MMA
レポート

【ONE】ヘビー級暫定王者マリキンがライトヘビー級王者デ・リダーをKO、二階級制覇。ルオトロ兄弟が勝利、注目のソルディッチvs.ラマザノフはNCに、ザンボアンガがホーチンとの接戦制す

2022/12/03 09:12
 2022年12月3日(土・日本時間)午前10時から『ONE FIGHT NIGHT 5: DE RIDDER VS. MALYKHIN』(ABEMA配信)が開催された。同日19時30分からの『ONE 164: PACIO VS. BROOKS』とのWヘッダー大会の一部となる。   なお、同大会で行われる予定だった「ONE女子ムエタイ・アトム級選手権試合」 として予定されていた王者アリシア・エレン・ホドリゲス(ブラジル)vs.挑戦者ジャネット・トッド(米国)の試合は、トッドが新型コロナウイルス陽性により延期となっている。 ONE FIGHT NIGHT 5: DE RIDDER vs. MALYKHIN 速報 12月3日(土・日本時間)午前10時~ 【メインカード】 ▼ONE世界ライトヘビー級(※102.01kg)選手権試合 5分5R×ライニア・デリダー(オランダ)王者 217.25ポンド/1.0083[1R 4分35秒 KO] ※右ボディから右フック→鉄槌〇アナトリー・マリキン(ロシア)挑戦者 ※ヘビー級暫定王者 223.50ポンド/1.0057※マリキンが新王者に  メインイベントの「ONE世界ライトヘビー級(※102.01kg/225ポンド)選手権試合」(5分5R)で同級王座防衛戦に臨むライニア・デリダー(オランダ)が、217.25ポンド(98.54kg/1.0083)で計量およびハイドレーションテストをパス。  挑戦者アナトリー・マリキン(ロシア)も223.50ポンド(101.37kg/1.0057)でパスし、互いにフェイスオフでは額を突き合わせてガッツポーズを見せた。  ミドル級も併せ、ONE二階級王者のデ・リダーは、ヘビー級のタイトル獲得も視野に、16戦無敗のMMAキャリア上、最大の試練となる一戦に向かう。  16勝中11の一本勝ちを誇るデ・リダーは、公式インタビューで「(マリキンは)がっちりしている。もちろん、自分(193cm)よりずっと背が低い(183cm)が、自分より体重も重いだろう。でも、自分の方が背が高いから大きく感じるだろうし、クリンチでは自分の方が強いだろうから、あまり問題ない。正直に言うと、レスリングに関しても彼はそんなに特別なものは持っていない。前の試合を見たけど、まともなダブルレッグテイクダウンを持っているが、彼がフィニッシュ勝利できるとは思っていない。  特別というわけではないけど、危険な選手だからよく観察して集中しないといけない。右のパンチは強力だ。多少の隙があれば、大きな弧を描く右オーバーハンドで飛び込んでくる。これでよく相手を仕留めている。最初の2分はとても重要だ。彼は強気で出てきてプレッシャーをかけてくるだろう。自分も強く出て、サークルケージの真ん中に出ていくつもりだ。1Rから優勢になるだろう。最初の数秒は爆発的になるから、かなり重要だ」と、序盤に猛攻をさせないことが重要だと語っている。 デ・リダーを追いかけ回して、殴りまくる  対するマリキンは、11勝無敗の現ONE世界暫定ヘビー級王者。正規王者のアルジャン・ブラー(インド)が予定されていたONEヘビー級世界王座統一戦に出場しないことになり、マリキンの試合予定もなくなっていたが、階級を落としてデ・リダーに挑戦することになった。  3連続KO勝利中でフィニッシュ率100パーセントのマリキンは、「こうした挑戦は楽しみだ。デ・リダーは素晴らしいアスリート。サークルケージに共に入れるのは、幸せなことだ。きっと今年一番のイベントになる。自分の最高のスキルと勇気を見せて、いい試合を望む観客を感動させられるように頑張る。自分は勝つつもりだ。壮大な試合になるだろう」と意気込み。  ヘビー級からライトヘビー級への挑戦について、「体調はいい。栄養士と一緒に取り組んでいるし、妻も助けてくれる。休養も取って万全だ。体重は順調に落ちた。フィジカル的には違いがないと思う」と順調な減量を語る。  デ・リダーについては、「柔術がすごい。トランジションは的確だ。16勝0敗という戦績の持ち主で、特に2つのベルトを保持している選手に、明確な弱点があるとは言い切れない。だが、自分だってレスリングが得意だ。僕のバックボーンはフリースタイル・レスリングで、彼が僕をテイクダウンするのは難しいだろう」とグラップリングを評価も、テイクダウンさせないとした。  勝負のカギは、スタンドにあるという。 「強い気持ちで、準備をしっかりとし、よりベルトを取りたいと思っている方が勝つと思う。(11勝0敗で)またフィニッシュできると思う。彼からグラップリングを仕掛けられるかもしれないが、抜け出すつもりだ。ボディと頭を殴って、痛めつける。2R前には試合を終わらせるよ。相手の首を狩りに行く。追いかけ回して、殴りまくる。デ・リダーは5Rのフルラウンド持ち堪えられないと思うよ」。  1R、いきなり組みに行くデリダーが払い腰狙いも投げられないマリキンが離れて右をヒット! 下がるデリダーを詰めるが、デリダーも右差しに。  差させないマリキンが逆に左で差して押し込み。しかし奥襟をつかもうとする柔道ベースのデリダー。それを右で剥がすマリキン。  マリキンはデリダーの組みに右アッパー! さらにデリダーのダブルレッグも切り、組み付きにクリンチボクシングで右アッパーを突く。  右ボディストレートを当てるマリキン。下がるデリダーに右を顔面、さらに右ボディ! くの字に身体を曲げるデリダー。右から左を当て、さらに右も。金網づたいに回るデリダー。  しかし追うマリキンは右ボディを効かせて顔面に右フック! 金網背に崩れ落ちたデリダーに鉄槌を連打で落とし、レフェリーを呼び込んだ。 “とにかく明るい”ヘビー級暫定王者のマリキンは、ライトヘビー級も制し、二階級同時王者に。2本のベルトを肩にかけたデリダーは、「ベストな家族を持っている。コーチたちに感謝します」と語ると、2つの5万ドルのボーナス、計10万ドル(約1300万円)をファイトマネーとは別に獲得。「3つ目のベルトを獲りに行くぞ。英語を勉強します」と笑顔で語った。 [nextpage] ▼ONEサブミッショングラップリング世界ライト級(※77.1kg)王座決定戦 12分1R〇ケイド・ルオトロ(米国)王者 168ポンド/1.0061[判定3-0]×マテウス・ガブリエル(ブラジル)挑戦者 168.00ポンド/1.0031※ケイド・ルオトロが王座初防衛  ケイドは、ADCC2022の77kg級で4試合連続一本勝ちを飾り、19歳9カ月という最年少ADCC世界王者に輝いたONEサブミッショングラップリング世界ライト級王者。ONEグラップリングでは、青木真也に判定勝ち。ウアリ・クルジェフを内ヒールに極めてベルトを巻いた。  対するガブリエルは、チェックマットの黒帯1年目でジアニ・グリッポ、マーシオ・アンドレに勝利しWJJC2019フェザー級を制している。IBJJF世界王者に2度、着衣とノーギで1度ずつ、計2度IBJJFパンアメリカン王者になっている。  いきなり前に出たケイドが、マットに手を着いたタックルのフェイントから片足を引いてから一転、ボディロックテイクダウン! ジャンピングガードで引き込むガブリエルは左足で外掛けデラヒーバ。ベリンボロからヒザを合わせてバックを狙うが、足を外すケイドは右手を掴まれながらも左右にパス狙い。  金網際で足を効かせるガブリエルだが、ケージに押し込みパスを狙うケイド。頭をマット方向に向けたガブリエルに、右足を踏んでストレートフットロックを狙うケイド。  膠着に中央で再開。組みに行くのはケイド。跳びつき引き込みのガブリエル。はたき落とすケイドは側転パス狙いからヒザ十字、ヒールフックへ!  足を抜いたガブリエルに後ろ手に組んで挑発するケイド。再び右足で左足を踏んで足をさばこうとする。防御に徹するガブリエル。ブレーク。  がぶろうとするガブリエルを右に小手を巻き投げようとしたケイド。その腕を下から巻き込もうとしたガブリエル。ケイドはかつぎパス狙いも足を戻すガブリエル。ガードを割って入ろうとするケイドの足を肩口に担いで立ち上がるガブリエル。  カニ挟みを狙うケイド。さらに圧力をかけるケイドは押し倒し、上から高速で回転してヒール狙い! 足を抜くガブリエルはがぶりからギロチン狙いも、片足をサイドに出ているケイドは首を抜くもゴング。  猛攻を仕掛けたケイド。パスさせなかったガブリエルは極めさせずも受けに。判定3-0で王座を初防衛したケイドは、トミー・ランガカーとの対戦をあらためて希望した。 [nextpage] ▼ウェルター級(※83.9kg)5分3R-ロベルト・ソルディッチ(クロアチア)184.25ポンド/1.0070[1R ノーコンテスト] ※ラマザノフのヒザ蹴りがローブロー-ムラッド・ラマザノフ(ロシア)185ポンド/1.0070  ウェルター級注目のONEデビューとなる“ロボコップ”ソルディッチは、KSWウェルター&ミドル級王者。MMA20勝3敗で2018年4月に現在UFC2連勝中のドリカス・デュ・プレシで2R TKO負け以降、負け無しのKSW7連勝のままONEに移籍。  対するラマザノフはダゲスタン出身の27歳で11勝無敗。ONE3連勝は、ベミョンホを1R KO後、手塚裕之に判定勝ち。2021年12月の前戦では元王者のゼバスチャン・カゼスタムをテイクダウンからコントロールして判定勝ち。  1R、ミルコ同様にクロアチア国旗の市松模様のパンツにサウスポー構えのソルティッチ。オーソドックス構えのラマザノフにインローを当てる。ラマザノフはシングルレッグで金網に詰めてテイクダウン。  右で差すラマザノフに、左で小手に巻いて立ち上がり、右手でラマザノフの左手を持ってクラッチをさせなソルティッチ。そこにラマザノフはヒザ蹴りもローブローに。中断。両手を広げて続行をアピールするラマザノフ。  悶絶しながらも正座まで戻すソルティッチは首を振って立ち上がるが、続行出来ず。試合はノーコンテストとなった。 [nextpage] ▼ムエタイ女子ストロー級→130ポンド契約 3分3R×アンバー・キッチン(英国)125.00ポンド/1.0152[判定0-3]〇ジャッキー・ブンタン(米国)130.00ポンド/1.0014 ※ブンタンは減量および水分補給に失敗、賞金の20%をアンバー・キッチンに渡し、130ポンドのキャッチウェイトで試合は行われる  再戦。前回は2017年にキッチンが判定勝ち。キッチンは、ヴィクトリア・リピイアンスカにスプリツト判定負け後、2022年8月の前戦でもディアンドラ・マールティンに判定負け。  ブンタンはONEムエタイで3連勝後、2022年4月の前戦でスミラ・サンデルに判定負け。今回はハイドレーションテストをパスできず、水分補給で体重超過した。  1R、ともにオーソドックス構え。右の蹴りの打ち合いから右を振るブンタンをバックステップでかわすキッチンは左ミドル。しかし前に出るブンタンの左を被弾する。キッチンもワンツーで押し戻し。ブンタンの左ハイをかわす。  2R、懐深くブンタンの左右をスウェイバックでかわすキッチンは前蹴り。ブンタンは出るときに左右をまとめる。かわして右の蹴りのダブルを上下に突くキッチン。右ハイをかわしたブンタンの前進をさばく。  3R、近い距離での打ち合いに出るキッチンだが、この距離はブンタン。左右で前に出て右で押し倒すようにダウンを奪う。  キッチンも顔を背けながら前蹴り右を突くが、ブンタンは左の飛び込みを当てて前に。キッチンは首相撲に行くが突き放すブンタン。  判定は3-0でブンタンが勝利。計量ミスも5年前の敗戦の雪辱を果たした。 [nextpage] ▼ライト級(※77.1kg)5分3R×パク・デソン(韓国)169.75ポンド/1.0195[判定1-2]〇ローウェン・タイナネス(米国)168.75ポンド/1.0122  ハワイ出身らしくイズラエル・カマカヴィヴォオレで入場したタイナネス。MMA10勝1敗で2020年12月の前戦でマラット・ガフロフにスプリツト判定負け。2年ぶりの復帰戦。  パクは11勝3敗。5連勝後の2022年4月にアブラオ・アモリムにTKO負けからの再起戦となる。  1R、サウスポー構えのパクの左ハイに、タイナネスはオーソドックス構えから右ストレートを狙う。左インローを打つパク。そこにタイナネスは右を狙う。左インローをこつこつ打つパク。  ニータップでテイクダウン、すぐにバックを奪ったタイナネスは、両足をフック。リアネイキドチョークを狙うが。アゴ上の腕を押し上げるパク。いったん亀になると腰をずらして立ち上がりゴング。  2R、前に詰めるタイナネス。パクはテイクダウンディフェンスの構えを見せて挑発。左インローを打つ。互いに手数が少ないなか、パクの左ローの打ち終わりに組みついたタイナネス。足を後方に飛ばして切るパク。金網に詰めるタイナネスだが、マニラファンはブーイング。  突き放すパク。ともに慎重な展開。ハーブ・ディ-ンレフェリーがファイトを呼びかける。右を振って右で差して組むタイナネスだが、右の額をカット。出血にメディカルチェック。タイナネスが押し込んだところから再開。  右で差して左で細かいパンチのタイナネスは下にタックルで尻を着かせ、さらにボディロックも、そこに首投げを合わせたパク。首を抜いたタイナネスがバックを奪ったところでゴングも、タイナネスは再び出血する。  3R、タイナネスの左ローを掴んで右を打つパク。タイナネスは遠間から組んで右差しから腰を落として尻を着かせると両足をかけてバック! 4の字ロツクにして背後からパウンド。リアネイキドチョーク狙い。さらにパウンドに切り替え、残り10秒でトップに切り替えたところでパクも立ち上がりでゴング。  判定は2-1に割れ、タイナネスが勝利。約3年ぶりの白星を掴んだ。 [nextpage] 【リードカード】 ▼ライト級(※77.1kg)5分3R×エドゥアルド・フォラヤン(フィリピン)170.00ポンド/1.0036[2R 2分53秒 TKO] ※右ストレート〇エジソン・マルケス(ブラジル)168.75ポンド/1.0099  MMA4連敗から2022年3月のムエタイ戦でジョン・ウェインパーに判定勝ちで再起したフォラヤン。対するマルケスは、2連敗からウェルター級から落とした2022年6月の前戦でキム・キョンロクに判定勝ち。  1R、ともにオーソドックス構え。地元フォラヤンは大歓声のなか、右ロー。マルケスの入りに左前手を狙う。  リーチがあるマルケスに右ロー、右ミドルハイはフォラヤン。左右からバックフィスト、後ろ廻し蹴りも空振りも、左右ローを前足に突く。  右カーフを効かせるフォラヤンに、左ジャブを当てるマルケスは踏み込んでの右ストレート。マルケスの右ストレートをかわして左フックを狙うフォラヤンだが、続くマルケスの右を被弾する。  2R、マルケスの右の後ろ蹴りをかわすフォラヤンは右ボディストレート。フォラヤンの蹴りがローブローとなり中断。再開  左インローを当てるフォラヤン。マルケスの右ハイを肩口に受けて組むが固執せず離れる。右ローを前足に突き、右ボディストレートはフォラヤン。マルケスは右前蹴りを腹に突く。  右フックで前に出るフォラヤンだが、マルケスは首相撲。そこに右を振ったフォラヤンだが、マルケスは離れ際に右ストレートを打ち抜き、フォラヤンは前のめりにダウン。すぐにレフェリーが間に入った。  2R 2分53秒、マルケスがONEで初のTKO勝ちで2連勝をマーク。レジェンドを倒したマルケスは5万ドルを獲得し「人生でこんなお金をもらえるのは初めてだ。ありがとう」と歓喜した。 [nextpage] ▼サブミッショングラップリング81kg契約 12分1R〇タイ・ルオトロ(米国)179.25ポンド/1.0099[1R 5分09秒 リストロック]×マラット・ガフロフ(ロシア)175.00ポンド/1.0233  サブミッショングラップリング81kg契約試合。ルオトロ兄弟の兄タイは、2022年9月にゲイリー・トノンにダースチョークで一本勝ち。  対するガフロフは、2018年1月に青木真也とのケージグラップリングでリアネイキドチョークで一本負け。MMAでは2022年7月の前戦でアリエル・セクストンに3R TKO勝ち。  レフェリーはシャオリン。1R、右で小手に巻いて投げるタイ。ガフロフの立ち際にダースチョーク狙い。シングルレッグのガフロフにサイドを取らせるもバギ-チョークへ。  足を組ませずサイド取るガフロフに下から三角絞めを狙うタイ。糸通し狙いも腕を中に入れたガフロフ。スタンド。  カニ挟みから足関節狙いのタイ。サドルを組ませないよう足を持つガフロフに、下からタイはキムラクラッチから腕十字、三角絞めへ。頭をケージに押し込み防ごうとするガフロフに三角から腕を伸ばし、最後は手首も極めてタップを奪った。  タイは2試合連続の5万ドルボーナスを獲得。 [nextpage] ▼ヘビー級 3分3R×ジャスール・ミルザムハメドフ(ウズベキスタン)263.75ポンド/1.0164[判定0-3]〇オマル・ケイン(セネガル)260.00ポンド/1.0078 “ログログ”ことセネガル相撲のケインは4勝1敗。2021年4月にキリル・グリシェンコに敗れるも、2022年9月にバトラズ・ガザエフにTKO勝ち。  MMA6勝無敗の“ホワイトタイガー”ミルザムハメドフは2022年6月にONEデビューし、デューク・ディディエアにスプリツト判定勝ち。  1R、ともにオーソドックス構え。ダブルレッグテイクダウンのケイン。ハーフガードのミルザムハメドフは二重がらみで抱きつく。  上体を立てたケインに、ミルザムハメドフは足関節狙いから離れたケイン相手に立つも、そこに右を振るケイン。スタンド再開も圧力をかけるケインがダブルレッグテイクダウン。鉄槌を打ち込む。  2R、足が止まるケインだが、ダブルレッグテイクダウン。ハーフガードで凌ぐミルザムハメドフ。ブレーク。右で差して投げるケインだが、押さえ込めず。立ち上がるミルザムハメドフは金網使い凌ぐと、ブレークから右を振って前に。それを潜って左で差して押し込んだままゴング。  3R、ダブルレッグテイクダウンはケイン。今度はフルガードのミルザムハメドフは三角絞め狙いも頭が詰まり作れず。ケインのパウンドも止まり、ハーブ・ディ-ンレフェリーがブレーク。  ともに疲労困憊ななか、ジャブを突くミルザムハメドフにまたも高いダブルレッグでテイクダウンを奪うケイン。細かいパウンドで上のままゴング。判定3-0でケインが勝利した。 [nextpage] ▼女子アトム級(※52.2kg)5分3R×リン・フーチン(中国)115.00ポンド/1.0132[判定1-2]〇デニス・ザンボアンガ(フィリピン)114.25ポンド/1.0053  女子アトム級3位のサンボアンガは地元フィリピン出身で8勝2敗。ハム・ソヒとの2連戦で接戦を繰り広げるも連敗。15勝4敗1分けのホーチンは8月に平田樹と対戦し、体重超過した平田に最終回にダウンを奪われ判定負け。  1R、ともにオーソドックス構え。左ジャブを伸ばすザンボアンガはワンツーで前に。ホーチンのローに踏み込み、近距離で右でホーチンの片ヒザを着かせる。左の前蹴りを打つホーチンだが、ザンボアンガはその蹴り足を取って右を突く。  左のサイドキックを打つホーチンだが、かわしたザンボアンガがダブルレッグへ。それを潰してマウントからパウンドはホーチン! しかしフックガードから立ち上がるザンボアンガ。ケージに押し込んでから離れる。右のサイドキック、右前蹴りを見せるホーチン。ザンボアンガも左右で中に。  長い距離で戦うホーチンは右ロー。左ジャブ。ザンボアンガもステップインしてワンツーを突く。組んで首相撲ヒザはホーチンも、左右フックで振りほどくザンボアンガ。  2Rも詰めるのはザンボアンガ。ホーチンの右前蹴りを掴んで右を振る。ホーチンの右フックに右を合わせるザンボアンガ。さらにワンツーで前に。ホーチンの右ローに右ストレートを当てるザンボアンガ。ホーチンは左目尻から出血もスイッチしての左ローを当てる。右回りのホーチンを追うザンボアンガ。左右で打ち返しに来たホーチンにダブルアンダーで両脇を差して組んでゴング。  3R、ホーチンの左ローとザンボアンガの右ローが交錯。ホーチンは左前蹴りを当てて前に右ストレートに繋ぐ。中に入ると、大振りになりがちなホーチンに真っ直ぐの右を当てるザンボアンガは組みに。しかし、がぶるホーチンは腰の強さを見せる。尻を着いたザンボアンガにホーチンはパウンドもザンボアンガは立ち上がり。  左インローを当てるホーチン。右目上を腫らすザンボアンガ。ホーチンは右ローも当てる。中に入るとザンボアンガは回転が速い。右で差して組むのはホーチン。そのまま金網に押し込みゴング。  判定はスプリットに割れ、2-1でザンボアンガが勝利。再起を果たした。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.324
2023年1月23日発売
特集は、2022年ベストバウト&2023年期待のファイターによる「初夢コンボを語ろう!」。那須川天心と名勝負を繰り広げ、2023年始動が決まった武尊と吉成名高も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント