックスが堀口選手に判定勝利を収めたことは驚きだったと。 「100%サプライズだ。キョージの勝利は鉄板だと思っていたよ。でもな、ファイティングってのは本当にクレイジーなんだ。ほんの一瞬、手の位置を間違えただけでKOされることもあれば、ほんの少し首を滑らせることでチョークを極められてしまうこともある。ときには、単についていなかっただけ、としか言いようのない負け方をしたりするんだ。  誰がいつ誰に勝ってもおかしくない。本当にクレイジーでアナーキーで、他のどのスポーツとも異なっているんだ。なあ、たった一つの小さな打撃で全てが変わってしまうこともあるんだ。みんなそこが分かっていない。テレビの画面から見えることが、試合で現実に起きていることとは全く異なっていたりするんだ」 ──なるほど。 「とにかくあの試合は驚きだったし、二人が100回戦ったらキョージが99回勝つと思う。でもあの夜だけはパッチーが勝ってしまったんだ。ショックだったけど、ある意味俺はワクワクしてもいるぜ。もし奴が決勝に上がってきたら、俺がATTとして借りを返すことができるからな。  まあそれはボーナスってだけで、俺としてはマゴメドフに勝つのもパッチーに勝つのもどっちでもいい。どっちが上がって来てもぶちのめすし、マゴメドフを倒したらパッチーに、パッチーを倒したらマゴメドフにいずれ喧嘩を売るよ。俺のキャリアは始まったばかりだし、全ての選手を倒したい。それぞれいつ餌食にするかが異なるだけだ」 ──その他、GP優勝後に闘いたい相手と言えば……。 「そりゃ、100%セルジオ・ペティスだな。俺に言わせればあいつは完全なるゴミ野郎だぜ! あんな奴が王者だって? まったくどうやって奴がキョージ相手にあんな幸運を得たのか理解すらできねえよ! それまで20分間、キョージが完全にドミネイトしていた。そこであんなラッキーノックアウトが起こるなんてな。だから絶対に奴とは闘いたいと思っているよ。単にATTやキョージの借りを返したいというだけじゃない。俺ならあいつを絶対的にボコボコにできるからだ。スタイル的にも俺には絶好の相手だ。グラウンドも大して上手くないし、1Rでフィニッシュできると思うぜ。  タイトルマッチでこのダニー・サバテーロがセルジオ・ペティスを1Rで倒したら、でっかい話題になるしな。奴はオンラインで俺のことを煽ってきやがりもしてるんだ。奴の兄(アンソニー)も俺を罵りやがる。だからセルジオ・ペティスをぶちのめして黙らせてやるのを楽しみにしているよ。本当に楽しい試合になるぜ。その後は全員まとめて相手にするつもりだけど、まずGP優勝後に狙うのはセルジオだ」 ──改めて、次に対戦するラフェオンにメッセージを送るとすれば? 「ラフェオン、お前が今これだけ注目されているのは間違いなく俺のおかげだろ? 俺は感謝されて当然。お前はもはや絶体絶命だ(absolutely fxxked)。お前のスキルなぞ俺にはまったく及ばない。全ての点で俺はお前とはレベルが違う。スピードもリーチも頭脳もコンディショニングも。俺との戦いはお前にとって悪夢そのものとなる」 ──ロングインタビューをありがとうございました。最後に、日本ではU-NEXTを通して、あなたの試合を観る日本のファンにメッセージを。 「日本のファンのみんなは大好きだぜ! 賢くて多くの知識を持ち、ちゃんとこのスポーツを理解してくれているからな。日本のファンこそ世界でベストだと思っているよ。ぜひ今回の試合をで観て、今後も俺に付いてきてほしい。このGP優勝はバンタム級の世界最高の選手であることの証しだ。必ず頂点に上りつめる。これからどんどんでっかくなって、すごくエキサイティングなことになるから、見ていてほしい。サンキュー!」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.324
2023年1月23日発売
特集は、2022年ベストバウト&2023年期待のファイターによる「初夢コンボを語ろう!」。那須川天心と名勝負を繰り広げ、2023年始動が決まった武尊と吉成名高も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント