キックボクシング
ニュース

現役JKファイター・藤原乃愛、登校日に祝福の横断幕が飾られているのに感激「世界目指して頑張ります」

2022/08/04 12:08
“女子キックボクシングの超新星”として期待されている、ミネルヴァ・ピン級王者の藤原乃愛 (ROCK ON)が、登校日に嬉しいことがあったと自身のSNSで報告した。  藤原は3歳で父親の空手道場で空手を始め、小学5年生で伊藤紗弥に憧れてキックボクシングに転向。アマチュアで50戦以上を経験し、アマチュアKNOCK OUT 45kgリーグ戦で優勝。2021年5月のジャパンキックでプロデビュー戦を行い、蹴りを主体としたムエタイスタイルで3勝(1KO)2敗の戦績を持つミネルヴァ・ピン級6位の須藤可純を圧倒。判定3-0(30-27×3)の完勝を収めた。8月大会でも世莉JSKに判定3-0(30-27×3)、11月大会ではミネルヴァアトム級5位のほのかにも判定3-0(30-27×2、30-28)の完勝を収めている。2022年1月は撫子とドロー、5月のNJKF(ニュージャパンキックボクシング連盟)で王者Ayaka (健心塾)を破り、無敗のままミネルヴァ・ピン級王座に就いた。  17歳の現役女子高生ファイターである藤原は「夏休みだけど今日だけ登校日! 横断幕飾られてました。ぜひ横須賀に来た際には横須賀大津高校の前、通ってみてください。そして集会でも部活動の活動じゃないのに報告してくださりありがとうございました。世界目指して頑張ります」と、部活動ではなく個人の活動にも関わらず、学校としてタイトル奪取の祝福に横断幕を掲げてくれたことに感激。制服姿で横断幕の前で笑顔のポーズをとった。 (写真)JK最後の夏休み、海で楽しむ藤原だが筋肉が凄すぎる(C)藤原乃愛 藤原にとっては今年が高校生最後の夏休みとなるため、「試合、取材等続きで忙しかったから久しぶりに1週間めっちゃ遊んだ!笑。最高に楽しかったから明日から練習再開! 頑張ろ。Jk最後の夏休み楽しんでやる」と、練習に遊びに全力投球すると綴っている。次戦は9月18日(日)東京・後楽園ホールで開催される『ジャパンキックボクシング協会 Challenger6』で予定されている。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.321
2022年7月23日発売
那須川天心と武尊の「告白」。試合後独占インタビュー! 名勝負・海人と野杁にも直撃。『THE MATCH 2022』徹底技術解析も! 特集は「NEXT 天心&武尊」「日本のMMAチャンピオン」。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア