AbemaTVAbemaTV
キックボクシング
インタビュー

【REBELS】“反逆のアンダードッグ”大野貴志、自ら引き寄せたビッグチャンスに燃える「かませ犬が思い切り噛みついて、自分の人生変えますよ」

2019/06/04 19:06
【REBELS】“反逆のアンダードッグ”大野貴志、自ら引き寄せたビッグチャンスに燃える「かませ犬が思い切り噛みついて、自分の人生変えますよ」

「人生を変えたい」とKNOCK OUT出場権を懸けた大一番に臨む大野

2019年6月9日(日)東京・後楽園ホールで開催される『REBELS.61』で、REBELS-MUAYTHAIスーパーバンタム級王者KING強介(fighting bull)と対戦するWMC日本スーパーバンタム級王者・大野貴志(士道館新座ジム)。

 この試合の勝者は、8月18日(日)東京・大田区総合体育館『K.O CLIMAX 2019 SUMMER KICK FEVER』で行われる「MTM Presents KNOCK OUT初代スーパーバンタム級王座決定1DAYトーナメント」への出場権を得る。

 大野貴志は言う。「アンダードッグ(かませ犬)が思い切り噛みついて、人生変えます」。(取材・撮影=茂田浩司/REBELS)

デビュー2年半で初タイトル獲得も、その後は伸び悩んだ「いつも踏み台。俺に勝った選手はみんな上がっていった」

 格闘技を始めたのも、29歳の今もその道を歩んでいるのも、すべては格闘技が大好きな父親が強引、かつ熱心に息子の背中を押したからだ。

「7歳から空手の道場に入門したんですけど、父親に無理やり通わされました(苦笑)。中学1年の時に士道館新座ジムに入門してキックボクシングを始めたんですけど、自分の同年代だと空手かムエタイ。まだジュニアのキックはなかったですね。だから、中学の頃は練習もそこそこで(笑)、試合はまったくやってないです」

 高校は1年で中退し、父親の経営する水道設備の会社に入社。職人として働きながらキックボクシングを続けて、2009年、19歳でプロデビューを果たした。

「最初に全部、父親と契約があったんですよ。空手も最初の頃はやりたくなかったし、キックもそうだったんで『ランカーになったら辞めていい』とか『チャンピオンになったら辞めてもいい』って、どんどんハードルが上がっていって、やってるうちに自分自身でキックにハマってました(笑)」

 父親は熱心に応援してくれた。試合ともなれば、母親と連れだって観戦に来て、試合後は家で反省会が開かれた。

「試合に負けたらすげえ怒られました(苦笑)。父親なりに自分の試合を見て、自分のクセとかを研究してて、家に帰ると必ず反省会です。試合を振り返りながら『蹴りが出ねえ、パンチがこうだ』っていろいろ言われましたね」

 父親は、残された時間とエネルギーをすべて、我が子が強くなるために使うと決めていたのだ。

「父親は肺気腫を患っていたんです。昔の職人なんで、アスベストとか一杯吸って、具合が悪くなってからは経営してた会社も畳んで。自分がデビューしてからはほぼ毎試合、母親と一緒に試合を見に来ていたんですけど、初めてタイトルを獲った後に、最期は肺がんで亡くなりました」


 大野は2012年1月、MA日本バンタム級タイトルマッチに勝利して初めてベルトを獲得。プロデビューからわずか2年半でチャンピオンになり、格闘技の道に強引に導いた父は息子がベルトを巻く姿を見届けてから旅立った。

「試合前は必ず父親の仏壇に手を合わせて、それから会場に行きます。格闘技が本当に大好きだったんで、自分がタイトルを何個も獲ったり、REBELSで試合をしていることを喜んでいると思いますよ」

 その後、大野は数々のタイトルを獲得し、王座を防衛してきた。

 MA日本バンタム級王座は4度の防衛に成功し、2014年にはBigbangスーパーバンタム級王座を獲得(1度防衛)。2017年にはWMC日本スーパーバンタム級王座獲得。

 輝かしい実績を残してきた反面、大野は何度も「屈辱」を味わってきた。

「自分はタイトルを獲ることにこだわりはなくて『勝ち負け』の方が大事なんです。これまで自分が負けた相手は、自分と試合した後に売れていくんですよ(苦笑)。注目されて格闘技雑誌にインタビューが何ページも載ったり、KNOCK OUTで活躍したり、大出世していく。自分はずっと『踏み台』にされてきたんです(苦笑)。
 いつか絶対にリベンジしたいと思って、追いかけているとタイトル戦の話をいただくんで『じゃあここは頑張って獲ろう』と思って。それでタイトルを獲ってきましたけど、それを目的にしてやってきたわけじゃないです」

 小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺)も、大野がリベンジのチャンスを求めて追いかけてきた一人。2016年3月9日『REBELS.41』で対戦し、3RでTKO負けを喫した。小笠原は「2冠王の大野に勝利」という実績をたずさえて55kgのトップ戦線に浮上し、KNOCK OUTへ参戦。持ち前の攻撃力で55kgの中心選手に躍り出た。

 一方、大野にはKNOCK OUTに参戦するチャンスすら与えられなかった。

「KNOCK OUTの関係者にはずっと『出たいです』とアピールしてましたけど『うん、見てるよ。チェックしてるよ』とあしらわれてて(苦笑)。『俺は評価されてない。これは無理だな』とあきらめかけていたんです」

 だが、大野は思わぬ形でチャンスを掴むことになる。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2019年9月号
2019年7月23日発売
復刊第3号! 6.14 米国NY MSGで日本人初の北米メジャー世界王座を獲得した堀口恭司を大特集! DJら対戦者が堀口を語る。さらに話題の朝倉未来&海をはじめ「格闘兄弟」を特集。2019年下半期期待の選手もズラリ登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事