K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】トーナメント制覇から一夜明け、軍司泰斗「凄く強い外国人選手とやって世界最強を証明していきたい」

2022/08/12 14:08
 2022年8月11日(木)福岡国際センターで開催された『ECO信頼サービス株式会社 PRESENTS K-1 WORLD GP 2022 JAPAN』の一夜明け会見が、12日(金)福岡市内で行われた。 「K-1フェザー級世界最強決定トーナメント」で、1回戦はファク・スアレス(アルゼンチン)に判定勝ち、準決勝で玖村修平(K-1ジム五反田チームキングス)に初回KO勝ち、そして決勝で斗麗(WIZARDキックボクシングジム)に初回KO勝ちで制覇した現K-1 WORLD GPフェザー級王者の軍司泰斗(K-1ジム総本部チームペガサス)が出席。前夜の試合を振り返った。 「試合前からずっと1Rで3回勝つと言っていたんですけれど、1回戦はダメだったんですが、準決勝・決勝でKO出来てレベルの差は見せつけられたかなと思って。全部含めてやっと本物のチャンピオンになれたかなと僕の中では思いました」  トーナメントを終えての現在の心境は「1日3試合は初めてでしたし、凄い痛いし、疲れるし、試合の間も集中していないといけないところもあったので、そういう意味ではキツいトーナメントだったと言うのはありますね」との感想。  唯一の判定勝ちとなった1回戦でのダメージについては「やる前は2Rで倒しに行こうと思っていたんですが、始まって速攻で左フックをもらっちゃってダメージが凄いあって。そこから調子が狂った感じで、倒しきれなかったのが反省です」と、ダメージはあったと明かした。  ボクシングテクニックが以前よりも増したという評価については「基礎の練習だったり、ボクシングトレーナーにも見てもらっていて、凄い成長しているかなって昨日の試合で感じられました」と、自分自身でも成長を感じたという。 (C)KPKB/渡邉大希 パンチの質が変わったのではないかという指摘には「パワーは元々ある方だとは思っていたので。それが思い切り打つだけでは倒れない部分が今までであって。力を抜いて気持ちをラクにして戦えば倒せるんだと昨日の試合で思いました」と、パワーに頼るのではなく脱力して打つことを覚えたとする。  再戦となった決勝での斗麗戦は「4月にやって4カ月の短期間でまたやるってことで。決勝に上がって来るなら斗麗選手かワン・ジュングァン選手のどちらかかなと思っていました。その中で斗麗選手が上がって来てくれて僕にとってはいい機会だなって思っていて。4月に延長判定までいっちゃって、そこまでいったら僕の負けかなと思っていたので、昨日の決勝で当たってまた延長判定になって勝っても意味がないと思っていたので、倒しに行こうと1Rからずっと思っていてそれで倒せてよかったと思います」と、今回は倒そうと決めていたと話した。 (C)KPKB/渡邉大希「K-1イコールKO、倒す競技だと思っていたので。そういった中で昨日の試合で体現できたと凄い思いますね」という軍司が今後目指すのは「昨日の試合は準決勝・決勝が僕らしい試合かなって、やっと取り戻せたと思っているので、それを今後ずっと続けて倒しに行いこうかなと思っています。それで絶対王者というのもどんどん続けていって、誰に負けないで勝ち続けていきたいと思います」と、必ずKOする“絶対王者”としての地位を確立していきたいとする。  具体的にどんな選手とやりたいかと聞かれると「日本人選手はほとんどやったことがあるので外国人選手。K-1 JAPAN GROUPにまだ来ていない外国人選手だったりがいっぱいいると思うんですけれど、その中でも凄く強い選手とやって世界最強を証明していきたいと思っていますね」と、強豪外国人選手との対戦を希望した。 (C)KPKB/渡邉大希 また、「僕も小さい頃から格闘技を見ていて、プロになりたいと子供の頃から思っていたので。そういった影響も僕が見ていた頃は魔裟斗さんだったりいろいろな選手がいて、倒し合う試合が多かったので、僕もそういう試合をして子供たちに影響を与えていきたいというのは思いますね」と、子供たちの目標となる影響を与えられる選手になりたいと語った。  最後には「やっと昨日のトーナメントで本物の王者になれたと思っているので、これからもこのベルトを持ってさらなる高みを目指していこうと思います」と誓った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.322
2022年9月22日発売
朝倉未来×メイウェザー、牛久×クレベルを読み解く。特集は「格闘技が壊される!?」。エキシビションマッチ、BreakingDownなど世間を席巻する「格闘技的なもの」を考察する。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント