EVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTSEVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTS
MMA
ニュース

【RIZIN】扇久保博正、日本人に7連勝のスーチョルに「勝って日本人の強さ見せたい」その次には「堀口選手と3回目を戦いたい」

2022/09/06 18:09
【RIZIN】扇久保博正、日本人に7連勝のスーチョルに「勝って日本人の強さ見せたい」その次には「堀口選手と3回目を戦いたい」

まずはキム・スーチョル戦、その次は堀口との3度目の決戦を希望した扇久保

 2022年9月6日(火)昼12時より、『超RIZIN』『湘南美容クリニック presents RIZIN.38』(9月25日・さいたまスーパーアリーナ)の追加対戦カード発表会見が都内にて行われた。

 8月13日の配信会見でキム・スーチョル(韓国/Road Gym)との対戦が発表された、扇久保博正(パラエストラ松戸)も会見に出席。改めて試合への意気込みを語った。


 扇久保は「大晦日ぶりの試合ということで。久しぶりの試合なので凄く嬉しく思っています。キム・スーチョル選手、vs.日本人7連勝しているのでしっかり勝って日本人の強さを見せたいと思います」と、佐藤将光、田村一聖、中原太陽ら日本人ファイターに全勝しているスーチョルから日本人として初勝利を奪いたいと意気込み。

「キム・スーチョル選手は元々バンタム級の選手だったので、今回適正階級に落として強いキム・スーチョルが来るなと、そういう気持ちでいます」と、本来の階級に戻して来る相手を警戒する。


 質疑応答では、昨年のバンタム級JAPAN GPで優勝して得られるはずだった堀口恭司への挑戦権について聞かれたが、「元々、7月30日の大会で自分はキム・スーチョル選手とやる予定で、自分の怪我で流しちゃったので。別に堀口選手と金太郎選手が決まって僕は何とも思わなかったです。まずキム・スーチョル選手にしっかり勝ちたいと思っています」と目の前の試合に集中するとし、堀口との対戦は「タイミングが合えば」とした。

 スーチョルよりも自分は確実に上回っているのは何かとの質問には「全体的に全て満遍なく僕の方が上回っていると、そう思っています」と全局面において自分が上を行くと答える。

 そして「次に見据えているのはやっぱり、しっかり勝って、堀口選手と金太郎選手の試合がどうなるか分からないですけれど、堀口選手と3回目を戦いたいと思っています」と、互いに勝ったら『堀口恭司vs.扇久保博正 3』を実現させたいと話した。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.323
2022年11月22日発売
特集は「12.31を読む」。大晦日サトシ&クレベルほか日米両団体の対抗戦全選手にインタビュー!「立ち技新時代」では武尊の独占インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント