K-1K-1
SirikaSirika
K-1
インタビュー

【K-1】西京春馬、強豪ホルヘ・バレラをKOして完全復活&再浮上をアピール!「ここで負けたら選手として終わりだと思っていた。負けた相手には必ずリベンジしたい」

2019/07/02 12:07
 7月1日(月)東京・飯田橋にあるホテルメトロポリタンエドモントで「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~」の一夜明け会見が行われた。  自身初の2連敗・崖っぷちの西京春馬はフェザー級で猛威を振るうホルヘ・バレラと対戦。数々の日本人選手を沈めてきた強打を誇るバレラに対し、終始試合を支配すると3Rにヒザ蹴りで鮮やかなKO勝利を収め、完全復活を印象付けた。  一夜明け会見では「3連敗したら正直選手として終わりだと思っていた。でもそういうプレッシャーがあったからこそ、相手を迎え撃って僕も下がらずに戦えた」と人生初の連敗を喫した状況が発奮材料になったと明かし、今年1月にKRUSHのベルトを奪われた江川優生へのリベンジ、そして村越優汰の持つタイトル挑戦を目標に掲げた。 西京春馬「村越選手のベルトの機会はいつでもいいけど、江川選手とはすぐやりたい」 ──試合を終えた率直な感想を。 「腹と足を効かせて最後に顔で決める作戦通り、見事にはまって良かったです。ホッとしてます」 ──持ち味のスピードを活かしながらもプレッシャーをかけていたが変化は実感できた? 「そうですね。バレラ選手は映像見る限り蹴りはあまりなくて、パンチのモーションも大きい選手なんで、1R前半から上手くカウンターを合わせられて、相手を冷静に見て戦えたかなって感じでした」 ──力強くなっていたようにも感じたが? 「意識はしてなかったですけど、でもやっぱタイに2週間練習行ってから身体が大きくなって、自分自身もパワーがついて身体がでかくなったって感じがあります」 ──試合後にはリベンジ、K-1横浜大会で村越選手のベルトに挑戦したいと発言していたが? 「負けた相手には必ずリベンジしたいんで。村越選手のベルトの機会はいつでもいいんですけど、江川選手とはすぐやりたいなって感じですね」 ──連敗を喫した時はどんな心境だった? 「人生で初めての連敗だったんで気持ちも落ちちゃって。3連敗したら正直選手として終わりだなと思っていました。それで必死に練習して必死に試合に取り組みました」 ──それが逆に今回の試合でプレッシャーになったところは? 「ありましたね。でも逆にそういうプレッシャーがあったからこそ、ああやって相手を迎え撃って、僕も下がらずに出来たんで良かったと思います」 【関連記事】6月30日(日)「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN」両国国技館・詳報フェザー級王者・村越優汰、若手の台頭に「そこのレベルには負けていない」【KRUSH】圧巻の初回KO防衛・江川優生「一発当てたら目が揺れたのが分かった」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年5月号
2021年3月23日発売
巻頭2大対談は、青木真也×平田樹、那須川天心×志朗! ONEライト級に転向しフォラヤンと対戦する秋山成勲、世界のバンタム&フェザー級特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事