K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】Krush王者として世界最強決定トーナメントに臨む玖村修平「今のK-1は玖村兄弟だろうという存在になりたい」

2022/08/06 14:08
【K-1】Krush王者として世界最強決定トーナメントに臨む玖村修平「今のK-1は玖村兄弟だろうという存在になりたい」

K-1に「玖村兄弟の時代」を創るとトーナメント制覇に燃える玖村兄の修平(C)K-1

 2022年8月11日(木・祝)福岡国際センターで開催される『ECO信頼サービス株式会社 PRESENTS K-1 WORLD GP 2022 JAPAN』にて、「K-1 WORLD GP 2022 K-1フェザー級世界最強決定トーナメント」に出場するKrushフェザー級王者・玖村修平(K-1ジム五反田チームキングス)が都内所属ジムにて公開練習を行った。


 5月のKrush後楽園大会で新美貴士を下して、第6代Krushフェザー級王座に就いた玖村。約1年半前に敗れている新美にリベンジを果たしての王座戴冠劇を振り返り「しんどい試合になったんですけど、最後は気持ちで勝ち切ることが出来た」「同じ相手に2度負けたら先はないと思っていた」と語る。

「新美選手にリベンジしてチャンピオンになることだけを考えて練習していて、しんどい試合になったんですけど、最後は気持ちで勝ち切ることが出来て、すごく自信になりました。一回目やった時の新美選手はああいうスタイル(最初から手数を出して前に出る)じゃなくて面食らった部分がありました。あれから新美選手もあのスタイルでベルトを守り続けていたので、前回より強くなっていたと思うんですけど、僕も気持ちで下がらない・打ち合いに強い新美選手に打ち勝つと決めて練習して、前回の悔しさを試合で出せたと思います。

 前回新美選手に負けてチャンピオンになれなかったので、同じ相手に2回負けたら先はないと思っていたので、進退をかけるつもりで挑みました。それが気持ちとして現れたのかなと思います」


 玖村にとってKrushのベルトを巻いたことはゴールではなく新たなスタートで「今のK-1があるのはKrushがあったからと言っても過言ではないし、Krushのベルトを巻きたいと思って上京しました。将史は僕より先にKrushのベルトを巻いて、僕もKrushのベルトを巻くことができて新たなスタートラインに立てたと思います」と話す。

 その最初の試合がK-1フェザー級世界最強決定トーナメントだ。玖村は「僕がKrushチャンピオンになったから、このトーナメントが開かれたのかなと思うくらいタイミングがよくて。もしKrushチャンピオンになってなかったら、トーナメントのメンバーには選ばれてないと思うし、運や流れが回っているのかなと思います」とまたとないタイミングでのチャンスだと捉えている。

 一回戦の対戦相手も過去に対戦が決まっていたジャオスアヤイで「いい意味でタイ人らいくない、K-1ルールに適した選手。パンチも蹴りも強くて、二段蹴りと飛びヒザ蹴りが得意なので、そこは警戒しています」と玖村。


「この試合はトーナメントの第1試合。打ち合いになると思うので、1回戦から盛り上がる試合ができると思って楽しみです。一度試合が決まって対策してたのもあるんですけど、今の方が強くなったし、Krushチャンピオンになって自信もつきました。1回戦から決勝のつもりで倒しにいって、ここで勝つことができたら勢いに乗ると思うので全力で挑みたい」と強豪ジャオスアヤイとの対戦に闘志を燃やす。

 準決勝・決勝で戦いたい相手については、かねてから玖村が口にしていた“リベンジロード”につながる選手の名前を挙げた。

「僕は今年リベンジロードを目標に掲げていて、その第1弾として新美選手にリベンジすることが出来ました。次に軍司選手・椿原選手にリベンジしたいと思っていて、1日でそれを達成できるチャンスがきて。そういう意味でも自分のためのトーナメントだと思いました。(海外勢との対戦は?)みんな強いので外国人選手が上がってくる可能性もあるし、どの選手も対策もしています。フェザー級はずっと戦国時代と言われていますが(このトーナメントで)誰が一番強いかが1日で証明されると思います。僕がトーナメントで優勝して、この階級のトップに行きたいです」

 また弟・将史は『THE MATCH 2022』で勝利を収めて、9月のK-1横浜アリーナ大会への出場も決定。玖村兄弟として大一番が続く形になる。玖村は「前回僕もKrushチャンピオンになって、立場的に並んだと思っていたら、将史も『THE MATCH 2022』で強豪を倒して、また差をつけられたと思いました。僕も次のトーナメントで優勝して、彼も勝ってくれると思うので、2人で勝ち上がって、今のK-1は玖村兄弟だろうという存在になりたいです」とK-1で玖村兄弟の時代を創ると宣言した。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.322
2022年9月22日発売
朝倉未来×メイウェザー、牛久×クレベルを読み解く。特集は「格闘技が壊される!?」。エキシビションマッチ、BreakingDownなど世間を席巻する「格闘技的なもの」を考察する。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント