K-1K-1
SirikaSirika
K-1
インタビュー

【K-1】佐々木大蔵、不可思との大激闘を振り返る「不可思選手も僕も必死だった。不可思選手の覇気に引き寄せられた試合でした」

2019/07/02 12:07
 7月1日(月)東京・飯田橋にあるホテルメトロポリタンエドモントで「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~」の一夜明け会見が行われた。  佐々木大蔵はスーパーファイトで“外敵”として注目の初参戦を果たした不可思と対戦。試合はギラギラと闘志を発して戦う不可思に佐々木も呼応して激戦となり、最終3Rに佐々木のバックブローを受けた不可思が出血。大流血しながら猛攻した不可思を佐々木も迎え撃ち、最後はTKO・ドクターストップという形で勝利を収めた。一夜明け会見で佐々木は「不可思選手の覇気というかそれに引き寄せられる感じでした」と試合を振り返り、より明確な決着をつけるべく再戦にも意欲を示した。 佐々木大蔵「またどこかで不可思選手と決着をつけられたら」 「昨日の試合を振り返って、最後ああいう形で見ているお客さんがスッキリできない終わり方だったなと思いました。それと同時に不可思選手との試合はすごく楽しくて、不可思選手の覇気というかそういうものを感じられて、すごくいい刺激になりました。改めて不可思選手には感謝の意を伝えたいし、またどこかで不可思選手と決着をつけられたらと思っています。 (会見で不可思が強くにらんできたことには)正直すごく視線を感じました(苦笑)。でもそれに対して自分が動揺しないようにと思っていたので、別に動じませんでした。僕自身あまり挑発に乗るタイプでもないし、喧嘩に強いタイプでもないので、僕は格闘技はスポーツマンシップに則ってやっているので、そういう思いはないですね。 (実際に不可思と対戦して)不可思選手の覇気というかそれに引き寄せられる感じでした。ほんとに不可思選手も死に物狂いで必死だったので、僕も必死さを出した感じでした。あそこで守りに入ろうというのは自分の中でなくて、正直本当に夢中で試合をしていたという感じです」 なお、不可思はSNS上で、負傷の要因となったバッティング、あるいはバックハンドブローが前腕部による攻撃で反則ではないかとの声に、下記の見解を投稿。異議申し立てをするつもりがないことを記している。 「みんないろいろ言ってるけど、俺は楽しかったからなんでもいいよ。もう次に行く。応援ありがとうございました。 言っとくけど、ジムの代表は昨日の試合の事を提訴するなら提訴すると言ってくれている。何とも思ってないわけじゃない。でも俺はそんな事にエネルギー使いたくないからやらない。色々言ってくれてる人達ごめん。 肘なしのK-1に来たら、今までで1番切られるっていう話。よく見たら眉毛が分裂してるのがウケる。ドクターチェック2回目の再開後、さすがに前が全然見えなくなって(何も見えねぇw)とか思いながら殴り合ってた。 すぐ止められてたらクソな試合になってた。少しでも戦わせてくれたレフェリーに感謝。眉が切れたくらいなんでもない。またすぐ戦うから。 わざわざ佐々木選手に文句言ってる人達、そういうのしょーもないからやめな。格闘技なんて水物だからこういう時もある」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年5月号
2021年3月23日発売
巻頭2大対談は、青木真也×平田樹、那須川天心×志朗! ONEライト級に転向しフォラヤンと対戦する秋山成勲、世界のバンタム&フェザー級特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事