K-1K-1
K-1
ニュース

【Krush】V4戦に臨む新美貴士「ベルトを獲りに行く。その想いで戦います」

2022/05/19 19:05
 2022年5月21日(土)東京・後楽園ホール『Krush.137』のKrushフェザー級タイトルマッチ3分3R延長1Rで挑戦者・玖村修平(K-1ジム五反田チームキングス)と対戦する王者・新美貴士(名古屋JKファクトリー)が公開練習を行った。  4月3日の『K'FESTA.5』で前K-1フェザー級王者・椿原龍矢と対戦し、惜しくも判定負けを喫した新美。今回は2カ月弱というインターバルでの連戦となったが「前回の試合が終わって、早くから練習出来ているので、最後まで気を抜かずこの調子でやっていきたい。椿原戦でいくつか修正点があったので、その課題をしっかり改善して、レベルアップするために練習しています」と椿原戦の反省を踏まえて、順調に調整を続けている。  4度目の防衛戦となる今回の挑戦者は玖村修平。約1年半前の第5代Krushフェザー級王座決定トーナメント準決勝で下している相手だ。新美にとっては一度勝っている相手との再戦だが「あの時はかなり激しい試合になって、簡単には勝たせてくれない相手だと思った。今回も苦しい試合になると思います」と厳しい試合になることを覚悟している。  さらに新美は「前回対戦した時は、まだ僕の新しいファイトスタイルを玖村選手が知らない状態だったので、僕の方が有利だった。今回はお互い手の内が分かっている状態なので、前回のような試合にはならないと思う」と続ける。  Krushでは圧倒的な強さを見せる一方、K-1ではなかなか勝ち星に恵まれていない新美。一方、玖村は新美に敗れて以上、K-1を主戦場に戦い、4戦3勝1敗という好成績を残している。その結果も踏まえて、新美は「玖村選手は2連勝して勢いに乗ってる中でのタイトル挑戦。逆に僕は直近の試合で負けているので、そういう意味では僕は後がない状況。ここは絶対に落とせない試合だと思っています」と背水の陣でリングに立つつもりだ。 「ベルトを守る・守りに入るのではなく、決められた対戦相手に対して全力を出し切って勝ちに行く、ベルトを獲りに行く。その想いで戦います」と、王者でありながら挑戦者としての気持ちで戦う新美。「防衛戦でしっかりいい勝ち方をして、K-1のリングでリベンジする相手にしっかりリベンジして、K-1のベルトを目指して頑張りたい」とK-1での巻き返しを誓った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.320
2022年5月23日発売
那須川天心×武尊の『まるごとTHE MTCH 2022』大特集! 野杁正明×海人の頂上決戦ほか注目カードを徹底取材。「どうしたら日本は勝てるのか?」特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント