EVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTSEVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTS
空道
レポート

【空道】アジア選手権で日本が7階級、韓国が1階級を制覇

2022/11/21 21:11
 2022年11月13日(日)宮城・カメイアリーナ仙台にてアジア・オセアニア空道委員会主管『2022アジア空道選抜選手権大会』が開催された。  来年2023年5月13~14日に東京・国立代々木競技場第2体育館で開催される、4年に一度の世界選手権に向けて世界各地域で出場権を争う大会が実施されており、韓国・モンゴル・インド・タイ・日本の選手が競った今回のアジア選抜大会は、日本代表を決めるための最終選考大会。  来年の世界選手権は、コロナ問題やロシアのウクライナ侵攻をめぐる世界の状況から考え、出場選手数を絞って開催される、あるいはロシア選手の参加なしで開催される可能性もあるだろう。選手たちは、日本代表が各階級1~2名に絞り込まれることも想定していたに違いない。今大会、実績のある選手でも敗れれば“代表落ち”、実績のない選手でも優勝すれば逆転で“代表入り”――そんな「一発勝負」に近い緊張感に満ちていた。 [nextpage] ▼【270+クラス】決勝戦〇岩﨑大河(日本・大道塾総本部)[本戦 8ポイント先取による優勢勝ち] ×長沢 新(日本・大道塾岸和田支部)  近年は無着衣のMMAにも闘いの場を求め、修斗やパンクラスのケージで8戦8勝の岩﨑大河が出場。初戦は肩固めで一本勝ち、決勝はスタンドでの打撃で長沢新をダウンさせ、グラウンドでは背後から両腕を捕えたうえで鉄槌で顔面(プラスチック面)を連打して5ポイントを奪い、試合を終了させた。それでも本人は「フィジカルをはじめ、まだまだ足りない部分があります。世界選手権の日までに、しっかり上げていきます」と、満足はしていなかった。 [nextpage] ▼【-230クラス】決勝戦〇谷井翔太(日本・大道塾横須賀支部)〔再延長 効果優勢勝ち〕×目黒雄太(日本・大道塾長岡支部)  全日本連覇記録(2022年でV7)保持者・29歳の目黒雄太は2019年U19(≒高校生)全日本王者・20歳の中川昇龍(大道塾岸和田支部)を、前回アジア選手権王者・32歳の谷井翔太は2021~22年U19 全日本王者・18歳の佐々木龍希(大道塾総本部)を、それぞれ延長戦で制し、5度目のツートップ決戦へ。執拗に目黒に身体を密着させ、捨て身技でグラウンドへ引き込む谷井(写真白)だったが、延長戦終了間際には右フック一閃。効果ポイントを奪い、勝ち越し(今回の勝利で対目黒=3勝2敗)を決めた。準決勝前には「負けんなよ」(谷井)「お互いに壁になろう」(目黒)と、鼓舞しあっていたという二人、まだまだ若手にトップの座を譲る気はない。 [nextpage] ▼【-260クラス】決勝戦〇イ・ウォンチョル (韓国)〔延長 旗判定4-1〕 ×近藤瑞起(日本・大道塾岸和田支部)  前回アジア選手権で岩﨑大河を後ろ回し蹴りでダウンさせ勝利しているイ・ウォンチョルは、決勝で、半年前の全日本でMVP(北斗旗)を獲得している近藤瑞起(写真白)に乱打戦を仕掛ける。互いに効果ポイントを2つずつゲットするシーソーゲームの末に、スプリットの旗判定で下した。今大会唯一人の日本人以外の優勝者となったイを、興奮したセコンドたちが胴上げしようとするが「まだ次の階級の試合がマットの上で続いているから」と、イはそれを拒む。1968年東京五輪・柔道競技決勝で日本人に勝利したアントン・ヘーシンクが試合場に上がろうとした同胞を制す姿は、武道精神の顕れとして知られるところだが、それに通ずるものを感じさせた。 [nextpage] ▼【女子-220クラス】決勝戦〇大倉萌(日本・大道塾吉祥寺支部)[延長効果優勢勝ち] ×ダヴァジャルガル・プレヴジャブ(モンゴル)  キックボクシングの世界で名だたるトップファイターたちと拳・足を交えてきた大倉萌は、初戦、インドのナーズ・パテルが宙に浮くほどの膝蹴りを叩き込み(写真)、圧勝。決勝でも、2021モンゴル選手権優勝者ダヴァジャルガル・プレヴジャブから次々とポイントを奪ってみせた。これだけの完勝をみても、過去の世界選手権で日本女子がロシア~東欧勢のパワーの前に為す術もなく潰されていく様が脳裏に焼き付いている側としては、不安が拭い切れない。これからの半年での、パワー、スピード、テクニック、メンタル……全面的なマシマシを願いたい。 【その他の階級の入賞者】男子240以下:優勝 遠藤 春翔 (日本・大道塾総本部支部) 準優勝 伊東 宗志 (日本・大道塾日進支部)男子250以下:優勝 寺阪 翼 (日本・大道塾総本部)  準優勝 佐川 太郎 (日本・大道塾仙台東支部)男子270以下:優勝 西尾勇輝(日本・大道塾大阪南支部)女子220超:優勝 内藤 雅子 (日本・大道塾横浜北支部) ※空道ルール=道着・拳サポーター・頭部防具を着用し、頭突き・肘・膝を含む打撃と、投げ技・寝技によって争う。階級別大会では、身長センチと体重キロを足した数値(体力指数)によって、男子階級6階級、女子2階級にクラス分けを行う。一本(打撃によるKO、絞め・関節技によるタップアウト)のほか、効果=1ポイント、有効=2ポイント、技あり=4ポイントによるポイントの多寡により、勝敗を決し、両者ポイントのない場合は、旗判定で決着をつける。1試合の試合時間は本戦3分+延長3分(+決勝のみ再延長3分)。写真・記事提供/全日本空道連盟
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.323
2022年11月22日発売
特集は「12.31を読む」。大晦日サトシ&クレベルほか日米両団体の対抗戦全選手にインタビュー!「立ち技新時代」では武尊の独占インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア