AbemaTVAbemaTV
キックボクシング
ニュース

【RISE】女子部門が活性化、村上悠佳がカン・イェジンと対戦、小林愛三と寺山日葵が王座決定トーナメント参戦

2019/06/05 21:06
【RISE】女子部門が活性化、村上悠佳がカン・イェジンと対戦、小林愛三と寺山日葵が王座決定トーナメント参戦

カン・イェジン(左)を村上悠佳が迎え撃つ

 2019年7月5日(日)東京・後楽園ホールで開催される『RISE 133』の追加対戦カードが発表された。

 女子ワンマッチ-58kg契約3分3Rとして、カン・イェジン(韓国/MAXFC)vs村上悠佳(TEAM TEPPEN)が決定。


2月大会でヒザ蹴りを見舞う村上

 村上は極真空手をバックボーンに持ち、破壊力抜群の蹴りを武器にアマチュアキックでは1年弱で11戦全勝6KOの戦績をあげてプロに転向。デビュー戦ではダウンを奪って勝利したが、2戦目でいきなりJ-GIRLSフェザー級王者・空手こまちと対戦して判定負け。今年2月にマオから勝利を収めて以来の試合となる。プロ戦績は2勝1敗。

 対するカンは韓国のメジャー打撃格闘技大会『MAX FC』からの刺客。身長166㎝で MAX FC下位リーグ、コンテンダーズリーグで戦績を重ね、まだ粗削りだが重量級期待のMAX FC育成選手の一人として売り出し中の選手だという。今年4月にシュートボクシングのリングに初来日し、SB日本女子ライト級1位・未奈と対戦して判定負けを喫した。パンチ主体のスタイルでタフさを持つ。

 女子離れした剛腕を誇る未奈も倒せなかった相手を、村上は倒すことができるか。


KNOCK OUTで活躍してきた小林愛三がRISEに初参戦

 また、今大会よりRISE QUEENミニフライ級(-49kg)王座決定トーナメントが開幕することが決定。3月23日後楽園ホール大会より開幕した女子のタイトルRISE QUEENアトム級(-46kg)トーナメントは、今大会で元J-GIRLSミニフライ級王者・紅絹(NEXT LEVEL渋谷)vs那須川梨々(TEAM TEPPEN)でフィナーレを迎えるが、ミニフライ級王座が新設されることになった。

 参戦決定選手には、なんとこれまでKNOCK OUTを始めとしてヒジ打ち&首相撲ありの試合を中心に行ってきた初代ムエタイオープン女子フライ級王者・小林愛三(NEXT LEVEL渋谷)が初参戦。J-GIRLSミニフライ級王座に続いて2冠王を目指す寺山日葵(TEAM TEPPEN)が2度目の参戦を果たす。残り2名は現在調整中となる。

 小林はわずか6戦目でMuayThaiOpen女子フライ級王座をKO勝ちで獲得。近年はKNOCK OUT女子部のエースとして活躍。田嶋はるをはじめ伊藤紗弥、イリアーナ・ヴァレンティーノなど国内外の強豪選手を下している。自身の適正階級でのトーナメント開催が決まり、王座獲得に向けRISE初参戦となる。


J-GIRLS王座に続き2本目のベルトを狙う寺山日葵

 寺山はジュニア時代から数々のアマチュア大会で好成績を重ね、2016年に高校1年生でプロデビュー。昨年11月にはプロ7戦目で初黒星をつけられたMISAKIとの再戦に勝利し、悲願のJ-GIRLSのベルトを獲得。RISEへの参戦は昨年7月以来2度目となる。

 これにより、今大会では女子の試合が4試合とRISE史上過去最多に。年内に予定されている初の女子だけの大会開催へ向けて各選手がアピールすることになる。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2019年9月号
2019年7月23日発売
復刊第3号! 6.14 米国NY MSGで日本人初の北米メジャー世界王座を獲得した堀口恭司を大特集! DJら対戦者が堀口を語る。さらに話題の朝倉未来&海をはじめ「格闘兄弟」を特集。2019年下半期期待の選手もズラリ登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事