K-1K-1
SirikaSirika
K-1
ニュース

【K-1】小澤海斗の次の標的は卜部弘嵩「世代交代させたい」山本“KID”徳郁のスタイルも追及中

2019/07/01 23:07
2019年6月30日(日)東京・両国国技館で開催された『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~』の一夜明け会見が、7月1日(月)都内にて行われた。  フェザー級スーパーファイトで、WMC世界スーパー・バンタム級王者の鷹大(WSRフェアテックス西川口)に判定勝ちした、第2代K-1 KRUSH FIGHTフェザー級王者・小澤海斗(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)が会見に出席。昨夜の試合を振り返った。  左手に包帯を巻いた姿で現れた小澤は「昨日はバチコーン! と倒してやろうと思ったんですが、2Rに自分の手がバチコーン! いってしまいました」と苦笑い。 「2Rの最後に左のオーバーフック当てた時に拳が折れました。3R前にセコンドに『折れました』と伝えようと思ったんですが、伝えたら負けだと思って。終わって言ったら『もっと早く言えよ』と言われました(苦笑)。全治3時間くらいじゃないですか。それは冗談でもう少しかかると思いますが、治していかないとなと思います」と、左拳が骨折した状態で戦っていたと告白。  それでも「最高でKO、最低で勝ちだったので冷静と言えば冷静だったのかな。本当はKOが欲しかった。次は左でバチコーン! 行こうと思います」と、治ったら次こそKOしたいと語った。  新しいファイトスタイルも模索中で「意識的には山本“KID”徳郁選手の出入りの速いスピード、野性味溢れるファイトを意識しています。完成度はまだまだ。その中で冷静さを持って試合を繰り広げていこうと思っています」と、故・山本“KID”徳郁のスタイルを意識しているという。  試合後には次に戦いたい相手として、第2代K-1 WORLD GP スーパー・フェザー級王者・卜部弘嵩の名を挙げた。その理由を聞くと「初めてキックボクシングをKRUSHで見た時に、卜部選手がメインやっていてカッケーと思ったんですが、今はそれはなくて世代交代させたい」と、自分が卜部に引導を渡したいと言い放った。<関連記事>武居由樹が全試合KOでトーナメント完全制覇、ゲーオ陥落で安保瑠輝也が新王者に、不可思が無念のTKO負け、木村ミノル豪快一撃KO
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年5月号
2021年3月23日発売
巻頭2大対談は、青木真也×平田樹、那須川天心×志朗! ONEライト級に転向しフォラヤンと対戦する秋山成勲、世界のバンタム&フェザー級特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事