EVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTSEVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTS
キックボクシング
ニュース

【GLORY】バダ・ハリとアリスター・オーフレイムが笑顔の握手&ハグ、約13年ぶり1勝1敗の決着戦=全選手計量

2022/10/07 22:10
 2022年10月8日(土・現地時間)オランダ・アーネムのGelredomeで開催される『GLORY COLLISION 4:HARI vs.OVEREEM THE FINAL ROUND』(U-NEXT配信・8日25時~)の前日計量が、7日(金)に行われた。  メインイベントはバダ・ハリ(オランダ/モロッコ)vs.アリスター・オーフレイム(オランダ)のヘビー級キックボクシング・レジェンド同士の対戦。両者は過去2度対戦しており、2008年大みそかの『Dynamite!!』でアリスターがカウンターの左フックで1R KO勝ち。2度目の対戦は、2009年12月の『K-1 WORLD GP準決勝』でバダ・ハリがカウンターの右ストレートでダウンを奪い、最後は左右ラッシュから左ハイキックで1R KO勝ちしている。  今回は1勝1敗で迎える決着戦となり、サブタイトルは「THE FINAL ROUND」と銘打たれた。  計量はハリが114.4kg、アリスターが112.8kg(ヘビー級は+95kgで上限は無し)。両者はフェイスオフで向かい合うとハリが何か話しかけ、アリスターがうなずいて両者笑顔を浮かべる。ハリが手を上げると両者ガッチリと握手をかわしてハグした。荒れることはなく、友好的なムードで終了。決着戦はいよいよ明日と迫った。  今大会では4大タイトルマッチが行われ、GLORY女子スーパーバンタム級王者ティファニー・ヴァン・スースト(アメリカ)が、サラ・ムサダック(フランス)の挑戦を受ける。小林愛三と戦ったことで日本でも知られるようになったティファニーは55kg、ムサダックも同じく55kgでリミットの55.3kgをクリアー。  ライトヘビー級王座決定戦は、セルゲイ・マスロボイエフ(リトアニア)とタリク・クバベス(モロッコ/オランダ)で争われる。マスロボイエフは94.4kg、クバベスは94.6kgでリミットの95.0kgをクリアー。  ライト級王者タイジャニ・ベズタティ(オランダ)は、2度目の防衛戦で同級トップクラスのストヤン・コプリブレンスキー(ブルガリア)と対戦する。ベズタティは69.9kg、コプリブレンスキーはリミットちょうどの70.0kgでパス。  RISEで2度、原口健飛と対戦したフェザー級王者ペットパノムルン・キャットムーカオ(タイ)は64.9kg、挑戦者アブラハム・ビダレス(メキシコ)は64.8kgでリミットの65.0kgをクリアー。ペットパノムルンはこれが3度目の防衛戦となる。  ヘビー級の新星で同級3位のレヴィ・リガース(オランダ)は114.4kg、タリク・オサロ(ナイジェリア)は125.5kgで計量をパスした。  今大会はU-NEXTにて、10月9日(日)AM1:30~(土曜日25:30~)プレリムから全試合生配信される。 <プレリミナリー> ▼ミドル級 3分3Rセルカン・オズカグライヤン(トルコ/オランダ/同級1位)=83.6kgシーザー・アルメイダ(ブラジル/同級4位)=84.9kg ▼ライトヘビー級 3分3Rフェリペ・ミケレッティ(ブラジル/同級3位)=95.0kgドネギ・アベナ(スリナム/同級5位)95.0kg ▼ミドル級 3分3Rマイケル・ボアペア(ガーナ/同級7位)=84.1kgセルゲイ・ブラウン(ドイツ)=84.9kg
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.323
2022年11月22日発売
特集は「12.31を読む」。大晦日サトシ&クレベルほか日米両団体の対抗戦全選手にインタビュー!「立ち技新時代」では武尊の独占インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント