MMA
ニュース

【DEEP】王者CORO「一本・KOでやり返したい」×挑戦者・石司晃一「明確な差をつけて勝ちたい」=11月12日(土)後楽園

2022/11/11 23:11
 2022年11月12日(土)に東京・後楽園ホールで18時から開催される『DEEP 110 IMPACT』の前日計量が11日13時から都内で行われ、全9試合18選手が計量をパスした(※選手名から見どころ記事)。 ▼第9試合 DEEPバンタム級タイトルマッチ 5分3RCORO(K-Clann)王者 60.95kg石司晃一(フリー)挑戦者 61.05kg ◆CORO「K-Clannの練習で乗り切る方が大変」 「気負わずメインらしくしっかり締める大会にします。1回、負けていますし、メインなのでしっかり一本・KOでやり返したいですね。  全体的にレベルが上がっていて、前回とは全然違います。取れる技も増えている。ベルトを獲ってからも、連勝している石司選手とはやらないといけないと意識していました。オールラウンダー同士で、あっちは打撃ベースでこっちは寝技ベースという感じで、(苦手意識も)全くない。  前回が要所要所でテイクダウンされて、寝技で勝負してこない。その印象で負けたと思っているので、その印象をこっちに持ってこれれば勝てた試合。そこを判定なら明確にしたいし、それ以上に決める試合をしたいですね。以前は焦って試合していましたが、いまは冷静に戦えているので、1個の攻防で勝つだけでなく、場面場面でやることは見えている。  相手もなんだかんだ言って、最近の試合を見ると組んでくるのではないかと思っています。ダメージもたまっていると思いますし、打撃を効かせてバックチョークを狙ってくるのは分かっています。 (相手は逆転勝ちが多いが)山本(聖悟)選手が陥った雑な展開にはしないです。K-Clannで試合前の選手が多く、いろんなタイプがいるので、打撃でも大尊選手や中原(由貴)選手も来ていますし、もっとフィジカルも打撃が強い選手とバチバチやりあってるんで、全然、焦りとかはないです。練習で乗り切る方が大変です」 ◆石司晃一「自分のレベルが上がっている」 「しっかり差をつけて勝負を決めて、勝ちます。前回は僅差の判定だったので、今回はKOか一本で勝つ、明確な差をつけて勝ちたいです。  2021年は怪我や病気の影響があって、復帰して1発目の試合でCORO選手と戦いました。あのときとコンディションが全然、違う。まったく違う試合になると思います。治して、前回の試合では見せていない動きがあります。前回は正直、勝負論のある試合ではなかったので、ちょっとどこかで温存しようと守りに入っていたのかもしれません。  自分は逆転勝ちが結構、多いと言われますが、できればそうはなりたくないんですけどね(苦笑)。気持ちでは負けないです。相手も連勝して強くなってると思いますが、自分のレベルが上がっています」 [nextpage] ▼第8試合 DEEPメガトン級暫定王者決定戦 5分3R酒井リョウ(レンジャージム)107.45kg赤沢幸典(Tristar Gym 日本館/Team Cloud)122.20k ◆酒井リョウ「今年の7月に試合が組まれていましたが、流れてしまい申し訳ございませんでした。赤沢選手はパワー、技術、すべて自分より上回っていると思いますが、自分には10年間、試合をしてきたという自負があります。明日は、メガトン級らしい激しく悔いのない試合をします」 ◆赤沢幸典「10年ぶりの再戦ということで、10年前はKOでやられてしまいました。今回は、やり返せるように。明日は、どちらかがチャンピオンになって、どちらかが凹む一日になると思います」 [nextpage] ▼第7試合 DEEP女子ミクロ級タイトルマッチ 5分3R大島沙緒里(AACC)王者 440.kg古瀬美月(K-PLACE)挑戦者 43.95kg ◆大島沙緒里「2年以上、上の階級で試合をしてきたので、今回は久しぶりに自分の階級で試合ができるのがとても楽しみです。明日は頑張るのでよろしくお願いします」 ◆古瀬美月「ずっと目標にしていたチャンピオンの一歩手前まで来れたので、明日はメインの2つのタイトルマッチに負けないくらいいい試合をしてチャンピオンになりたいと思います。応援、よろしくお願いします」 [nextpage] ▼第6試合 DEEPライト級 5分3R北岡 悟(パンクラスイズム横浜)70.65kg江藤公洋(和術慧舟會 HEARTS)70.65kg ◆北岡悟「頑張ります!」 ◆江藤公洋「明日は自分が培ったものすべてを出してしっかり勝ちにいきたいと思います」 [nextpage] ▼第5試合 DEEPフェザー級 5分3R中村大介(夕月堂本舗)66.20kg神田コウヤ(パラエストラ柏)66.0kg ◆中村大介「最近はもう毎回一緒で、こうして身体が作れて強豪選手と戦えるのがほんとうに幸せだと思っているので、明日は誰よりもDEEPを楽しんで、自分のプロレスリングをやりたいと思います」 ◆神田コウヤ「お互い、前戦は強い選手に勝って、今回の戦いが組まれているので、ぜひ生で皆さん見てください」 [nextpage] ▼第4試合 DEEPライト級 5分3R川名 TENCHO 雄生(北海しゃぶしゃぶ/Y&K MMA ACADEMY)70.70kg高橋“Bancho”良明(パラエストラ八王子)70.25kg ◆川名 TENCHO 雄生「水抜きの岩盤浴中に、いかつい人が来て、あわやその人と一戦交えるかもしれない緊張感のなか、しっかりコンディションを整えて来たので、明日は勝ちたいと思います」」 ◆高橋“Bancho”良明「川名選手と熱い試合が出来るのがとても楽しみです。久々のDEEPで暴れて盛り上がる試合をするので楽しみしててください」 [nextpage] ▼第3試合 DEEP バンタム級 5分2R雅 駿介(CAVE)61.65kg鹿志村仁之助(セロ・ロンゴ・ファイトチーム)60.85kg ◆雅 駿介「DEEP 110、鹿志村くん楽しもう(フィストバンプして)。最高の日にします。押忍」 ◆鹿志村仁之助「イグルー所属ですが、ニューヨークのセロ・ロンゴ・ファイトチームでMMAは移籍し、DEEP初参戦で僕も楽しみですし、みんなも楽しませられたらいいなと思います」 [nextpage] ▼第2試合 DEEPフェザー級 5分2RTATUMI(ネックス)66.05kg五明宏人(トラフォース赤坂)66.20kg ◆TATUMI「対戦してくれる五明選手、ありがとうございます。前回、東京で負けているのですごく気合が入っていて、道表そうかなと思って。“バチバチにしたい”“ボコボコにしたい”なんか違うなと思って、あるYouTuberの言葉がすごく胸に響いて、“バラバラにしたい”という言葉を、明日五明選手をバラバラにしいたいと思うので、応援よろしくお願いします」 ◆五明宏人「トライフォース赤坂の五明です。今日の効果計量の全ファイターの身体つきを見て、やっぱり格闘技は最高だなと思いました。これがエンタメじゃなくて、ほんとうの格闘技ということでいい試合を見せたいと思います。押忍」 [nextpage] ▼第1試合 DEEPバンタム級 5分2RKENTA(K-Clann)61.55kg朝比奈龍希(トラフォース赤坂)61.40kg ◆KENTA「前回のナンバーシリーズにひき続き、後楽園メインに兄貴分のCORO選手が出ますので、勢いをつけるためにも第1試合目からどーんと盛り上げて勝ちたいと思います」 ◆朝比奈龍希「明日は、第1試合からしっかりインパクトを残して盛り上げるいい試合をします」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント