MMA
ニュース

【DEEP】フライ級GP最後の「X」は修斗から宇田悠斗が参戦、島袋チカラと1回戦で対戦=9月11日(日)ニューピアホール

2022/08/01 20:08
 2022年9月11日(日)『宗明建設 Presents DEEP TOKYO IMPACT 2022 5th ROUND』(ニューピアホール)で開催のフライ級GP一回戦にて、島袋チカラ(CORE)と対戦予定のだった「X」が、宇田悠斗(総合格闘技道場 HOPE)に8月1日、決定した。  宇田は、中学時代に部活動で柔道を経験し、県大会で準優勝。19歳からMMAを始めるとアマチュアでは12戦を経験して10勝を挙げ、2019年4月に修斗でプロデビュー。3連続KO・一本勝利を挙げるなどして、2019年修斗フライ級新人王を獲得した。2020年7月に西村大地と引き分けて連勝はストップしたが、同年12月には宮城友一を判定で破り、再び連勝ロードを歩み始め、2021年5月には修斗世界フライ級2位・清水清隆に判定勝ち。6戦負け無しで、2022年3月にRIZINに初参戦。ZST王者の竿本樹生(BRAVE)にスプリット判定で敗れ、初黒星がついていた。  今回のGP参戦に向け、宇田は主催者を通じて、「修斗から参戦する宇田悠斗です。DEEP佐伯繁代表から熱いラブコールをいただいたので、このGPへの参戦を決意しました。快く送り出して下さった修斗の坂本一弘代表には本当に感謝しています。フライ級でデカい祭りが開催されるのに、黙って見てるなんて性に合わないし、直近の試合でやらかしてるのでココで挽回します! 必ず優勝し、フライ級最強の称号を手に入れて修斗へ凱旋するので、皆さんよろしくお願いします」とのコメントを発表している。  対する島袋は、長年フライ級戦線で活躍し、15勝17敗6分。2020年8月に松丸息吹、2021年12月に力也にそれぞれ判定勝ちと2連勝をマークも、5月大会で伊澤星花の弟の風我に判定負けを喫しており、こちらも再起戦となる。  DEEP初参戦の宇田が、竿本戦の惜敗から再起を果たすか。遅咲きのベテラン島袋が立ちはだかるか。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.322
2022年9月22日発売
朝倉未来×メイウェザー、牛久×クレベルを読み解く。特集は「格闘技が壊される!?」。エキシビションマッチ、BreakingDownなど世間を席巻する「格闘技的なもの」を考察する。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント