MMA
インタビュー

【Bellator】マゴメド・マゴメドフ「ザビットと共に過ごした武術寄宿学校パエストロン・スヴェタでの生活が僕の道を開いた。最終的に勝つのは“一番練習を積み重ねた選手”だ」=元UFCのバルゾラと対戦

2022/06/24 11:06
 2022年6月24日(日本時間25日朝6時30分)、米国コネチカット州アンカスビルのモヒガン・サン・アリーナにて「Bellator 282」(U-NEXT配信)が開催される。  堀口恭司も参戦したBellatorバンタム級ワールドGP1回戦では、元UFC世界王者のピョートル・ヤンに1勝1敗の戦績を持つ、ダゲスタンのマゴメド・マゴメドフが今大会に出場。4月のワイルドカードを勝ち上がったエンリケ・バルゾラ(ペルー)と対戦する(※勝者が準決勝でパッチー・ミックスと対戦)。  また、同大会のもうひとつのGP1回戦では、ブラジルのレアンドロ・イーゴが、ワイルドカードを勝ち上がったダニーロ・サバテーロ(米国)と対戦する。 ▼Bellatorバンタム級ワールドGP1回戦 5分5Rマゴメド・マゴメドフ 135エンリケ・バルゾラ(ペルー)135 ▼Bellatorバンタム級ワールドGP1回戦 5分5Rレアンドロ・イーゴ(ブラジル)134.75ダニーロ・サバテーロ(米国)134.75  本誌では、前回のサバテーロ、ストッツに続き、マドメドフとイーゴにインタビュー。また会見でのバルゾーラの言葉も紹介したい。  今大会、屈指の好カードであるマゴメドフvs.バルゾラ。散打とダゲスタンレスリングを駆使し、相手をドミネートするマゴメドフに対し、レスラーのバルゾラも粘り強い戦いを信条とする。2020年3月、最後のUFCでの試合がハニ・ヤヒーラとドローという戦績ひとつを取っても、その実力はうかがい知れる。  UFCフェザー級時は、36回のテイクダウンを成功させ、その数は、ダレン・エルキンス(49)とデニス・ベルムデス(46)に次ぐ3位だった。  そんなバルゾラと対戦するマゴメドフは、ダゲスタンの武術寄宿学校「パエストロン・スヴェタ(世界の五方位)」に13歳から身を寄せ、親友のザビット・マゴメドシャリポフとともに、同世代のサバイバル戦を生き残って来た。テイクダウンからトップコントロール、そして強いパウンドを持つ。  ともにレスリングと打撃を融合させ、コントロールにも長けている両者のマッチアップは、今大会再注目のカードだ。マゴメドフとの一問一答は以下の通り。 ザビットの決断を支持するよ ──散打をベースとするマゴメドフ選手は、ダゲスタンの山々に囲まれた武術寄宿学校「パエストロン・スヴェタ(世界の五方位)」で育ったそうですが、どんな寮生活でしたか。 「寮での生活はそんなに悪くなかったよ。13歳からそこでトレーニングを始めて、ノンストップで17歳までやり、その時点でプロになりたいと思った。だから、いまこうしてBellatorバンタム級ワールドGPに出ているのは、報われていると感じるよ」 ──パエストロン・スヴェタでは、どんな練習をしていたのですか。 「正直、トレーニングの量はとても多くて色んな種類のトレーニングをしたよ。散打以外にも、レスリングやサンボも。本当に、チェス以外は何でもやったな(笑)」 ──将来的に戦いで生計を立てるための寄宿学校だったと。競争も激しそうですね。 「すべてが大変だったよ。何も簡単な事はなかった。ファイターとして試合がたくさんあったから。アスリートとして秀でていなければいけなかったし。その上でスポーツの道に行くか、もしくは将来三流企業に勤めて人生どうなるかも分からない──そのどちらかしかなかった。だから自分はこのスポーツを選んだんだ」 ──なるほど。そのパエストロン・スヴェタに最近、訪れたと聞きました。どんな目的で行かれたのですか(※取材は5月初旬に行われた)。 「その通りで最近、パエストロン・スヴェタに戻ったよ。昔と同じトレーニングをしてみたくてね。それが6月24日のGPで、花火を見せる事に繋がると思ったんだ。それに、寮生の子供たちは皆、僕と会って喜んでくれたよ。パエストロン・スヴェタはいつも温かく僕を迎えてくれるし、6月24日のGPで素晴らしい戦いを見せて恩返しをしたい」 ──現在の練習環境は? 「今は『アブドゥルマナプ・マゴメドフ・スクール』(元UFC王者ハビブ・マゴメドフの父のジム)でレスリングの練習をしていたところさ。ほかにも、ダグファイトの代表としてダゲスタンファイターとして、トレーニングは色々なところに行って様々な練習をしている。皆、どこでも温かく受け入れてくれてサポートしてくれるんだ」 ──パエストロン・スヴェタであなたとともに練習していた親友のザビット・マゴメドシャリポフ選手が引退して、医学の道に進むと聞きましたが、どう思われますか。 「彼は、僕の兄弟だ。毎日付き合ってくれている。17年以上友達で、今日はたまたまいないけれど基本的には毎日のようにトレーニングに付き合ってくれている。トレーニングだけでなく、前に進むためのサポートをしてくれているよ。  いつも通り私のコーナーにもつくだろう。もちろん、ザビットの引退は誰よりも早く知っていたから、それに対応する時間はあった。彼がこのスポーツで見せるべきものがたくさん残っていたとしても、これは彼の決断であり、私は彼を支持するよ。今は健康上の問題があって(免疫系の病)、彼にとっては大変な時期で、本人も戦いたくないと言っているけれど、戻りたくなったら、いつでも戻ってくればいいと思う」 ──パエストロン・スヴェタやアブドゥルマナプのジムで習得した、ダグファイターたちの大きな武器であるダゲスタンレスリングの強さとはどこにあるのでしょうか。 「ダゲスタンレスリングは世界で一番だと思う。世界中からファイターたちがトレーニングしに集まってくる。ただ、どう違うのか、どうして強いのか、というのはなかなかうまく説明できなくて、実際のところは、来て感じてみないと分からないんじゃないかな」 ──マゴメドフ選手のダゲスタンレスリングには抑え込む力とともに、マトス戦で見せたように足をかけていく米国練習でのケージレスリングや柔術も入っているように感じます。今回のモヒガンサンアリーナ大会の前に、米国でマーク・ヘンリーやヒカルド・アルメイダのもとで練習することもありますか。 「マークとは、毎回いつも試合の前に練習をするんだけど、今回は自宅の近くでキャンプをするから、米国では練習しないんだ。時差の調整の為に、20日前に入国する予定さ。試合の場所の環境に合わせる調整をしたいからね」 ──ところで、あなたと1勝1敗、2度死闘を繰り広げたUFC前世界王者のピョートル・ヤン選手が、4月にアルジャメイン・スターリング選手との再戦に敗れたことについて、どう感じましたか。 「試合は見たよ。ピョートルは強い選手だ。鍛え上げられていて、5Rでも息が持つ。ただ前回は、2R背中を譲ってしまった。それが敗因さ。それ以外は互角だったと思うよ。恐らくきっとリマッチもあるだろうし、僕は、その時はピョートルがベルトを取り戻すんじゃないかと見ている」 [nextpage] 13歳の時から格闘技をやっている。アマの試合も合わせれば彼よりずっと経験があると思っている ──なるほど。そんな群雄割拠の世界のバンタム級のなかで、今回、マゴメドフ選手はBellatorのワールドGP1回戦で、エンリケ・バルゾラ選手と対戦します。4月23日のバンタム級ワールドGPワイルドカードで、ロシアのニキータ・ミハイロフを判定3-0で降して、本戦出場を決めたバルゾラについて、どうとらえていますか。 「俺の仲間のミハイロフとの戦いだったから、バルゾラがどういう選手かは分かっているつもりだ。コーチも試合を見ているので対策の指導もしてくれると思う。ケージで向かい合えばどういう選手か分かるよ。  もちろん、バルゾラがUFCでタフな戦をしてきていることは知っている。MMA戦績も18勝5敗2分と10年間のキャリアのなかで積み上げてきた。でも、僕も13歳の時から格闘技をやっているんだ。事情があって試合数は少ないけど、アマチュアの試合も合わせれば彼よりずっと経験があると思っている」" ──2021年8月の前戦から約10カ月間、試合が空きました。その間の準備のなかで、バルゾラ選手とAKAで一緒に練習した事もあったのですか。 「いや、僕はAKAではトレーニングした事ないよ。まあ、今回の試合に向けて、前回の試合から準備する時間があったのは間違いない。それは僕にとって良いことだったよ」 ──レスリング出身のバルゾラ選手はスロースターター気味ではありますが、フルラウンドにわたり、レスリングと打撃を融合させ、粘り強いファイトを見せます。勝利のポイントをどのようにとらえていますか。 「フィニッシュに向けて様々な戦略を考えている。たしかに彼はスロースターター気味だけど、それは僕にもそういう部分はある。互いに尻上がりに調子が上がっていくなかで、僕はいくつかトリックを仕掛けようと思っている。それを試合で見せられればと思うよ」 ──今回のGPは1回戦から5R制です。それはマゴメドフ選手にとって有利になりますか。 「5Rあるのは凄くいいことだと思っているよ。タイトルマッチの経験は十分にあるから。前回の試合(ラフェオン・ストッツ戦)は3Rしか無かったから物足りなかったんだ」 [nextpage] 決勝でストッツと再戦するのが、僕のファイナルミッション ──バルゾラ選手を降したら、その次は、堀口恭司選手に判定勝ちしたパトリック・ミックス選手と対戦します。あの試合はご覧になられましたか。 「まず、パッチーは本当にいいやつなんだ。俺は知っているんだ。なぜなら米国で同じジムで練習していたからね。でもスパーとかを一緒にすることはなかったんだ。“いつかパッチーと戦う日が来るかもしれない”って常に思っていたし、マネージャーも同じ考えだったからね。もちろん堀口とミックスの試合も見たよ。ミックスはいいグラップラーだし、自分もいいレスラーだから、ケージに入ったら“ウォー”になると思うよ」 ──ミックス選手のあのバックコントロールから逃げる自信はありますか。 「ミックスがバックコントロールが上手いのは知っている。映像も見たからね。それでも僕には自信がある。何なら、1Rでバックをくれてやってから試合を始めてもいい(笑)。それくらい、極められない自信があるよ。ただ……もう一度言うけど、パッチーはほんとうに良いやつなんだよ。それに、今回、バルゾラは真剣に自分にかかってくる危険でタフな相手だから、バルゾラを飛び越えて次のことはあまり考えたくはないんだ。それでももし、自分がミックスと対戦する事になったら……それは戦うしかないってことさ」 ──バルゾラ戦が互いにタフな試合になることは、想像できます。そんななか、その先のことばかりを聞いてしまってすみません。今回のGPでマゴメドフ選手とともにGPの優勝候補に挙げられているストッツ選手と決勝で再戦となった場合、どうなると考えますか。 「決勝でもし再び対戦する事になるのであれば──もちろんそうなる事を望んでいるけど──これまでないほどの練習をするだろう。やり返したいし、ベルトも獲りたい。決勝でヤツと対戦するのが、僕のファイナルミッションでもある」 ──前回の試合では、マゴメドフ選手のテイクダウンがストッツに封じられました。それについてどう改善すべきと考えましたか。 「テイクダウンしたかったけど、ホールドできなかったのが敗因だ。再戦の時は打撃で攻勢に立って、レスリングに持ち込んでしっかりドミネートしてやるよ。次、戦うことになれば、5Rになる。それは滅茶苦茶いいよ。5R通して戦争になるだろうな。その試合に向けて本当に念入りに準備をするよ。“25分の完全戦争”だからな」 ──そのスタッツ選手がフアン・アーチュレッタ選手を左ハイで倒したことについて、驚きはありましたか。 「全く驚きはしなかったよ。よくできた試合だった。ストッツの打撃のタイミングも良かったし、それでアーチュレッタを沈めることが出来た。これは“ファイト”だから、何が起きても驚かないし、パンチが綺麗に入ろうが、ヘッドキックが入ろうが、それが試合だろ?」 ──たしかにそうですね。その確率を少しでも高めるために練習があると。 「今回のGPはたくさんのいい選手がいる。個人的な感情は何もないけど、最終的に勝つのは“一番練習を積み重ねた選手”だと思う。なので、ゲームプランは特になく、ただハードに練習をして準備をするだけ。そうすれば目の前が開けていくのが見えてくると思う。GPのチャンピオンになる為なら何でもするよ。勝つ為ならどんなトレーニングもする。ただ、GPの結果は、自分でもなんとも言えない。結局のところ神だけが知っているのだと思う」 ──では、最後に今回のBellatorバンタム級ワールドGPに向けた、意気込みをファンにお聞かせください。 「日本のファンの皆さん、次の試合を是非見てください。日本の選手のことは、PRIDEの時から見てるから知っています。僕も日本で、いつの日か試合をしたいと夢見ています。その夢が叶うのを楽しみにしています。応援ありがとう!」 [nextpage] エンリケ・バルゾラ「マゴメドフを破壊する準備はできてる」 ──ワイルドカードを勝ち上がり、Bellatorバンタム級ワールドGP本戦に出場です。100万ドルの賞金についてどのように考えていますか。 「金曜日(日本時間・土曜日)に行われるマゴメド・マゴメドフとの試合に向けて、集中力を保っている。冷静でいることがとても重要だ。お金のことを考えると、集中力が続かなくなるからね」 ──対戦相手のマゴメドフ選手の印象を教えてください。 「僕は彼との試合のために準備が出来ている。この男を破壊する準備はできている。この男はピョートル・ヤンという元UFCチャンピオンと戦ってきたが、今週の金曜日には僕と戦うことになる。私は経験豊富だ。ロシア人選手とは何度も戦ってきたけど、彼を打ち破ってみせるよ」 ──長期間のトーナメントを戦うことについてはどう考えていますか。 「トーナメントの経験はたくさんある。最初のトーナメントはペルーだったけど、負けてしまった。その時、私はお金のこと、決勝戦のことを考えていた。次の試合のことを考えていたから負けたんだ、それが私の間違いだった。次のトーナメントはUFCのTUFラテンアメリカで開催されたんだ。ここでは2試合とも勝って、UFCと契約した。今はBellatorで3度目のトーナメントを戦っている。一番大事なことは、落ち着いてマゴメドフに集中することだ。今週の金曜日、僕はこの男をやるよ」 ──2022年をどんな年にしたいですか。 「あと3回は戦いたい。このトーナメントを続けるなら、あと3回戦わなければならないからね。この試合、準決勝、そして決勝。いや、あと4回は戦いたいかな。身体の準備さえ整えば。さあ行こうぜ!
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.320
2022年5月23日発売
那須川天心×武尊の『まるごとTHE MTCH 2022』大特集! 野杁正明×海人の頂上決戦ほか注目カードを徹底取材。「どうしたら日本は勝てるのか?」特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント