MMA
インタビュー

【RIZIN】浜崎朱加×藤井恵“運命の対戦”への想いを語る「アギラー戦での藤井さんの引退試合の判定負けはいまでも納得いっていない」=7月23日(土)発売『ゴング格闘技』(NO.321)で対談

2022/07/22 11:07
 2022年7月31日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される『RIZIN.37』のスーパーアトム級ワールドGP1回戦で、メキシコのジェシカ・アギラー(Pound4Pound&Brazilian Warriors)と対戦する、前RIZIN女子スーパーアトム級王者の浜崎朱加(AACC)が、所属ジムにて公開練習。同門のアミバを相手にパスガードからマウント、ギロチンチョーク、かつぎパスから腕十字などの極めを披露した。  伊澤星花との2021年大晦日のノンタイトル戦、2022年4月のタイトル戦の2連敗で王座陥落。再起戦はGPで、かつて師匠・藤井恵を2度破っているアギラーとの対戦となった。  アギラーは元UFCファイターで、2011年3月11日の『JEWELS 12th RING』でいったん浜崎との対戦が決定するも、東日本大震災で当日中止に。その後、2012年5月の『Bellator 69』で藤井と対戦し、判定勝ち。2013年10月の『VTJ 3rd』で藤井と再戦し、引退試合として臨んだ藤井が、アギラーの偶発的なサミングによって右目を腫らし、試合続行不可能となり、2R終了時の負傷判定でアギラーが勝利している。  今回、アギラー戦を前に浜崎は、広島県福山市にある「総合格闘技道場BURST」に2度の出稽古を敢行。セコンドには阿部裕幸AACC代表に加え、佐々木信治BURST代表がつくという。  2022年7月23日(土)発売の本誌『ゴング格闘技』9月号(NO.321)では、その藤井恵と浜崎朱加とのスペシャル対談を行っている。 (C)Kojima Shinsuke/GONG KAKUTOGI  AACCでの浜崎の練習動画を阿部代表が藤井のもとに送り、その動きを佐々木とともに共有してきたという藤井は、愛弟子・浜崎のこれまでの本能的な戦いに、佐々木との細かい指示を加え、新たに引き出しを増やす取り組みに着手してきたという。  3・11で対戦予定だったアギラー戦が震災で流れ、その翌年に師匠・藤井が米国でアギラーとストロー級の115ポンド(52.2kg)で対戦。試合当日に一回り大きくなったアギラーを相手に藤井が判定負けし、翌年のVTJでの再戦もアイポーク後の判定で敗れたことについて、浜崎は「いまでも納得がいかない」と語っている。その理由とは……。  この日、藤井が上京し、AACCを訪れたことで、今回の対談が実現した。その対談後に行われた公開練習で浜崎いは、アギラーについて、「一言でいうと、すごく強い選手だと思っています。ほんとうに決勝のつもりで戦わないと勝てない相手だと思っています。極めも強いし打撃もすごく上手いんですけど、私の中ではボクシング技術が高いイメージがあって、その打ち合いの中でも負けないようにとは思っています」と、WSOF王者にも輝いたアギラーのパンチを警戒。  藤井との練習で「自分はほんとうに何も出来ないんだなって(苦笑)、分からないことだらけだったと、あらためて思いました。苦手な形が結構多かったんですけど、広島に練習に行って、佐々木(信治)さんや藤井(恵)さんに詰めてもらって、少し苦手意識が無くなったことは何個かあります。伸びしろ? そうですね。その点では伸びしろしかないと思います」と、“シン・アヤカ”に手ごたえを感じていることも明かした。 「得意な形に持っていけば極められると思うし、何個か得意なパターンがあるので、そこに持って行ければフィニッシュ出来ると思います」とも語った浜崎の、一問一答の全文を下記に紹介したい。 [nextpage] いままでスパーリングを「何となくやっていた」(浜崎) ──現在のコンディションは? 「大きな怪我もなく、しっかり練習出来ていて調子はすごく良いです。トーナメントはなかなか経験できるものはないので、しっかり楽しみながら、1戦1戦勝って優勝を目指していきたいです」 ──伊澤星花選手との2連戦後に取り組んできたことは? 「ずっと私、対策というのを立てないタイプだったんですけど、前回、伊澤選手に負けてからは、自分ではあまり見てないですけど、前の試合から立ててもらうようにしています。それに、いままでスパーリングを“何となくやっていた”のを、しっかり試合を想定して練習できるようになったかなと思います。この練習をすることで、試合に近い練習が出来ている方が、その場面になったときに力を発揮しやすくなるので」 ──改めて、ジェシカ・アギラーの印象をお聞かせください。 「一言でいうと、すごく強い選手だと思っています。ほんとうに決勝のつもりで戦わないと勝てない相手だと思っています。極めも強いし打撃もすごく上手いんですけど、私の中ではボクシング技術が高いイメージがあって、その打ち合いの中でも負けないようにとは思っています」 ──アギラー選手は、UFC後は、2020年11月のXFCでのダニエル・テイラー戦(スプリット判定負け)以降、試合から遠ざかっています。試合勘という意味では、アドバンテージになるのでは? 「ジェシカ選手は2年くらい試合をしていないのかな。あまり新しい映像が無いんですけど……実際のところは自分はあまり見ていなくて、セコンドについてくれる周りの先生方が研究して対策を立ててくれています。この間、どういう風に生活してきたかとかは分からないので、(アギラーの試合間隔が空いていることについて)それをアドバンテージにはとらえてないです。しっかり油断せずに、ほんとうに強い選手だと思っています。相手も研究してきていると思うので」 ──藤井恵さんがいる広島県福山市の「総合格闘技道場BURST」で出稽古も行ったようですね。 「先月末と先々月末と2カ月連続で4日、5日くらいで行かせてもらいました。手ごたえ? ありました。ほんとうに何も出来ないんだなって(苦笑)、分からないことだらけだったと、あらためて思いました。苦手な形が結構多かったんですけど、広島に練習に行って、佐々木(信治)さんや藤井(恵)さんに詰めてもらって、少し苦手意識が無くなったことは何個かあります。伸びしろ? そうですね。その点では伸びしろしかないと思います。  今、いろんなことを練習していて、出来なかったことも出来るようになってきているので、(相手にとって)過去の映像はあまり参考になら……まあ参考になるんですけど(笑)、違うことも出していこうかなと思います。自分の不得意なところを練習していて、そこをしっかり詰めることによって勝てる試合をしようとやってきました」 ──どんな試合で勝ちたいですか。 「得意な形に持っていけば極められると思うし、何個か得意なパターンがあるので、そこに持って行ければフィニッシュ出来ると思います。まあ、組んでみないとあっちの力が分からない部分もありますけど、極めて勝ちたいなと思います」 ──勝ち上がっていけば、伊澤選手との3回目の対戦も見えてきますが、そういったことも頭のなかにありますか。 「いえ、いまは伊澤さんへの対策というのはまだあまりしていなくて、ジェシカ選手に勝たないと次が無いので、いまはジェシカ対策に集中しています」 ──アギラー選手との試合は海外でも注目されているようです。今回、「ワールドGP」ということで、日本を代表して戦う意識もありますか。 「『日本を代表する』という気持ちはまったく無いですけど、(海外にも)反響があることはほんとうに嬉しいことですし、ありがたいことです。極めようとすればおのずと魅せられる試合になると思いますので、そこはしっかりと魅せていきたいです」 ──最後にファンにメッセージをお願いします。 「試合まで2週間ほど、しっかり調整して良いパフォーマンスが出せるように頑張ります。ぜひ会場で応援よろしくお願いいたします」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント