キックボクシング
インタビュー

【KNOCK OUT】杉本卓也「キックに戻ってきた選手に負けるわけにはいかない」=1月16日(水)『ROAD TO KNOCK OUT vol.3』で松本芳道と対戦

2019/01/11 02:01
1月16日(水)東京・渋谷TSUTAYA O-EASTで開催される『ROAD TO KNOCK OUT vol.3』にて、元K-1MAX日本3位・プロボクシング10戦8勝の松本芳道(KICK-DIET吉野町)と対戦する杉本卓也(ウィラサクレック・フェアテックスジム)。  2018年3月のJ-NETWORK大会では、パンチによる3ノックダウンでの1回KO勝ちでJ-NET王座に就いた。KNOCK OUTでは、9月の大阪大会でInnovationライト級王者・山口侑馬にTKO負けを喫しただけに、「前回の試合よりも大人になった自分を見せます」と杉本は語る。 ――2018年9月の山口侑馬戦以来、2度目のKNOCK OUT参戦が決まりました。 「前回、KO負けしてしまったので、またKNOCK OUTに出るために1から頑張ろうと思っていたら、今回いいお話をいただきました。年末年始に遊べなくなるのでどうしよう? と悩みましたが、KNOCK OUTの舞台なら出たいのでやりますと即答しました」  ――前回、KNOCK OUTに初めて出ていかがでした? 「会場の雰囲気もいいですし、選手の見せ方が凄く凝っていて戦っていても気持ちが良かったです」 ――山口侑馬戦を振り返っていかがでしょうか。 「単純に山口選手が強かったのですが、自分の自信のあるパンチで負けてしまったので、戦い方を考えないといけないと考えさせられた試合内容でしたね。試合前には熱くならないように戦おうとも思っていたのですが、試合になると熱くなってしまったので自分のメンタルの弱さが出てしまいました。試合中、打ち合いが楽しくて山口選手が笑っていて、自分も笑ってしまい、そこで引くに引けなくなり打ち合っても負けないという変な自信も出てしまいました」  ――その敗戦を踏まえて練習ではどういうことを考えていますか。 「今はパンチを当てるためにどういう攻撃をするべきかを考えて練習しています。パンチもそうですが、うちはムエタイのジムなのでヒジ、蹴り技が使えるように練習しています。前回、1Rは蹴り技が出ていたのですが、思ったような動きが出来ませんでした。どの技も出来るように練習しているので、今は全体的にレベルが上がったと思います」 ――今回の相手、松本芳道選手にはどのような印象がありますか? 「名前を聞いたことがあるぐらいでしたが、改めて試合を見たら大月晴明選手とか凄い選手と試合をして勝っているので強いんだなと思います。正統派ではなく、変則的な戦いをする印象があります。うちのジムにはプロ選手が多く、変則的な試合をする選手もいますのでやり辛さは特にありません」 ――年齢差、10歳は気になりますか? 「歳を取っていても現役で強い選手はたくさんいるので年齢は特に気にしていません。それよりも、キックを引退してボクシングに行って、またキックに戻ってきたんですよね? 自分は現役でやっている以上、戻ってきた選手に負けるわけにはいけません。ましてや、KNOCK OUTにずっと出たいと思って僕は目標を達成することが出来ましたが、向こうは復帰戦が KNOCK OUT の舞台なのでそれってどうなの? という気持ちもあります。自信があるからキックに戻ってきたんだと思うので、それぐらい自信を持って来てくれると嬉しいですね。自分も思いっきりKO狙いにいくだけです」 ――今回パンチの打ち合いをしますか? 「さすがに無駄に打ち合いをすると負けると思うので、冷静に戦おうと思います。見せ場を作った上で勝ちます。前回の試合よりも大人になった自分を見せますよ(笑)」 ――今年初戦ですが、勝ってどんな1年にしたいですか? 「またKNOCK OUTさんに呼んでもらえるような勝ち方をして、2月でも4月でも試合をしたいですね。ヒジありルールだったら強い選手とどんどんやっていきたいと思います」 ――最後にファンにメッセージをお願いします。 「僕は打ち合いをしなくても面白い試合を出来るので、盛り上げた上で最後はKNOCK OUTらしくKOで勝ちます!」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年9月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事