EVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTSEVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTS
MMA
インタビュー

【RIZIN】榊原CEOが語る大晦日プラン「対抗戦のほかに10試合強が追加される」「朝倉海も大晦日に全く出ないということでもない」「地上波は無いけど……」=会見全文

2022/11/07 08:11

地上波で生放送という形は考えていない。格闘技がしっかり市民権を得られるように

──大晦日も見たいと思った選手は?

「僕の個人的な思いもそうですが、ファンの人たちが何を求めるかが一番大きい。今大会で勝利を収めた平本蓮選手や元谷友貴選手、鈴木千裕選手などはぜひ見たいと思うファンは多いと思いますね。でもそれを全部マッチアップしていたら20試合を超えてしまうので、それは叶わない。体調の問題も含め──今日、朝倉海選手も来ていましたが、大晦日にどうするということでは、全く出ない、ということでもないので、今日まで結果を受けて、選手たちとも相談して、並べるだけで、すでに発表しているカード以外に、たぶん10試合強の試合が追加されると思いますので、最終決定を急ぎたいと思います」

──当初、朝倉海選手と戦う予定だったヤン・ジヨン選手が魚井フルスイングをTKOに下し、元谷友貴選手も倉本選手に勝利して朝倉海選手の名前を出しました。朝倉海選手の試合は年末は微妙かもしれなくても、ほかの大会でも彼らとの試合の可能性は?

「年末にカードを並べたなかで朝倉海の試合を組むか、本人の意思と我々のカード編成、そして年明けのタイミングの大会も含め、最終決めたいと思いますが、ジヨン選手とは、前回、海がすかしていることもあるので、昇侍選手、魚井選手に勝っていることもあるので、海としてはそこをクリアする必要があるかなと流れからすればあるので、本人サイドとしっかり話してタイミングと相手を早急に決めていきたいと思います」

──大晦日では、すでにはRIZINとBellatorの5対5の対抗戦が決定していますが、そのほかも含め意気込みを。

「今年は地上波で生放送という形は考えていないのですが、年末という日で言うと、紅白もあって、いろんな大晦日の過ごし方が風物詩的にあって、その中で格闘技を見ることが大晦日のルーティンになっている人が全国ににたくさんいると思います。地上波は無いけど、『今年も格闘技を観て年を越そう』と思ってもらえるような、バラエティに富んだラインナップ、そして我々が大切している勝負論のある、レベルの高い最高峰の戦いはもちろんこと、それだけに終わらないカード編成をしっかり考えて、世間の中で格闘技がしっかり市民権を変わらず得られるように精進していきたいと思います」

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.323
2022年11月22日発売
特集は「12.31を読む」。大晦日サトシ&クレベルほか日米両団体の対抗戦全選手にインタビュー!「立ち技新時代」では武尊の独占インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア