AbemaTVAbemaTV
ボクシング
インタビュー

亀田興毅、那須川天心は「ほんまに強い」が「果たして当たるかどうかですけれどね。そう簡単には当たらない」

2019/06/07 12:06
亀田興毅、那須川天心は「ほんまに強い」が「果たして当たるかどうかですけれどね。そう簡単には当たらない」

那須川天心を高く評価しながらも、ボクシングルールで負けるわけにはいかないと亀田

2019年6月22日(土)『1000万円シリーズスペシャルマッチ 那須川天心vs亀田興毅』(AbemaTV)で、亀田興毅が那須川天心とAbemaボクシングルールで対戦する。

 5月18日に行われた『那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円」で、那須川が元WBA世界スーパーフライ級王者テーパリットと2006・2007年インターハイ出場の藤崎美樹の挑戦を退けた直後、“重大発表”として両者の対戦が決定したことが告げられた。


 21日には両者揃っての記者会見&調印式も行われ、藤井琢倫・AbemaTV制作局局長より「5月初旬に亀田選手がSNSでトーナメントに対する意見を述べいてた。その中で『俺が対戦すればよかったかな』とありました。我々はその夢の対戦を実現させたいとすぐに双方にオファーして快諾をいただきました」と、両者の対戦が実現に至った経緯が説明された。

 亀田本人は「令和時代になって、格闘技を盛り上げていけるなら面白いなって。周りもこの戦い、格闘技の枠を超えたこの戦いに興味あるやろうし。試合までにもっと盛り上げていけたらなと」と格闘技界を盛り上げるためにやると、今回リングに上がる理由を話す。

 亀田の那須川に対する評価は高い。決してナメているわけではない。しかし、プロボクシングで日本人初の世界3階級制覇を成し遂げた男は「あのカウンターをもらったら危ないとは思いますよ。ただ、果たして当たるかどうかですけれどね」と不敵に笑う。

ちゃんと頑張らなあかん、ナメとったな、と思いました

――対戦する那須川天心選手のボクシングテクニックについてお聞きしたいのですが、非常に評価が高いですね。

「正直、ボクシングのレベルは高いです。メイウェザーとの試合に関しては、あれは無理です。普通に考えて、井上尚弥選手とメイウェザーが戦ったらどうなると思いますか? ボクシング業界から見れば、階級が違いすぎるのだから実現すらしないわけです。なぜそこに上がった天心選手が、大したことなかったやんって言われるのか。あそこに上がっただけでも凄いですよ。これはほんまに、純粋に凄いと思います。怖かったと思いますよ。

 だからメイウェザー戦は参考になりませんが、先日のスパーリング(5月18日・那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円)を俺はキックボクサーだと思ってみていたわけ。ほんなら、言うてもテーパリット選手は元世界チャンピオンやし、もう一人の選手はアマチュアやけど普通にボクシングだけで互角以上にわたり合っているじゃないですか。それはレベル高いですよ。3Rまでしかやってないから、スタミナはどこまであるか分かりません。それ以上先、ボクシングの世界戦は12Rやから、そこの戦い方はまだ分からない。それは未知数ですが、あの3Rだけの戦いを見ていたらレベルは高い。だからナメていたらあかんなって感じですよ」


――あのスパーリングを見て気が引き締まったんですね。

「ちゃんと頑張らなあかん、ナメとったな、と思いました」

――どこにレベルの高さを特に感じたのですか?

「全体的にまとまっていますよね。足の使い方も上手いし、スピードも速いし、カウンターのタイミングも上手いしね。あと目がいい」

――しかし、ボクシングの元世界王者とやれば、レベルの差は明らかになるのでしょうか?

「どうなんですかね。天心選手もそこそこやるんじゃないですか。それに、自分からすれば上の階級ですしね。ボクシングで言えば3階級くらいの差になるので、天心選手がメイウェザーとやったのと同じですよ」

――亀田選手はキックボクシングの試合もよくご覧になっていますが、ボクサーとキックボクサーのパンチの違いをどう見ていますか?

「それはレベルが全然違いますけれど、最近はみんなパンチのレベルが上がっていますね。武尊選手もボクシングが上手いですよ」


――武尊選手とはスパーリングもされていますね。

「あの時は武尊選手が手を抜いていましたよ。上手く合わせていました。あの子は賢いですからね。天心選手で言えば、ボクシングの練習もやっているでしょう。だからなかなかうまいことやっていますよ」

――では、お世辞抜きで相当なレベルにあると評価されているわけですね。

「相当なレベルにあります。実際、ボクシング業界でもけっこう評価が高いですよ。記者会見では『しっかりやれば普通にデビュー戦で世界ランカークラスに勝って2戦目で世界タイトルマッチに行ってもおかしくないくらいのレベルにある』と本人が目の前にいたので立てて言うたったけれど、ほんまにしっかりとボクシングだけに集中してトレーニングをすれば、A級からデビューしてもいけるくらいのレベルはあります」

――今回の試合がどのようなルールになるかはまだ分かりませんが、ヘッドギアを着けて10~12オンスのグローブを着けての試合で効かせられる技術はあるのですか?

「それはお互いにあると思いますね。スパーリングでもよう倒れたりしますよ。自分もスパーリングで倒したことがあるし、タイミングよく当たれば倒れます。ヘッドギアを着けていてもアゴは空いていますからね」

UFC究極格闘技 - 見どころUFC究極格闘技 - 見どころ

MAGAZINE

ゴング格闘技 2019年9月号
2019年7月23日発売
復刊第3号! 6.14 米国NY MSGで日本人初の北米メジャー世界王座を獲得した堀口恭司を大特集! DJら対戦者が堀口を語る。さらに話題の朝倉未来&海をはじめ「格闘兄弟」を特集。2019年下半期期待の選手もズラリ登場!

関連するイベント

関連する記事