キックボクシング
ニュース

【KNOCK OUT】37歳・駿太vs19歳・安本晴翔の新旧対決、全対戦カード決定

2019/07/03 21:07
【KNOCK OUT】37歳・駿太vs19歳・安本晴翔の新旧対決、全対戦カード決定

大ベテランの駿太(左)とこれからのキックボクシング界を背負う逸材と目されている安本が激突

2019年8月18日(日)東京・大田区総合体育館で開催されるKNOCK OUT『K.O CLIMAX 2019 SUMMER KICK FEVER』の追加対戦カードが発表された。

 Bigbangスーパーフェザー級王者・駿太(谷山ジム)が2度目の参戦。REBELS-MUAYTHAIフェザー級王者・安本晴翔(橋本道場)と対戦する。


強いローキックを持つ駿太

 駿太は2003年2月にプロデビューし、6月のBigbangで60戦目を迎えた大ベテラン。国内とタイのトップ選手を相手に渡り合い、戦績は36勝(14KO)20敗4分。KNOCK OUTには2018年9月の大阪大会に初参戦し、メインイベントで高橋聖人と対戦。熱戦の末に判定勝ちを収め、まだまだ若手の追随を許さない実力を証明した。6月のBigbangでも左ストレートでKO勝ちしている。


多彩な蹴り技を持つ安本

 安本は少年時代からアマチュアで150戦以上を経験し、24冠王に輝くなど活躍。2016年6月に16歳でプロデビューを果たすと、6戦目でREBELS-MUAYTHAIスーパーフライ級王座(その後に返上)、2018年12月にはINNOVATIONスーパーバンタム級王座を獲得した。今年2月にシュートボクシングのリングで迎えた14戦目で初黒星を喫したが、6月のREBELSでは栗秋祥梧を破りREBELS-MUAYTHAIフェザー級王座を獲得して3本目のベルトを獲得して3階級制覇を達成。空手仕込みの多彩な蹴り技を得意とする。19歳で戦績は13勝(4KO)1敗2分。

 37歳vs19歳という年の差対決。駿太がまたしても若手の壁になるのか、それとも安本が大先輩を超えていくのか。

 また、オープニングマッチ2試合も追加決定。これにより、全対戦カードが決定となった。

<決定対戦カード>

▼58kg契約 3分5R
駿太(谷山ジム/Bigbangスーパーフェザー級王者)
安本晴翔(橋本道場/REBELS-MUAYTHAIフェザー級王者)

▼フェザー級 3分3R
浦林 幹(クロスポイント吉祥寺)
塚本勝彦(TORNADO)

▼57.5kg契約 3分3R
新田宗一郎(クロスポイント吉祥寺)
神田賢吾(WSRフェアテックス幕張)

8月18日(日)東京・大田区総合体育館『K.O CLIMAX 2019 SUMMER KICK FEVER』全対戦カード

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.320
2022年5月23日発売
那須川天心×武尊の『まるごとTHE MTCH 2022』大特集! 野杁正明×海人の頂上決戦ほか注目カードを徹底取材。「どうしたら日本は勝てるのか?」特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事