EVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTSEVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTS
MMA
ニュース

【RIZIN】死闘の果てに──扇久保「二箇所、折れてました」×スーチョル「自分も妻が身籠っていたから一家の長として耐えた」×朝倉海「スーチョル選手と戦いたい」

2022/09/27 19:09
 2022年9月25日(日)さいたまスーパーアリーナで開催された『RIZIN.38』で、MMAとして最もハイレベルな攻防が繰り広げられたバンタム級(61.0kg)戦で、キム・スーチョル(韓国)に判定負けを喫した扇久保博正(パラエストラ松戸)が27日、SNSで二箇所の顔面骨折があったことを公表した。  試合は、扇久保から先に打撃で先手を取ろうと動かすが、フェザー級でも戦うスーチョルの圧力に押し戻される展開。  2Rには接近戦でのスーチョルの左ボディ、左フック、左ヒザにコーナーに詰まり、左右フックで扇久保が腰を落とすと、そこにスーチョルはがぶりからヒザの連打。大きなダメージを負わせた。  3R、序盤にスーチョルのダブルレッグに扇久保がギロチンチョークに極めるも、クローズドガードの中で深く入っていた首をスーチョルは抜き、扇久保の乾坤一擲の絞めから脱出。最後にはビッグテイクダウンを決めて、GP覇者に判定勝利。バンタム級で大きな存在感を示した。  ともにオーソドックス構えからの前手、そして左の打撃とテイクダウンと同じ武器を持ちながら、互いに手足を出し、削り合う消耗戦のなか、タフファイトを制したのはスーチョルだった。  試合後、会見で「負けました。すごい殴られました。強かったです。悔しいです。どんどん前に出てこられて僕の方が最終的に削られてしまった」と語っていた扇久保は、あらためて、自身のYouTubeを更新。1Rからスーチョルの打撃で視界が阻まれていたことを明かしている。 「1R、終盤にもらった打撃で完全に二重に見えて、初めての経験だったので“ヤベーな、折れたな”と思って。2R以降もずっと二重に見えているなかで、パンチか(左)ミドルを(レバーに)もらって、ダウンして。危なかったです、あそこは」と、相手をまともにとらえることが出来ないまま、ヒザ蹴りを効かされながらもフィニッシュされずに生還した場面を振り返る。  作戦は「いつも通り、戦いながら」相手の劣った部分を突くつもりだったが、「でも今回は一本かKOを取りたいなと思っていました。ちょっと大振りになり過ぎたところはあったかもしれないです。テイクダウン、取れなかったですね」と、序盤からよりアグレッシブに出るも押し返され、得意のテイクダウンも防がれたことで「削られた」ことが敗因とした。  3R序盤にスーチョルのダブルレッグに起死回生のカウンターのギロチンチョークをセット。しっかりクローズドガードの中に入れて絞めた。 「フロントチョークは極まっていて、途中、フッとスーチョル選手の力が抜けて、“これ落ちたな”と思って、レフェリーに『落ちた、落ちた』ってアピールしたんですけど落ちてなくて、自分のちょっと甘いところが出たなと思います。ちゃんと取り切ってから力を抜かないとダメだなと思ってます。あれはほんとうに自分のミスです。『落ちた』なんて言ってる間に絞めろよと。かなり、悔しいですね」と、レフェリーストップを期待し、「一瞬、緩めました。でも極まってなくて、そのまま逃げられた」ことを、自身の甘さと悔やんだ。  この瞬間を勝者のスーチョルは「扇久保選手にはちょっと申し訳ないことなのですが、自分はギロチンを耐えられると思っていました。というのも首だけがかかっていたのではなく腕も入っていたから(アームインギロチン)。ただレフェリーの見方によってはチョークが極まっていると捉えるかもしれないと思い、レフェリーに入っていない、大丈夫だとアピールしていました」と、「耐えられる」と感じていたことを明かす。  2Rのラッシュを受けて、大きく左目を腫らした扇久保。「二重に見えていた」相手は、正確に距離を測ることが出来なくなっていた。 「完全に眼球に食らってます。スーチョル選手はすごい荒いというか、映像だとそんなにスピードがあるように見えなかったけど、実際やってみたら、すごい(打撃の)出所が分からなかったですね、前に出ながら(打って)くるので。ボディをすごい打ってきて……強かったな」と、嵐のようなスーチョルのラッシュに骨折を確信したという。  27日には病院での検査の結果、顔面を2箇所、骨折していたことを公表した。左眼窩の下壁と鼻の内壁の骨折と見られるレントゲン写真をアップし、「2箇所折れてました。スーチョル選手のパンチ硬かったあ。しっかり治そ」とつぶやいた。 [nextpage] 落としたものは、この格闘技で勝ってまた記憶を塗り替えていくしかない(扇久保)  周囲の応援に感謝の言葉を述べた扇久保は、今後については、「何とも言えないですけど……どうですかね。いま負けた直後なんで、こうするとは言えないですけど、悔しいんで。辞めはしないと思います。またここから這い上がっていく姿を見せるのも、僕かなと思うので、ちょっと休んでダメージを抜いてから、前向きに考えて行こうかなと思います。これが僕の仕事で、人生の一部なので。落ちたものは、この格闘技で勝ってまた記憶を塗り替えていくしかない。頑張ります」と前を向いた。  一方、RIZINバンタム級GP優勝者を下した、ROAD FC二階級王者は、試合後の会見で、「本当はもうちょっとスカッと気持ち良く終えたいところでしたが、なかなか試合が空回りしてしまったと思っています。今回は急激に減量して消化器の調子がちょっと悪く、試合の途中でボディブローをもらったときにそれ自体はあまりダメージはないと思ったのですが、もともとの消化不良のところにそれが効いてしまった」と、勝利にも課題が残ったとした。  フィニッシュ出来そうでさせなかった扇久保のタフさについても、「ひとつの家庭の家長、そして父親というものがどれほど大きな責任感を持っているか、どれほど強いのかということは自分もよく分かるつもりです。自分も(扇久保と同じように)妻が子供を身籠っていて、いま10週目です。ですから、扇久保選手にせよ自分にせよ、どちらが勝っても、どちらがパンチをもらっても、双方ともにできるところまで耐えていたと思います」と、父になる身として、互いに負けられない試合だった思いを語った。  2015年大晦日のマイケ・リニャーレス戦以来のRIZINマットでの勝利。スーチョルは、「自分が中高生の頃はPRIDEが夢の舞台でしたから、今回も出られてとても良かったと思います。まずは今日、第一歩がいい形で締めくくれたかなと。ただ今日のような試合運びではダメだなとも思いました。もし2RでKOできたなら、『堀口恭司選手とやりたい』とコメントしようと思っていました。いつかは堀口選手と対戦したいと思っていますので、機会さえ与えていただけたら頑張りたいと思います」と、日本バンタム級の頂点への挑戦を語っている。  新型コロナウイルスの渡航禁止から「開国」した日本格闘技界。世界の軽量級の強豪たちが来日を果たせる状況が戻って来た。  アジアの雄がRIZINマットで存在感を示し、堀口恭司がフライ級転向を表明したいま、日本のバンタム級ファイターたちはどう動くか。朝倉海は「出来るならキム・スーチョル選手と戦いたい」と対戦に名乗りを挙げた。年末に向けて、注目のバンタム級戦線だ。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.323
2022年11月22日発売
特集は「12.31を読む」。大晦日サトシ&クレベルほか日米両団体の対抗戦全選手にインタビュー!「立ち技新時代」では武尊の独占インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア